名探偵コナン 純黒の悪夢

raspberryさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
名探偵コナン 純黒の悪夢
8

劇場版 名探偵コナン純黒の悪夢のストーリー

この作品はコナンの最大の敵である黒の組織が関わる作品でジン、ウォッカ、ベルモットなどの中心メンバーはもちろんキールやバーボンなどといったスパイであるメンバーもたくさん出てきます。
黒の組織のメンバー「キュラソー」が警察庁に侵入し世界中のスパイのリストを持ち去った。
それを赤井秀一と安室透に追われキュラソーは事故を起こし記憶喪失になった。記憶を失ったキュラソーは偶然、コナンと遊園地で遭遇しコナンは黒の組織のメンバーであると見抜き組織への糸としてキュラソーを調べ始める。一方、キュラソーが持ち出したスパイのリストによりバーボンやキールに疑いがかかり拘束されてしまう。バーボンは拘束されながらもなんとか組織の次の動きを聞いてコナン達がいる遊園地に向かう。公安警察である安室透とFBI捜査官である赤井秀一はどちらも自分の手でキュラソーを捕まえようとして対立、戦闘状態になってしまう。観覧車に仕掛けられた爆弾を発見したコナンは組織のやるとしていることを見抜き安室に爆弾解体を命じて赤井秀一と組織のメンバーが乗っているヘリを落とそうと試みる。組織はキュラソーが観覧車に乗っている最中にゴンドラごと連れ去ろうとするも失敗。計画をキュラソー奪還から暗殺へと切り替えキュラソーがいる観覧車にヘリから銃弾の雨を浴びせる。コナンと赤井は何とか組織のヘリを撃ち落とし観覧車が崩壊するのを防ぐ。

この映画は漫画作品から独立しているわけではなく若干本編とのつながりがあるので漫画やアニメで黒の組織が出てくる回を先に見ておくことをお勧めします。