PSYCHO-PASS / サイコパス

nyaaankoroさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
PSYCHO-PASS / サイコパス
10

もしかしたらあり得る世界。システムに今と未来を支配された世界

人間の適職や適した結婚相手、そして将来犯罪を犯す可能性までを測定する「シビュラシステム」に支配された、2210年付近の日本を舞台にした、近未来刑事ドラマのアニメーションです。
主人公の常守朱は、厚生省の公安局に所属するエリートであり、シビュラシステムに認められた監査官。メンタルが健全な彼女は、犯罪係数の高いいわゆる潜在犯たちをまとめながら、事件を解決していきます。公安局で仕事をする潜在犯たちは執行官と呼ばれ、犯罪者と同じ気持ちになれることを武器に、朱と共に事件解決に当たります。
PSYCHO-PASSの世界では、刑事が持つ武器でさえシビュラシステムが支配し、犯罪係数の数値により、殺処分か拘束かを決めるドミネーターを用いるのが特徴です。ひとつひとつの事件も凄惨なものだったり、影に黒幕がいたりと手に汗握る展開ですし、危険な職場ということもあり、犠牲者が出てしまい、見ている側はショックを受けることもあります。ですが、善悪の判断をシステムに依存し盲信する未来は、もしかしたらあり得るかもしれないと、考えさせられるアニメでもあります。テレビシリーズや劇場版、小説などで描かれる、登場人物たちの辛い過去や正義への想いも、胸を熱くするお話ばかりです。