スペースチャンネル5 パート2

tomandlaverさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
スペースチャンネル5 パート2
9

何度やっても飽きない

2002年にPS2用ゲームソフトとしてSEGAより発売されたゲーム「スペースチャンネル5パート2」。
主人公はテレビ局のアナウンサーである「ウララ」が、テレビの収録をしながら物語を進めていくというお話。成功をすると視聴率が上がり、ミスをすると視聴率が下がります。テレビの視聴率が0%になるとゲームオーバーです。
このゲームの良いところはわかりやすいゲーム操作、多くの隠し要素、何度でも楽しめるゲーム性、やりこみ要素にあります。操作は、十字キー「↑」「→」「←」「↓」「〇」「×」の6つ音楽に合わせて、相手がやった通りにコマンドを入力するというゲームです。
まず、この音楽ゲームの楽しいところは、この操作コマンドの呼び方です「↑」「→」「←」「↓」「〇」「×」はゲーム内のコマンド、音楽の中では「アップ」「ライト」「レフト」「ヘイ」「チュー」で呼ばれていて、音楽の途中、相手が「アップアップ、チュチュチュー」と歌うのに合わせてコマンドを入力していくのです。なんとシュールでわかりやすいゲーム!音楽は歌に合わせてコマンド入力するものもあれば、音楽の逆に入力をしなければいけないという場面もありまた、視聴率が高いまま進めていくと、歌が盛り上がっていったり、逆に視聴率が低い状態でミスをしたりすると、歌が変わったり等、隠し要素がたくさん!豪華な声優陣に、なんとあの有名な海外歌手まで出ている…音ゲーマーなら一度は、プレイするのをおすすめします!いつ、何度やっても飽きないゲームです!