A.I.

thanatosさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
A.I.
10

母親への変わらぬ愛情

冷凍保存されている子供を持つ夫婦。長年、目が覚める様子はない。そんな中、夫の会社で子供ロボットを作っており、ある日突然デイビットというロボットを連れて帰ってくるも、妻は受け入れられず返してくるように話す。だが、妻もどう見ても人間の子供にしか見えないデイビットに興味を示し、デイビットに自分が母親だとインプットし起動する。すると、デイビットは妻を母親だと思い本当の親子かのように過ごす日々が続く。ある日突然、長年目を覚まさなかった息子が目を覚ましたと連絡が入り、息子が家に帰ってきた。そこから息子とデイビットは母親を巡り、ライバルのような関係になり、息子はデイビットに母親に嫌われるような内容のアドバイスをするが、デイビットはそれが本当に受け入れてもらえるとアドバイス通りに動いてしまう。そうしてデイビットに悪意はないも、危ないことが重なり一家はデイビットを手放すことを決意。だが、要らなくなったロボットは壊されてしまうため、森の中に逃がす。ある日母親に読んでもらったピノキオの話を思い出し、ブルーフェアリーに合えば自分も人間の子供になれると信じ、捕まらないように逃げながら人間の子供になるためブルーフェアリーを探す旅に出る。母親に愛してもらうために頑張るデイビットの姿に涙。ただひたすら愛情のため、そこまでできるんだなと感度。