矢沢永吉

kumikoacaさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
矢沢永吉
10

矢沢永吉の何がオススメなのか

矢沢永吉といえば、「イカつい顔をしたオジサンで、ファンも怖い人が多そう」というイメージを持っている人も少なからずいると思います。確かに歌っている時の表情は決して爽やかなものでは無く、熱狂的ファンも矢沢の若い頃のトレードマークであるリーゼントヘアーに、白いスーツでライブに来ています。自伝では赤裸々な過去も晒して、それが熱狂的なフォロワーを生むキッカケにもなっています。しかし、そこで判断し敬遠してしまうのは非常にもったいない事だと思います。何がもったいないかと言えば、貧乏からのし上がった不良のシンボル的な扱いを受け過ぎる事によって、楽曲の良さが世間一般的に広まっていない事だと思います。
矢沢はソロに転身する前はCAROLというロックバンドを組んでおり、その頃は若い10代くらいの年齢層に向けた楽曲を作っていましたが、ソロになってからはバラードの名曲をいくつも作っています。
作詞こそ専門の作家に任せる事が多いですが、作曲はほぼ矢沢自身が手掛け、そのメロディメーカーぶりは相当の実力派です。もちろんCAROL時代の不良っぽさがあるからこそ、その時のファンがついたのは間違いありませんが、矢沢本人は昔から至って真面目な音楽家です。そして、そのクオリティは非常に高いと思います。しかしソロ転身後、髪をおろしてベースを肩から外し、革ジャンを身につけずバラードを中心に歌う矢沢に、ファンは戸惑ったのです。その後、CMのタイアップ曲のヒットなどもあり売り上げはうなぎ登り、現在までの地位を築き上げるのです。