道士郎でござる

tsさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
道士郎でござる
10

笑ってすっきりする漫画

西森博之氏の漫画は、絵がすごく上手ってほどではないんだけど、面白くてどれを読んでもかなり笑える。「天使な小生意気」や「今日から俺は」も読んでどれも笑えるので、「道史郎でござる」もかなり期待して購入した。
結果、期待以上。コミカルな面白さは他の西森氏の漫画と同様だけど、他のシリーズはとにかく長く、終わりがなかなか見えないし、何度かイライラする場面も多かった。でも「道史郎」は8巻で完結し、内容もとにかくすっきりする。
それぞれのキャラクターがとても良い味を出していて、悪役として出てくる人もどんどん良い人になっていくのが爽快。
タイトルの「道史郎」が主人公とは言い切れない所がまた面白い。主人公は多分、普通の人の「健助殿」なんだけど、読んでいくうちに、普通と思われた健助も、道史郎の兄の麗くんも、道史郎のママも、結局は普通じゃないのか?となって来る。
とにかく、西森氏の他の漫画では主人公がかなり痛めつけられる場面が多くて、読んでいて痛々しくてページを飛ばしたくなるものが多いけど、「道史郎でござる」は何度も読み返したくなるほど面白くてすっきりするから一番のお勧め。
「天使な小生意気」の「小林一文字」が好きな人は「道史郎でござる」は絶対好きになると思う。