仮面の忍者 赤影(Akakage)のネタバレ解説・考察まとめ

「週刊少年サンデー」に連載された横山光輝原作の漫画『飛騨の赤影』を実写化。1967年4月から1968年3月まで全52話がフジテレビ系列で特撮テレビドラマとして放送された。金目教篇、卍党篇、根来篇、魔風篇の4部構成で進行する。木下藤吉郎が飛騨の国から呼んだ赤影、青影、白影の3人がお互いに協力して悪の忍者集団を粉砕し、世の中を平和に導いていくヒーロー時代劇。

暗闇 鬼堂(演:原 健策)

紀州根来山中の「暗闇寺」に巣食う根来忍者の一派、根来十三忍の頭領。
夕里弾正から織田信長の暗殺を依頼される。幻術や妖術を操り、根来十三忍と巨大な「怪忍獣」を次々繰り出し、信長の道中を執拗に追う。
最後は、信長と青影を暗闇寺に捕えるも、救出に来た赤影に討ち果たされてしまう。

魔風 雷丸(演:汐路 章)

伊豆山中に本拠を持つ怪忍者集団、魔風十三忍の頭領。
飛騨の「影の里」に伝わる、「黄金の仮面」を狙って里を襲い、赤影の父・烈風斎を亡き者にした、赤影の憎き敵。
無邪気だが狡猾且つ残忍な性格で、巨大な「怪忍獣」を操るとても人間とは思えない風貌の持ち主。
自陣の砦において赤影に討ち果たされる。

主要登場アイテム

金目像

第1部の最大の強敵となる。
金目教の守り神とされているが、実は甲賀幻妖斎の操縦する巨大ロボット。
両目から金縛り光線や集団催眠光線を発射する。
一度、大筒によって左腕を破壊されるが、すぐに修理されて登場する。最後は赤影に内部のからくりを見破られ、ついに爆破される。

ギヤマンの鐘「デウスの鐘」「マリアの鐘」「サタンの鐘」

第2部の重要なアイテムとなる。
優秀なポルトガルの科学者ペドロが発明した巨大エネルギーの秘密が隠された三つの鐘。
お互いを近づけて鳴らすと共鳴を起こし、呼び合う。三つが揃うと、竜、牙、島の絵柄が出る。
この鐘をめぐって赤影たちと卍党の壮絶な争奪戦が展開される。

大まんじ

第2部で卍党の要塞基地となる。
空中飛行も水中潜行も自在な機械仕掛けの巨大な円盤型の要塞で、火器や機関砲、通信機器なども内蔵している。
白影が内部に仕掛けた爆弾によって、乗っていた甲賀幻妖斎や卍党残党もろとも大破する。

黄金の仮面

第4部の重要なアイテムとなる。
飛騨の里「影一族」の館にあり、忍者にとっては栄光のシンボルでもあるため、どの流派の忍者も憧れる仮面である。
魔風雷丸がこの仮面を狙い飛騨の里を襲撃した際は、仮面の秘密を知る青影の姉・陽炎に託されていたが、雷丸に拉致され、赤影たちと争奪戦を繰り広げる。
魔風を滅ぼした後、赤影が自分の仮面を青影に譲り、黄金の仮面を装着するというエンディングになる。

見どころ

最初に見るシーンは大蝦蟇

赤影第1部が始まり最初に目にするシーンは、オープニングの大蝦蟇の迫力ある破壊シーン。
この大蝦蟇は、東映映画「怪竜大決戦」に出演している。

赤影を呼び寄せる男は若き里見浩太郎

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents