陸上は美人の宝庫!!美人アスリートまとめ

陸上の選手はバランスよく鍛えられているためスタイルがとてもいいです。日本人選手も美人な方が多く、人気が高い選手もいます。しかしメディアではあまり頻繁に取り上げられないため、残念ながらお目にかかる機会が少ないです。ここではそんな美人な陸上選手をご紹介します。

木村文子

専門は100mハードル。走り幅跳びも行う。身長168cm、体重52kg。広島県広島市出身。広島県立祇園北高等学校、横浜国立大学教育人間科学部卒業。エディオン所属。2012年ロンドンオリンピック100mハードル日本代表に選ばれている。2013年第20回アジア陸上競技選手権大会に出場し13秒25の記録で優勝している。。「美人ハードラー」として有名。

市川華菜

中学で陸上を始める。高校時代もそれなりの成績を収めるが本人曰くダイエット目的だったよう。中京大学に進学し、2010年には世界ジュニア陸上競技選手権大会の200mの日本代表に選ばれ、日本人初の決勝に進む。2012年の日本学生対校選手権で女子100m、200m、400mで優勝している。「美女スプリンター」としてメディアで取り上げられることも多い。

今野美穂

専門は棒高跳び、埼玉県立草加高等学校時代には埼玉チャンピオンに輝く。 聖学院大学に進学。2010年日本インカレ陸上競技部女子棒高跳びで2位になり、2011年第95回日本陸上競技選手権大会棒高跳びでも2位。高校時代には体操部に所属していた。「陸上界の新垣結衣」といわれています。

福島千里

専門は短距離。女子100m、200mの日本記録保持者である。陸上は小学4年に始める。2008年から徐々に頭角を現し始め、北京オリンピックで日本代表になる。2009年アジア選手権女子100mで優勝。2010年には広州アジア大会で100m、200mで日本女子史上初の2冠に輝く。2015年に武漢のアジア選手権で100mで優勝。そのかわいらしい笑顔と天然キャラで人気が高い。

湯田友美

愛知県犬山市羽黒出身。愛知淑徳高等学校を卒業し、ワコールに入社している。全国駅伝で活躍、最多のごぼう抜き記録を持っている。2010年に結婚をし、現役を引退している。ツインテールで走る姿がとてもかわいらしく、駅伝ファンからはとても人気があり、メディアでもたびたび取り上げられていた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents