阿波連さんははかれない(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『阿波連さんははかれない』とは『少年ジャンプ+』の日常コメディ漫画である。作者は水あさと。
男子高校生であるライドウの隣の席の女子生徒、阿波連れいなは、他人との距離をはかるのが物理的にも心理的にも苦手であった。ある授業中にれいなが落とした消しゴムをライドウが拾った事により、二人の関係はスタートする。
れいなの「はかれない」行動とライドウの妄想癖がクラスメイトや周りを巻き込み、徐々に2人の距離が縮まっていく物語である。

『阿波連さんははかれない』の概要

『阿波連さんははかれない』とは『少年ジャンプ+』の日常コメディ漫画である。作者は水あさと先生。
2017年1月29日より連載開始の、作者にとっては9作目の作品となる。
2020年1月にてコミック発行部数が60万部を突破し、2021年8月にはアプリからの総閲覧数が1憶回を突破した。
そして2022年4月にはテレビアニメ化が実現する。

鈍感で、妄想癖がある男子高校生ライドウ。
その隣の席に座る、他人との距離をはかるのが物理的にも、心理的にも苦手で、声が非常に小さい女子高生、阿波連れいな。
物語は授業中にれいなが落とした消しゴムをライドウが拾うことからはじまり、2人の関係が徐々に縮まっていく。
基本的に、一話完結で物語は進行していく。
ライドウの妄想により話が飛躍するギャグパートがあったり、高校生らしい日々の中にれいなとクラスメイト達の楽しい日常や葛藤、悩みが描かれていたりする。
また、話中に当時の流行ネタが、随所に織り交ぜられている。
作者自身も「自分も今まで他誌でやってきた中で、この連載が最も読者からの反響が大きい」と語っている。

『阿波連さんははかれない』のあらすじ・ストーリー

隣の席の阿波連れいなさん

隣の席にいる阿波連れいなが気になりはじめるライドウ

ある高校に、新入生として入学した男子高校生のライドウ。
彼の席は、教室の黒板から最も遠い後ろの席であった。
その隣の窓際の席には、とても体の小さい銀髪の女子高生である、阿波連れいながいた。
ライドウは隣の席のはずなのに、れいなの体が小さい為か、物理的にも遠く見える。
授業中、れいなが消しゴムを落としてしまったのを見たライドウは、拾ってれいなに声をかけ、消しゴムを返してあげた。
しかし、れいなに無言で受け取られてしまい、嫌われているのだとライドウは思い、それ以上あまり考えないようにした。
ところが、授業が終わった休憩時間に、阿波連れいながライドウの鼻先あたりまで近づいてきた為、突然の急接近にライドウは戸惑う。
何か言っていることを察したが、この距離でもその内容は聞き取れないほど、阿波連れいなの声は小さかった。
ライドウは、耳を澄まして聞くと、れいなは「次の授業の教科書を忘れた」と言っていた。
次の授業で、机をくっつけて阿波連れいなと一緒に教科書を見るライドウ。
お互いの肩がぶつかり合う程、れいなはライドウと近い状態で授業を受け、れいなが何を考えているのか分からなくなってきたライドウであった。
昼食の時間も、れいなはライドウの鼻先まで近づき「一緒にご飯を食べよう」と伝える。
れいなは、自分の体には不釣り合いな程の、大きな弁当箱からミートボールを取り、食べてもらおうとライドウの頬に押し付け続ける。
仕方なく、れいなのミートボールを食べるライドウであったが、放課後にはれいなはさらにライドウの手を引っ張り、ゲームセンターへ向かった。
ゲームセンターではプリクラ撮影とカラオケを2人で行い、突然、なぜこんなにもれいなが馴れ馴れしくなったのか分からないライドウであった。
その翌日、登校したれいなに挨拶をするライドウであったが、次は何故か無視をされてしまう。
昨日のあの馴れ馴れしさは気まぐれだったのか、友達にはなれないのかと思うライドウ。
その後の授業中に、ライドウはれいなが教科書を忘れている事に気付く。
ライドウは自らの机を、れいなの机に寄せて「教科書を忘れたのなら、見るか?」とれいなに伝え、2人で教科書を見ながら授業を乗り切った。
授業後、れいなはライドウに、自分は昔から人との接し方の距離の加減が上手くできず、友達に嫌われてしまった過去を告白する。
高校生になったら気を付けるようにと意識していたが、ライドウが消しゴムを拾ってくれて、話しかけてくれたことがれいなにとってはとてもうれしい事だった。
その為、その嬉しさをライドウに伝えようと色々と連れまわしてしまった事に、昨日は家に帰ってから後悔したのだと言う。
謝るれいなに対して、ライドウは「別にあれくらい気にもしていないし、少しくらいならこれからも構わない」と伝える。
その優しい言葉に、嬉しくなりライドウに抱きつくれいな。
授業中という事もあり、れいなに離れるようお願いするライドウであったが、その後も2人は密着しながら授業を行うのであった。
この日から、ライドウと阿波連れいなは友達となり、クラスメイトや周りの人々を巻き込みながら、二人の測れない距離を縮めていく事になる。

阿波連れいなとUFOキャッチャー

UFOキャッチャーの景品に興味津々な阿波連れいな

学校の授業が終わった放課後。
2人で歩いて帰るライドウとれいなであったが、その帰り道でゲームセンターを見つける。
れいなが、UFOキャッチャーに並んでいるぬいぐるみを見てガラスに張り付きだす。
そのぬいぐるみを、れいながとても欲しそうに見えたライドウは、れいなにプレゼントする為、100円玉を入れてプレイを開始する。
しかし何度やっても取ることができないライドウ。
ついに100円玉は底をついてしまう。
諦めようとしたその時に、次はれいなが100円を入れてチャレンジする。
するとライドウが全くとれなかったぬいぐるみを、れいなが嘘のように次々とゲットしていく。
れいなは実は、UFOキャッチャーがとても得意であった。
最終的に8個ものぬいぐるみをゲットする事に成功し、その全てをれいなは、ライドウにプレゼントしようとする。
ライドウはありがたく受け取るが、ぬいぐるみを取ってくれたお礼に、もらったぬいぐるみを1個、れいなにプレゼントする。
ライドウの為に取ろうとしていたぬいぐるみを、自分が貰い、頬を赤くし照れながらも喜ぶれいなであった。
ぬいぐるみを大量に抱えて帰宅したライドウ。
一個ちょうだいとねだるライドウの妹であったが、ライドウはれいなからもらったものだからと、妹からのお願いを断る。
ライドウは、れいなからもらったぬいぐるみを、全てベッドの枕元に並べ、大切にするのであった。

阿波連家のペット犬

犬の散歩中に寝てしまった阿波連れいなを担いで自ら帰宅するペットのヌイ

学校の帰り道。
この日、ライドウは1人で歩いて帰宅していた。
その帰り道で、ペット犬の散歩をしているれいなを見つける。
体の小さいれいなとは、対照的な大型犬であった為、ライドウはれいなの事が心配になり、後を追う事にする。
犬の散歩中、横断歩道を渡ろうとするれいなであったが、信号が青から赤へと変わろうとしていた。
後ろから見ていたライドウは、危ないと思い、れいなに声をかけようとした。
しかし、れいなの横にいたペット犬が手綱を引っ張り、それにれいなが気付き、危険を回避した。
無事公園まできたれいなと、ペット犬とそれを遠くから見守るライドウ。
無事に家まで帰れるだろうかと、ライドウは心配をしていたが、そう思っている最中に、れいなが公園のベンチに座りながら、ウトウトと眠り始める。
このままでは、公園でれいなが眠ってしまうため、助けないとと思い意を決して動き出したライドウ。
その瞬間、れいなの飼っているペット犬が、れいなを背中に乗せ、荷物を口に咥え、家に向かって歩いて行った。
「阿波連さん、逆に犬に散歩されてね?」と思うライドウであった。

クラスメイトの大城さん

ライドウが阿波連れいなをたらしこんでいると勘違いしている大城みつき

授業の合間の休憩時間。
ライドウは、廊下で誰かに尾行されている気配を感じていた。
その時、ライドウはもしかして殺し屋に、自分が追われているのではないかと妄想した。
誰かに恨まれるような事をしたかと思いなおしてみる。
すると、これまでに妹のプリンを食べたり、子供の頃に花壇にボールが入ってしまったり、給食のパンが食べきれず、机の中に隠したりしていたことを思い出す。
ライドウは、自分はなんて罪深い人間だったのだと落ち込み、殺し屋に殺されない為に償いの行動をすることを決意する。
妹にプリンを購入し、花壇を綺麗に手入れし、パンをいつもより多く食べるライドウ。
翌日、贖罪を行い晴れやかな気持ちで、学校の廊下を歩くライドウ。
しかしそんなライドウの目の前に、背丈の大きな女子生徒が現れた。
殺されると察知したライドウであったが、その女性は突然、涙を流し始め、それを見て戸惑うライドウ。
その時、ライドウの後ろから、れいなが「大城さん」と呟いた。
背丈の大きな女子生徒は、大城みつきという名前で、れいなとは中学時代からの友達なのだという。
高校になり、クラスが変わってしまい、大城は小柄な阿波連れいなを心配していた。
最近、そのれいなにライドウが寄り添うように歩いているのを見て、ライドウが大切な友達である、れいなをたらしこんでいると勘違いしたのだ。
その勘違いは解消されることなく、れいなをライドウから守るために、これからも一定の距離を保ちつつ、遠くから観察させてもらうとライドウに宣言する大城みつき。
ご飯を食べるときも、トイレにいるときも、机に座っているときも、どこからかライドウを観察する大城みつき。
殺し屋に殺される心配はなくなったが、「これはこれできつくね?」と思うライドウであった。

ハンドスピナーとの出会い

ハンドスピナーを巧みに回す阿波連れいなを授業中に見続けてしまうライドウ

ある日、ライドウは自宅で読書中に、帰宅してきたライドウの妹から、ハンドスピナーをプレゼントされる。
ライドウの妹のクラスで流行っていたらしく、興味本位で購入したらしいのだが、すぐに飽きてしまったという事であった。
翌日、学校にハンドスピナーを持っていき、回して遊ぶライドウを見たれいなが、ハンドスピナーに興味を持つ。
ハンドスピナーを貸してほしいと、れいなライドウにお願いし、ライドウはハンドスピナーをれいなに手渡した。
その後、ハンドスピナーに夢中になり、回し続けるれいな。
授業中でも、れいなはハンドスピナーをするようになった。
先生から、テストの範囲が伝えられている最中も、ハンドスピナーを手のひらや手の甲で回し、見たこともない連携技を繰り出すれいな。
先生の話を聞かず、ハンドスピナーから目が離せないライドウ。
そんなれいなを見たライドウは、妄想でれいなはハンドスピナーを練習して大会に出るようになり、最終的には、プロになる為の進路を決めたのだと勘違いする。
どんな道でも、れいなが選んだ道なら応援しようと思っていたライドウ。
しかし数日後、ライドウは、れいなからハンドスピナーを返却される。
回してみたけれど、面白さがあまり分からなかったという事であった。
れいなの、華麗なハンドスピナーの技を間近で見てきたライドウ。
次は、一度自分で試してみたくなり、ライドウ自身もハンドスピナーを回すようになる。
気が付けば、ライドウ自身が学校や、自宅、トイレでハンドスピナーを回し続け、その奇行を、ライドウの妹から気持ち悪がられてしまうのであった。

あっくん達登場

あっくん達小学生から尊敬される阿波連れいな

学校の帰り道、公園で休憩するライドウとれいな。
涼しい日の静かな公園は、のどかでいいなと思っているライドウ達の元に、元気な声を出しながら走ってくる小学生達がいた。
せっかくの静かな時間を邪魔されないようにと、ライドウが場所を変えようかと動こうとした。
しかしその時、小学生達のリーダー的存在であるあっくんが、れいなに向かって「阿覇王様!?」と声をかける。
どうやら先日、れいながハンドスピナーをライドウから借りたときに、公園で遊んでいる所をあっくん達に見られ、そのハンドスピナーの上手さから、そう呼ばれるようになったという。
今日は一体どんな遊びを教えてくれるのか、期待するあっくん達。
困り果てるライドウとれいなであったが、その時あっくん達を止める、小学生の女の子が乱入してきた。
女の子はふたばといい、あっくんの幼馴染であり、最近あっくんが年上の女性であるれいなに、興味を持っている事が許せない様子であった。
れいなとふたばが、喧嘩になってしまうことを恐れたライドウ。
まずは自分と勝負して、勝てたら話をきいてあげようと名乗り出る。
ふたばの提案で、リバーシで勝負をすることになり、自信満々なライドウであったが、まさかの全返しで完敗してしまう。
それを見たれいなが、次はふたばと勝負をすることになるのだが、次は逆にふたばがれいなに、リバーシで全返しで完敗することになる。
あっくん達は、さらにれいなの強さを目撃してしまう。
悔しくなり、その日はそのまま撤退するふたばと、それを追いかけるあっくん達。
れいなの誤解は、しばらく解消できなさそうであった。

2人のテスト対策

テストに向けた阿波連れいなとライドウの勉強会とその結果

学校でのテストを控えるライドウとれいな。
ライドウは200人中、150位前後の順位であり、今回もあまりテスト対策、勉強をしてこなかった為、危機感を感じていた。
この状況を、打破したいと考えるライドウ。
ライドウは、れいなと二人で勉強会を開き、お互いの苦手科目を教えあい、良い点数を取ろうと相談を持ち掛ける。
れいなも賛成してくれ、テストまでの期間中、放課後に勉強会をすることになる。
勉強できる場所として、最初は市立の図書館で、勉強を開始したライドウとれいな。
図書館であるが為、静かで私語もスマホ利用も禁止の為、勉強が捗ると考えたライドウ。
しかし、会話の為に筆談をすることになり、その筆談での会話で、ノートを全て使い切ってしまい、勉強ができないことに気付く。
次はドリンクの飲み放題があるファミレスで勉強会を開始する。
すると、はじめてドリンクバーを知ったれいなが気に入ってしまい、飲み続けてしまう為、やむ無くファミレスでの勉強会を中止した。
次は喫茶店へ行くが、間違えて動物喫茶に入ってしまい、動物が苦手なライドウは、勉強どころではなくなってしまう事態に。
室内での勉強を諦め、広々とした公園で、気持ちよく勉強をしようとしたライドウとれいな。
しかし、勉強をしようとするとあっくん達や、ふたばが邪魔をして、ここでも勉強を諦めることに。
最終的にいつもの学校の、自分達の机で、勉強会をはじめるライドウとれいな。
お互いの苦手科目を知る為に、ライドウはれいなに、各教科の今までの点数を聞くが、全ての科目でれいなの方が上であった。
ライドウは目標100位以内と書いたテスト対策ノートを作成し、勉強を開始する。
テスト前日で、全教科のテスト範囲の勉強が終わり、安堵しれいなにお礼を言うライドウ。
すると、れいなはライドウに抱きつき「初めてライドウ君の役に立てて嬉しい。いつも頼ってばかりだから、やっとお返しができて嬉しい」と、ライドウに伝える。
そんなれいなに、ライドウは「初めてじゃないよ。俺はいつも阿波連さんに助けられているし今までも頼っているよ。いつもありがとう」と、正直に伝える。
2人の距離が縮まり、翌日からのテストに臨むライドウとれいな。
数日後、テストの順位が張り出された掲示板には80位ライドウと書かれていた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents