スペースバグ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

10021496 h pc l

『スペースバグ』とは、「タイムスクープハンター」で知られる中尾浩之による監督・脚本、「Mask Masters」や「Hello Carbot」で知られる韓国のアニメ制作会社W.BABAによるアニメ作品である。
舞台は広大な宇宙。主人公は小さな虫たち。人間が実験のために宇宙ステーションへ置き去りにした、昆虫たちの大冒険が描かれる。彼らは地球に帰ることができるのか。家族みんなで楽しめるファミリー向け作品だ。

『スペースバグ』の概要

キャラクターデザインは、MARVEL作品、ピクサー作品などでコミックアーティストとして活躍するグリヒル。
1940年代から世界で始まった本格的な宇宙開発では、人間以外の生物が宇宙へ送られた。1947年ミバエ、1957年イヌ、1970年ウシガエル、その他にもクモ、コオロギ、ネズミ、メダカと様々な生物たちが実験のために宇宙へ旅立った。彼らがもし宇宙に取り残されたら、どんな気持ちになるのだろう、というところから発想を得た物語である。

『スペースバグ』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『おはよう!ミッジ/失われた楽園』

地球から遠くはなれた宇宙ステーション。コオロギのハカセと、トタテグモのマルボは、新鮮な食べ物がある宇宙農場へ行くため、ネムリユスリカのミッジを長い眠りから起こす。飛ぶことのできるミッジの力を借りて農場へたどりついたが、植物は枯れ果て、野菜も果物も見あたらない。ロボットのドクター・ハンプティによると、農場は現在可動していないという。原因は水分供給システムのポンプが停止したからだった。

renote.jp

第2話『ゲロゲロ大騒動/重力はつらいよ』

バッテリー切れで酸素がなくなって死ぬ前に、宇宙ステーションから脱出することにしたミッジ、ハカセ、マルボ。脱出するには、スペースポートの補給船に乗る必要がある。それには、最上部へ行かなければならない。そんな彼らの前に、監視モニター越しに様子をうかがっていたアオガエルのイトーとカトーが立ちふさがった。捕らえられたミッジたちは、ゴライアスガエルのゲロッパのところへと連れて行かれる。

renote.jp

第3話『開け!希望のトビラ/さらば宇宙ステーション』

宇宙ステーションに彗星が急接近していた。スペースポートにたどり着いたミッジたちは、補給船に向かってタラップをのばすが、もう少しというところで停止してしまう。しかたなく自力で乗船する、ミッジとハカセ。しかし、マルボが「ダメだよ、ボクは行けないよ」と言いだし、ミッジは、なんとか説得を試みる。そのころゲロッパたちは、偶然、遭遇したドクター・ハンプティを利用しようとしていた。

renote.jp

『スペースバグ』 の登場人物・キャラクター

ミッジ

Image chara

CV:小川夏実
ネムリユスリカ。
地球のアフリカに生息する昆虫で、その幼虫はカラカラに干からびても、水を与えれば生き返ることができる特殊な能力をもっている。
さらに、熱湯にさらされてもマイナス200℃に冷やされても、生き返るという不死身の体をもっている。
人間たちが生き物に与える生物学的な影響を研究するために、宇宙へと送った。
3年5ヶ月16日間も眠っていたところを、ハカセとマルボに起こされた。

ハカセ

Image chara

CV:丸山智行
コオロギ。
頭がよくて冷静沈着。
人間たちが生き物に与える生物学的な影響を研究するために、宇宙へと送ってきた生物の子孫。
生まれも育ちも宇宙ステーション。

マルボ

Image chara

CV:佐野康之
トタテグモ。
くいしんぼうで、のんびり屋さん。
人間たちが生き物に与える生物学的な影響を研究するために、宇宙へと送ってきた生物の子孫。
生まれも育ちも宇宙ステーション。

ゲロッパ

Image charactor04
essaywriter
essaywriter
@essaywriter

Related Articles関連記事

NEW

スペースバグ(第3話『開け!希望のトビラ/さらば宇宙ステーション』)のあらすじと感想・考察まとめ

宇宙ステーションに彗星が急接近していた。スペースポートにたどり着いたミッジたちは、補給船に向かってタラップをのばすが、もう少しというところで停止してしまう。しかたなく自力で乗船する、ミッジとハカセ。しかし、マルボが「ダメだよ、ボクは行けないよ」と言いだし、ミッジは、なんとか説得を試みる。そのころゲロッパたちは、偶然、遭遇したドクター・ハンプティを利用しようとしていた。 今回は「スペースバグ」第3話『開け!希望のトビラ/さらば宇宙ステーション』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第1話『おはよう!ミッジ/失われた楽園』)のあらすじと感想・考察まとめ

地球から遠くはなれた宇宙ステーション。コオロギのハカセと、トタテグモのマルボは、新鮮な食べ物がある宇宙農場へ行くため、ネムリユスリカのミッジを長い眠りから起こす。飛ぶことのできるミッジの力を借りて、農場へたどりついたが、植物は枯れ果て、野菜も果物も見あたらない。ロボットのドクターハンプティによると、農場は現在可動していないという。原因は水分供給システムのポンプが停止したからだった。 今回は「スペースバグ」第1話『おはよう!ミッジ/失われた楽園』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第2話『ゲロゲロ大騒動/重力はつらいよ』)のあらすじと感想・考察まとめ

バッテリー切れで酸素がなくなって死ぬ前に、宇宙ステーションから脱出することにしたミッジ、ハカセ、マルボ。脱出するには、スペースポートの補給船に乗る必要がある。それには、最上部へ行かなければならない。そんな彼らの前に、監視モニター越しに様子をうかがっていたアオガエルのイトーとカトーが立ちふさがった。捕らえられたミッジたちは、ゴライアスガエルのゲロッパのところへと連れて行かれる。 今回は「スペースバグ」第2話『ゲロゲロ大騒動/重力はつらいよ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents