からかい上手の高木さん(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

2018 01 12 07h48 38 1

「からかい上手の高木さん」とは、『ゲッサン』にて連載の山本崇一朗による漫画作品及び、それを原作としたアニメ作品。とある田舎の中学校を舞台にした男子中学生の「西片くん」と同級生の女子「高木さん」のからかいあい勝負を通して描かれる、1話完結の甘酸っぱくもほほえましいラブコメディ。
第2回次にくるマンガ大賞にもノミネートされた本作は、『ふだつきのキョーコちゃん』や『あしたは土曜日』と同じ舞台で描かれており、両作品を知っていると更に楽しめる作品となっている。

『からかい上手の高木さん』の概要

%e6%a6%82%e8%a6%81

「からかい上手の高木さん」は『ゲッサン』(小学館)連載の山本崇一朗による漫画作品及び、それを原作としたアニメ作品。
日本の田舎町にあるどこかの中学校を舞台に、男子中学生「西片くん」と、彼をからかうことが大好きな同級生の女子「高木さん」のやりとりを軸に描かれたラブコメディ。

作品を通して西片くんの視点で描かれており、「高木さん」にからかれては仕返しをしようとして、返り討ちに合い、またからかわれる中で、少し小悪魔的な「高木さん」にドキッとさせられたり、中学生2人の純情な関係をほほえましくも応援したくなってしまう作品。
また同原作者の作品『ふだつきのキョーコちゃん』と『あしたは土曜日』は世界観を共有しており同じ舞台で描かれている。特に『あしたは土曜日』は本作と同じ中学校が舞台になっておりミナ、ユカリ、サナエの3人は本作の西片くん、高木さんと同じクラスという設定になっている。時々見られるミナ、ユカリ、サナエの3人の日常もファンにとってはたまらない見どころの一つである。

『からかい上手の高木さん』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『消しゴム / 日直 / 変顔 / 百円』

『消しゴム』
消しゴムを忘れたと困っていた高木さんに自分のを貸してあげる西片くん。
好きな人の名前を書いた消しゴムを使い切ると両思いになれるという話題を切り出した後に、西片くんの貸してくれた消しゴムを意味深な表情で見つめる高木さん。
いつものようにからかわれて仕返しに高木さんの消しゴムに何か書いてやろうとケースを外すと、そこには既に何か書かれていた。

『日直』
日直の日の朝、いつもより早く登校した西片くんだが、外から教室を見ると既に高木さんの姿があった。
教室に着くとそこには高木さんの姿はなく、教卓の下には高木さんの上履きが見える。
これはフェイクだと日直の仕事も忘れて教室の中に隠れているはずの高木さんを探すが結局、驚かされてしまう。
2人きりの教室で高木さんにドキドキさせられてしまう西片くん。

『変顔』
自分の変顔の破壊力に気づいた西片くんは、変顔で高木さんを授業中に笑わせて陥れることを思いつく。
しかし逆に高木さんに鏡を使って自分の変顔を見せられて笑ってしまい、先生に怒られてしまう西片くん。
これ以上先生に怒られないようにと、授業中に高木さんに関わらないようにと心に誓った西片くんがしばらくしてふと高木さんの方を見ると高木さんがこっちを見ていた。
「やっとこっち向いた」と言う高木さんのかわいい顔にドキっとする西片くんだが、やはり高木さんにからかわれてしまう。

『百円』
下校中のミナちゃんがユカリちゃん、サナエちゃんと一緒に歩いてると地面に落ちている100円を見つける。
自分しか気づいていないと思ったミナちゃんは他の2人に気づかれないように隠そうとするも、そのあからさまにおかしな挙動で気づかれてしまう。
本編のストーリーとも関連しているED後のショートストーリー。

renote.jp

第2話『習字 / 衣替え / 英訳 / プール』

『習字』
習字の時間にお互いに求めるものを書くことになった西片くんと高木さん。西片くんは毎回自分をからかってくる高木さんに一体どんな言葉を書いたら効果的なのか一生懸命考える。「優しさ」と書こうとしたが急に優しい言葉をかけてくる高木さんに戸惑う西片くん。最後にはお互い「油断大敵」と同じ言葉を書いて提出するのだった。

『衣替え』
暑い日に、そろそろ衣替えしないとと話すミナとユカリ。そんな2人の前に半袖姿のサナエが現れる。
衣替えするとき3人一緒って言ったじゃんとサナエに言うミナ。翌日また長袖に逆戻りしたサナエだがミナとユカリは半袖で登校してきていた。

『英訳』
どうしたら高木さんにいつもの仕返しができるのかと英語の授業中に考えていたら、先生に指されて答えを間違え怒られてしまった西片くん。すると高木さんを自分との会話に集中させて先生の話を聞かせず、先生に指されたときに答えられないようにするという作戦を思いつく。西片くんの作戦どおり高木さんを会話に誘い込み、高木さんは田辺先生に指名されるが、あっさり正解を答えてしまう。

『プール』
手を怪我してしまって初回のプールなのに見学になってしまった西片くん。プールサイドに座る彼の隣に体操服姿の高木さんが現れる。見たところ怪我もしていない様子の高木さんに見学の理由を尋ねようとして「生理」という言葉が頭をよぎり思いとどまる西片くん。そんな西片くんに見学の理由を当てるように言う高木さん。西片くんが答えに困ることも全て織り込み済みの高木さん。最後に体操服を脱いでプールに入るのだった。

renote.jp

第3話『コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』

『コーヒー』
3人で下校中のミナ、ユカリ、サナエ。なぜか苦いのが苦手なはずのミナがコーヒーを飲んでいるので、どうしてと尋ねるサナエに大人にたったから飲めるようになったと思ってと答えるミナ。苦そうにしているミナに自分はブラックコーヒーでも飲めるから自分の飲んでいるジュースと交換してあげようかと持ちかけるユカリ。受け取ると自分が大人でないことを認めることになるので躊躇するミナだが、結局受け取っておいしそうにジュースを飲むのだった。

『空き缶』
新発売の飲み物を買って飲んでいた西片くん。そこへ自転車で高木さんがやってきて一緒に帰ろうと誘ってくるが、またからかわれるのではと警戒する西片くん。しかし結局一緒に帰ることになる。西片くんの持っている飲み物に気づいた高木さんに「一口飲む?」と差し出しながら、高木さんを恥ずかしがらせようと「これって間接キスだよね?」とわざと言うもそんなことは気にせず、リンゴ茶を飲む高木さん。戻ってきたリンゴ茶を見て、逆に自分が間接キスを意識してしまい缶を落としてしまう西片くん。落とした缶をゴミ箱に投げるとすんなり入った。そこで空き缶を投げ入れる勝負をすることになった。自分が負けたら何でも言うことを聞くと宣言した西片くん。先に投げた高木さんは見事に入れて、西片くんが次に投げようとした瞬間に高木さんが西片くんが勝ったら自分のファーストキスをあげると言ったことで動揺し外してしまった西片くんが負け、高木さんに何を言われるのかとドキドキする西片くんだが、何もしなくていいと言う高木さんに落ち着かない気持ちになるのであった。

『炭酸』
『コーヒー』の回に続き、今度は苦手な炭酸飲料を飲んでいるミナ。舌が痛いと騒ぐミナの横で騒がしいなと言うユカリ。そんなユカリにだったら飲んでみてとユカリにラムネを飲むようにと手渡す。ラムネを飲み全然平気だと言うミナだったが、しばらくするとゲップがしたくなり必死に我慢する。しかし、我慢も限界になってきてもうダメだと思ったその時、ミナがまたラムネを飲んで舌が痛いと騒いでいるのに乗じてバレずにゲップをすることに成功し、ホッとするユカリだったが、その一部始終をサナエに見られているのであった。

『筋トレ』
1日、散々高木さんにからかわれて帰宅した西片くん。何気なく見ていたテレビのインタビュー映像でスポーツ選手が異聞への罰として失敗した数の10倍練習することが勝利に結びつくと話しているのを見て、自分も高木さんにからかわれた回数の10倍腕立て伏せをしようと決心する。10倍は無理なので、ひとまずからかわれた回数の3倍腕立て伏せをすると翌日筋肉痛になってしまう。西片くんが筋肉痛だと知った高木さんにまたもからかわれて、結局前日よりももっとからかわれてしまい腕立て伏せの回数は増える一方だったが、高木さんにちょっとかっこよくなったんじゃないと言われて、腕立て伏せは続けようと思う西片くんであった。

『アフレコ』
空き地にいた2匹の猫の動きに合わせて声をあてているミナとサナエ、その2人の横で早く帰りたそうにしているユカリ。ミナとサナエは2匹の猫を夫婦に見立てて会話をしているが、会話の流れが徐々に修羅場になってきたとき、ユカリが2匹とオス猫だと気づいて指摘する。するとすかさず今度は2匹を先輩後輩として会話を展開し始めるミナとサナエにゲンナリするユカリであった。

『傘』
下校時間になって雨が降り出した。なかなか帰ろうとしない高木さんに西片くんが声を掛けると傘を忘れてしまったと言う。西片くんはここぞとばかりにドジだなぁと高木さんに言うも、それを流して大きめの傘を持っている西片くんの傘に入れてもらおうとする高木さん。相合い傘に緊張した西片くんは気を紛らわせようとするもうまくいかず、逆にまた高木さんからかわれてしまう。西片くんの肩が濡れてしまっていることに気づいた高木さんはもっと近づくように言うが、ドキドキしているとバレるのが恥ずかしい西片くんは傘を忘れたことを蒸し返して高木さんを忘れっぽいとからうが、自分が忘れっぽいことを認めた高木さんは、他にも思い出せないことがあると逆に西片くんが恥ずかしくなりそうな言葉を言わせてからかおうとする。散々からかわれていた西片くんだが雨がやんで道の途中で別れることになったところで「帰り道忘れちゃった」と最後まで西片くんをからかう高木さんであった。

renote.jp

第4話『掃除当番 / 逆上がり / 風邪 / 尾行』

『掃除当番』
田辺先生に呼び出された西片君は、授業中にうるさい罰として放課後に理科室の掃除をするように言われる。理科室に行くと高木さんがいてじゃんけんで負けた方が教室の4分の1ずつを掃除するという勝負をすることに。2人が掃除中に、廊下を通りかかったのはクラスメイトの中井くんと真野ちゃん。2人は適当に校内をブラついていると言ったが高木さんによれば2人は付き合っていて、屋上にいく途中だという。2人を見て「どんな感じなんだろうね?青春」という高木さん。結局、じゃんけんに負け続けた西片くんが1人で教室を掃除をしたところで、高木さんは掃除当番を言われた訳ではなかったことが判明する。また自分をからかうためにやってきたのかという西片くんの問いに「それもあるけどね。私も青春したくなってね」と答える高木さんであった。

『逆上がり』
学校帰り、喉が渇いた高木さんと西片くんはジュースを賭けて公園の鉄棒で逆上がり対決をすることにする。しかし、スカートを履いている高木さんは逆上がりをしている間はあっちを向いてるように、そしてもし見たら西片くんの負けと言う。言われたとおりに後ろを向いていた西片くん。1度目の勝負は2人とも成功したため2度目の勝負をすることにする。しかし2度目の勝負を快諾した高木さんを見て、本当は逆上がりをしていないのではないかと疑った西片くんは後ろを振り返ってしまう。すると高木さんはちゃんと逆上がりをしている最中で、めくれ上がるスカートに一瞬ドキっとしたら、高木さんはちゃんと短パンを履いていたのであった。高木さんは西片くんが振り向いたことに気づいていなかったが、西片君は自分の負けを認めてジュースを奢ってあげる。しかし短パンを履いていたなら、向こうを見ている必要なかったんじゃないかと言うと高木さんに「えっち」とからかわれてしまうのであった。

『風邪』
夜更かしして、クーラーの効いた部屋で大好きな『100%片思い』のアニメを見ていた西片くんは風邪をひいてしまう。翌日、遅刻してきた西片くんが咳をする様子を見て心配そうな高木さんは、自分を必死に押さえてからかうのを我慢する。一方、西片くんは昨晩見ていた『100%片思い』のワンシーンからヒントを得て、高木さんがからかってきたら「君、可愛いね」と赤面させるという秘策を用意していた。しかし一向にからかってこない高木さんに何かがおかしいと感じ始める。ふと高木さんの様子をうかがうと髪を耳に掛けようとしていて、その仕草にドキっとしてしまう。そして自分が言おうとしてた言葉の恥ずかしさも重なって赤面してしまう。そんな西片くんを見た高木さんは熱があるのではと心配するが、全然平気だと言う西片くんの言葉を聞いて「じゃあ、からかってもいいんだね」とその日はいつもより沢山からかわれてしまう西片くんなのであった。

『尾行』
学校帰りに夏限定の焼き芋風アイスを買うために駄菓子屋へ急ぐミナとそれに付き合うユカリとサナエ。3人が駄菓子屋の前に着くと、店内に西片くんと高木さんがいるのが見えた。ユカリは2人の邪魔になるからとミナを止めようとするも、ユカリの手を引いて走り出すミナ。お目当てのアイスを買えたミナは大満足。3人は帰って行く西片くんと高木さんを駄菓子屋の前で見送る。いつものように西片くんをからかいながら下校する2人を尾行するユカリ達3人。しばらくすると3人の尾行に気づいた高木さんは3人をまこうと電柱の陰に西片くんと隠れるが、あまりの密着度にドキドキが止まらない西片くん。ユカリ達3人はあきらめて帰ることにしその場から立ち去る。電柱の陰からでてきた2人。道すがら話していた神社までの競争勝負を思い出した高木さんが「よーいドン!」と駆け出すと、それを慌てながらも高木さんの自転車を押して追いかける西片くんであった。

renote.jp

『からかい上手の高木さん』の登場人物・キャラクター

主要キャラクター

西片くん(CV:梶裕貴)

%e8%a5%bf%e7%89%87%e3%81%8f%e3%82%93

本作の主人公。中学1年生。1年2組に所属している。
高木さんと同じクラスで、教室の左端の一番後ろ(窓際の席)に座っている。
毎日クラスメイトの高木さんにからかわれては、どうやって高木さんをからかうことができるかを考えている。
色々と仕返しを試みるも、いつも高木さんに見抜かれて失敗に終わっている。

高木さん(CV:高橋季依)

%e9%ab%98%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93

本作のヒロインで、中学1年生。
西片くんと同じクラスで西方くんの右隣の席に座っている髪の長い女の子。
西片くんに好意を持っているため、日々彼をからかってはその反応を楽しんでいる。

miiiyo
miiiyo
@miiiyo

Related Articles関連記事

からかい上手の高木さん(第3話『コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 学校帰りに買ったリンゴ茶が高木さんとの間接キスの予感から空き缶投げ勝負へと発展していく。今回は「からかい上手の高木さん」第3話『 コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

からかい上手の高木さん(第4話『掃除当番 / 逆上がり / 風邪 / 尾行』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 田辺先生に呼び出された西片くん。最近授業中にうるさいと注意され罰として理科室の掃除をすることになるが、そこに高木さんが現れて一緒に掃除をすることに。 今回は「からかい上手の高木さん」第4話『掃除当番 / 逆上がり / 風邪 / 尾行』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第1話『消しゴム / 日直 / 変顔 / 百円』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合い、先生にも怒られる始末。消しゴムを忘れたという高木さんに西片くんが自分のを貸してあげたことから、また高木さんの西片くんへのからかいが始まる。 今回は「からかい上手の高木さん」第1話『消しゴム / 日直 / 変顔 / 百円』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第2話『習字 / 衣替え / 英訳 / プール』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 習字の授業中にお互いに相手に求める言葉を書くことになって、からかいをやめるように書こうとする西片くんだが、また高木さんにからかわれてしまうことに。 今回は「からかい上手の高木さん」第2話『習字 / 衣替え / 英訳 / プール』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

小悪魔な魅力に男子メロメロっ! 「からかい上手の高木さん」が甘酸っぱ面白い!

誰しもが経験したであろう、些細なことで感じる思春期特有の甘酸っぱさ。このマンガは、精神的成長が比較的速い女子代表、高木さんと、それに振り回される西片くんの日常を描いた作品です。このマンガを読み終えた時、あなたはきっと思うでしょう。ああ、俺もこんな女の子にからかわれたい、と。マンガ「からかい上手の高木さん」をご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents