zkoayummy0301o4@zkoayummy0301o4

zkoayummy0301o4
zkoayummy0301o4
@zkoayummy0301o4
2 Articles
1 Reviews
0 Contributions
0 Likes
zkoayummy0301o4

zkoayummy0301o4のレビュー・評価・感想

鬼滅の刃 / Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba
10

強い志と深い絆

鬼にされた妹を人間に戻すため鬼に立ち向かう主人公の炭治郎。炭治郎の周りには共に支え合う大切な仲間がいます。
炭治郎は皆に助けてもらいながら、皆もまた炭治郎の優しさに救われながら、物語は進んでいきます。
作中の鬼たちも元々は人間で、悲しい過去を持っています。十二鬼月という強い鬼たちがいますが、彼らが鬼になった経緯も悲しく、人間の頃の描写を見ると涙腺崩壊します。元凶である鬼舞辻無惨を倒すべく、鬼殺隊(炭治郎や柱たち)は立ち向かうのですが、この柱たちもまた、悲しい過去があります。親や兄弟を鬼に殺され、鬼を倒すべく鬼殺隊になり、日々市民たちを守っています。話が進んでいくうちに炭治郎や柱たちもボロボロになり、命をかけて鬼と戦っていきます。そんな中、鬼にされた妹の禰豆子はずっとお兄ちゃんや鬼殺隊の仲間でした。そこも家族の深い絆があり、感動します。鬼滅の刃は、「立志編」「無限列車編」「遊郭編」「刀鍛冶の里編」「無限城編」とそれぞれ活躍する柱、出てくる鬼が変わりますが、どの編も感動し、優しさで溢れています。また、それぞれの編での想いが繋がっており、皆の想いがひとつになっていくのが分かります。

鬼を倒す話と言ってしまえばそれまでですが、本当に深く優しいお話です。最後の最後まで大泣きでした。