yapparikodomo39@yapparikodomo39

yapparikodomo39
yapparikodomo39
@yapparikodomo39
10 Posts
0 Contributions
0 Likes

独特の世界感に誘う挿絵画家・ミヒャエル・ゾーヴァ

ミヒャエル・ゾーヴァさんは絵本の挿絵画家として活躍しているが、映画「アメリ」の 小道具に使う絵を担当したことで、一躍その名前が知られることになった。彼は 幼い頃から絵描きになりたいという夢を実現したが、自分が納得がいく作品を 作るまで妥協しない姿勢は、彼の絵に対する愛着を感じさせる。個性的で今にも 何か言いたげな動物たちの顔を見ると、ほんわかとした気持ちになる。

Read Article

現在も正体がわからない謎の浮世絵師 東洲斎写楽

東洲斎写楽は寛政6年の5月から寛政7年3月のたった10か月の間に145点余りの作品を 版行している。彼の作品は当時活躍していた役者の大首絵が秀逸で、顔の特徴を捉えた 上で大胆なデフォルメをしている。他の絵師にはない個性の作品を短期間で大量に出した後、 突然姿を消したため話題になった稀代の絵師である。

Read Article

◆個性的なフォルムと多色使いで自らの世界を作り上げた作家・ニキ・ド・サンファル

ニキ・ド・サンファルさんの名前を聞いたら、「LIFE」や「VOGUE」の表紙を飾った 人気モデルを思い浮かべる人がいるかもしれません。彼女はモデルから史上類を見ないアーティスト に転身し、1961年に注目を浴びました。この秋国立新美術館で個展が開催されており、その独創的な作品が再評価されています。ここでは、アーティストとしての彼女について紹介しましょう。

Read Article

生涯を通じ芸術家であり続けたポップアートの旗手 アンディー・ウォーホール

アンディー・ウォーホールは1950年に商業イラストレーターとして成功を収めた後、 ファインアートの世界に入り、1961年にはポップアートを生みの親となった。銀色の カツラがトレードマークの彼は有名人の演技に徹し、多くの作品を生み続けた。 1968年に有名人について語った「15分で誰でも有名人になれるだろう」という言葉は、 彼が語った言葉の中で最も印象的である。

Read Article