tomorrou@tomorrou

tomorrou
tomorrou
@tomorrou
2 Posts
2 Reviews
0 Contributions
0 Likes

tomorrouのレビュー・評価・感想

ジョーズ
10

ジョーズ

若き天才スティーブン・スピルバーグが世界に衝撃を与えた作品。
夜の海で女性が突然海に消えた。何が起きたのかわからない。翌朝、見るも無残な有様の女性の遺体が打ち上げられた。
警官のブロデイーはサメの仕業と思い市長に知らせるのだが市長は無視し、観光に支障が出ると怒る始末で、気の弱いブロデイーは引き下がる。
そして海水浴シーズンが始まった。不安なブロデイーは気が休まらない。そんな時少年が襲われ、ブロデイーの息子も襲われそうになる。責任を感じたブロデイーは、サメ狩りのプロと海洋学者フーパ―との3人でサメ退治に向かい、死闘を繰り広げる。
前半はサメの姿を見せずに、見る人の想像に任せる演出で映画を見せてゆく。
後半は一気呵成にサメの姿と巨大さを見せつけ、その恐ろしさ残虐さを、スピード感とダイナミックな演出でこれでもかと煽り、見る者の度肝を抜く。
主演の3人も素晴らしく、ブロデイーにロイ・シャイダー、サメ狩りの名人にロバート・ショウ、海洋学者にリチャード・ドレイファス。サメは機械仕掛けなのだがとてもそうは見えない。当時は特撮も今ほどではなく良く撮影ができたものだと感動する。
最後に作曲家のジョン・ウイリアムスを忘れてはなるまい。あの曲がなければ映画は盛り上がりに欠けたものになっていたであろう。

鋼の錬金術師 / ハガレン / Fullmetal Alchemist
10

ダークファンタジー『鋼の錬金術師』

史上最年少で国家錬金術師となり、鋼の手足を持つことから“鋼の錬金術師”と呼ばれている主人公、エドワード・エルリック。彼は弟のアルフォンスと共に伝説と云われる“賢者の石”を求めて旅をしています。
彼ら兄弟は幼い頃に病で母を亡くし、その母を蘇らせるため禁忌とされている人体錬成を試みます。しかし、錬成は失敗。
エドワードは左足を失い、アルフォンスは身体全てを失ってしまいました。
絶望の淵に落とされるエドワードでしたが、たった一人の弟までをも失いたくない想いから自身の右腕を代価に再び人体錬成を行い、その場にあった大きな鎧に弟の魂を定着させます。
左脚・右腕を失ったエドワードと生身の身体を失ったアルフォンスは、お互いを元の身体に戻すため“賢者の石”と呼ばれる伝説の手掛かりを探して旅に出ます。
旅の途中で様々な事件に巻き込まれながらも、ついに二人は“賢者の石”にまつわる手掛かりを見つけます。ところが兄弟の前に“ホムンクルス”と呼ばれる組織が立ちはだかります。
圧倒的な力を持つ彼らはエドワードとアルフォンスを“人柱”と呼び、あらゆる手を使って“賢者の石”に関する情報を潰していきます。
彼らの目的は一体何なのか。そして“賢者の石”の知られざる真実とは…
ダークファンタジー『鋼の錬金術師』、読めば読むほど続きが気になって仕方なくなる漫画です!