milk-neko@milk-neko

milk-neko
milk-neko
@milk-neko
20 Posts
0 Contributions
0 Likes

激動の幕末を描く新選組漫画『風光る』

新選組の日常を通じて激動の幕末や彼らの生き様を描く『風光る』のあらすじと人物紹介をする。 局長の近藤勇・『鬼副長』の異名を持つ土方歳三・市民に『人斬り鬼』と恐れられた新選組一番隊組長 沖田総司と実は「女子」の神谷清三郎(富永セイ) 『誠』の旗を掲げ、彼らが守るべきものとは? 熱く生き、国のために命を捧げた〈彼ら〉を描く。

Read Article

笑って泣けること間違いなし! おススメの猫漫画3冊

猫漫画の元祖といわれる作品・映画化された作品・Twitterで話題となり書籍化された作品を紹介するニャ。 ニャんとも可愛くておかしな猫と飼い主の日常を描いた作品たちをぜひ、読んでほしいのニャ。 言葉は通じなくても猫と人間は仲良くなれ、いい相棒になることを教えてくれる作品だニャ。 人間たちよ! 愛くるしい猫たちに癒されるがいい!!

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

本を食べちゃうくらい愛している”文学少女”の物語 part1

この本はシリーズ物であり、全16冊で既刊している。(本編:8冊 短編集:4冊 外伝:4冊) いずれも文学作品に題材を取っており、その文学作品と同じ筋通り、または強く影響を受けるような形で話が展開していく。 あらすじと登場する文学作品を紹介する。(なお、あらすじは本編8冊と外伝4冊のみにする)

Read Article

畳の上の格闘技 競技かるた漫画 『ちはやふる』

末次由紀による『競技かるた』(百人一首)を題材にした漫画。2015年12月現在29巻まで発売されている。 2011年にはテレビアニメ化され、翌2012年には漫画にはない主人公たちの中学時代を題材にした小説も発売されている。来年2016年に映画化される。 漫画の「あらすじ」と本作の関連書籍を紹介し、今現在分かっている限りの映画の情報を載せる。

Read Article

東京と異世界の融合ライトノベル 『はたらく魔王さま』

東京の笹塚に居を構える「真奧貞夫」と「芦屋四郎」はごく普通の青年に見えるが、実は、異世界、エンテ・イスラを恐怖に陥れた「魔王サタン」とその腹心「アルシエル」である。 ひょんなことから東京の笹塚に住むことを余儀なくされる。 いつか、エンテ・イスラを征服することを夢見ながら、アルバイトに精を出す日々が続いている。 その日常を描いたライトノベルが、「はたらく魔王さま」である。

Read Article

怖くても繰り返し読んでしまう『山田悠介』5選

2012年の「第58回学校読書調査」で小・中学生が好きな作家1位に選ばれた山田悠介。 彼の代表作というとアニメ化・舞台化までされた「リアル鬼ごっこ」だろう。彼の作品はバットエンドで終わることが多く後味の悪さを感じさせるが、なぜか何回も読んでしまうある種の「中毒性」を持っている。 本の簡単な紹介と独断と偏見でその「中毒度」を掲載する。参考にして戴きたい。

Read Article