五等分の花嫁 / The Quintessential Quintuplets

五等分の花嫁 / The Quintessential Quintupletsのレビュー・評価・感想

レビューを書く
五等分の花嫁 / The Quintessential Quintuplets
10

ただのハーレム系とは一味違う!

この作品は漫画、アニメどちらもやっており、アニメでは二期作が期待される。
高校に通う一人の男子生徒の上杉風太郎。彼は借金を抱える貧乏人である。そのため毎日学食で頼むものは焼肉定食の焼肉抜きである。学業面では全科目100点をとる秀才だが、他人とは関わらないようにしてる変わり者だ。そんな風太郎は一つの仕事を依頼された。それは相場の5倍の給料の家庭教師の以来だった。家系のため奮起するが、その教え子たちが一癖も二癖もある落第寸前の同級生だった。それも五つ子というのも驚き。風太郎はそんな彼女らに振り回されながらも、勉強を教えていくストーリーである。

登場人物の一人一人の個性が強く、どの人物にも感情移入してしまう。
長女の一花、次女の二乃、三女の三玖、四女の四葉、五女の五月、一卵性の五つ子のためみんな顔は同じ。風太郎は身につけているもので判断してるが少し髪型が変わったりするとわからなくなる。この時の風太郎の様子が面白い。
なんとか勉強させるために風太郎は一人ずつに焦点を絞って信頼を深めていくのだが、この時の風太郎と五つ子たちの絡みが毎回面白く、パプニングや恋心、五人の絆など色々感じるものがある。将来、風太郎はこの5人の誰と結婚するのかなと想像しながら読んでいると手が止まらない。

五等分の花嫁 / The Quintessential Quintuplets
9

5人の姉妹と1人の家庭教師の笑いあり涙ありのドキュメント

僕がこの作品の存在を知ったのはアニメ化がきっかけ。TVアニメでは単行本4巻までのストーリーが描かれ、主人公・風太郎が家庭教師になるまでのいきさつや、5姉妹との出会い中間テストの出来や林間学校をじっくり描いていた。
最初は5姉妹と風太郎の間に溝があったものの、みくや四葉と打ち解けられるようになってから大きく関係が変わってきた。ただ、テストの結果は5姉妹とも1科目をそれぞれ得意科目にした点数は60点台や70点台をとっているがやはり赤点科目やその前後科目がほとんど。また、連載の方では風太郎の5姉妹の父との関係性も描かれており、この人がいろんな試練を風太郎に与えなおかつ、どうにか風太郎を快く思っていないところがこの作品を熱くさせるものがある。また、父とのトラブルでそこに5姉妹が巻き込まれ5姉妹とも実家から家出しみんなで別のアパートへ引っ越し、全員がバイトをすることになるという展開もあり今後が注目される。さらに、物語の要所要所ででてきた風太郎の結婚式のアナザーストーリーででてくる将来の花嫁は一体誰なのか?そして今後明らかにされるのかも注目したいところ。また、主題歌もよかった。特にオープニングは5姉妹の声優、花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、水瀬いのり、佐倉綾音の5人が歌っており5人の歌声のバランスが最高だった!

五等分の花嫁 / The Quintessential Quintuplets
6

女の子がとにかく可愛い

一人の男(主人公)が勉強のできない5つ子の女の子たちの家庭教師をして関わるうちに、恋に発展していく物語。
惚れるのは基本的に女の子で、その子たちが恋におちる過程と表情とセリフがとにかく可愛い。主人公は貧乏な家庭で家計を支えるためにアルバイトをしながら受験勉強に集中し学年トップである。その主人公にそれぞれ全く性格のことなる5人がそれぞれの主人公との関係性を築いていたり、築こうとしたり、築けなかったりして揺れ動く様がとにかく可愛い。また5人の中で蹴落としあいがあったり、正々堂々主人公を取りあったり、協力して主人公の情報を得ようとする様がとにかく可愛い、面白い。
また5つ子ならではのネタや会話や新鮮さがありそれも面白さの一つ。あとその五人の親はとても金持ちでしかも父親しかおらず、その父親も一癖も二癖もあり面白い。また苦手な勉強が少しできるようになりテストの結果にも現れ、人の成長する様子も見られるのでそこもポイント。五人の生まれた順に数字が名前に入っており、順に一花、二乃、三久、四葉、五月とわかりやすい。が、二乃と五月の区別が若干つきずらい(髪型が若干似てる)(そう思っているのは自分だけかも)。とにかく5人の女の子が可愛いに尽きる。

五等分の花嫁 / The Quintessential Quintuplets
10

今までにないラブコメ

私がオススメするのは週間少年マガジンコミックスで連載されている「五等分の花嫁」という作品です。
ジャンルは学生ライフのラブコメです。こちらの作品はアニメ化もされるなど大変人気が高い作品となっています。

では順にこの作品をオススメするポイントを紹介していきます。まずはマンガで大切な絵のタッチです。絵のタッチが変だとその場で読むのをやめてしまう人もいるらしいです。ですが「五等分の花嫁」はとても絵のレベルが高いと言えるでしょう。絵のタッチはシンプルなものですが、キャラのひとつひとつの表情が実に細かく表現されています。しかもラブコメらしくコメディの部分とのギャップが好印象です。見て頂いければ私が言いたいことがわかると思います。
続いてのポイントはこの作品全体のストーリー構成です。この「五等分の花嫁」はラブコメというジャンルですが今までのラブコメにないヒロインが5人、しかも五つ子で容姿が似ているというものです。もちろん全員可愛い。これだけ期待度が高まります。
さて全体の流れですが、1話の序盤のほうから所々主人公とヒロインの未来の結婚式の場面が出てきます。しかしそのヒロインは容姿が似ている五つ子の誰かは分からないというもの。主人公とヒロイン達が高校生生活で関わることで誰がどのように結婚まで至るのか。展開が楽しみになるストーリー構成となっています。誰が本当のヒロインなのかわからないよう絶妙なバランスで結婚に至る経緯が明かされていきます。そこが1番の見どころです。ぜひ1度、マンガを拝見してみてください。