マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL

マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTELのレビュー・評価・感想

レビューを書く
マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
9

マスカレードホテルへの期待

ベストセラー作家である東野圭吾の名作「マスカレードホテル」が2019年に映画化されました。東野圭吾作品は、スリリングでかつ急展開で、読む者を引き込む技術が素晴らしく、時間の経過を忘れていつの間にかクライマックスに至る、そんな作品が多いのですが、本作品もその一つに挙げられます。また、演じる俳優も一流どころで素晴らしく、味わいのある作品に仕上がっています。中でも、長澤まさみ演じるフロントクラーク山岸尚美と木村拓哉演じる捜査一課の新田警部補のやり取りが一番の見どころではないでしょうか。この2人ならではの演技に見ごたえがあり、映像としてもきれいなものに仕上がっています。新田警部補にはキムタク独特のクセがありますが、これはファンにはたまらない魅力なのだと思います。中年刑事の良い味が出ていましたね。クライマックスでは、思わぬ人物が真犯人としてあばかれて、キムタクとの格闘となるシーンがあります。この時の迫力もすごく、キムタクならではの運動神経と体力で見る者を魅了します。この映画と同じ原作の作品が最近、宝塚歌劇でも舞台化されました。東野圭吾の作品は引く手あまたであり、この作品にも引き込まれること、間違いなしです。

マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
7

木村拓哉さんはやっぱりかっこいい!

最近映画館により『マスカレードホテル』を観に行ったのですが非常に面白かったです。以前まではよく映画館まで足を運び観ることが多かったのですが、最近では仕事が忙しくなりめっきり行けなくなっていたのです。しかし、久々に仕事も落ち着き時間が空いたので映画館でマスカレードホテルを見ましたが、相変わらず木村拓哉さんはかっこいいなっと思いました。また、長澤まさみさんも相変わらず可愛いいなとも思いました。二人がダブル主演と言うこともあり、お客さんが大変入っておられました。木村拓哉さん演じる刑事がホテルマンに扮して潜入捜査をし、そして犯人逮捕へと向かうわけですが、それをまた本当にそこのホテルで働く長澤まさみさんとのぶつかり合いなども非常に魅力的でした。しかし、その犯人逮捕に向けてお互いに協力しあうところなどはとても見ていて面白味がありました。また、少し破天荒な木村拓哉さん演じる刑事はお客様に対しての接客態度が悪いこともあって、代わりに長澤まさみさんがそれを制止する場面などは、まさに二人の主演らしいからみだったとも思いました。そして、最後は無事に犯人逮捕になるのですが本当に最後まで面白い映画だったと思います。

マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
6

ヒットは当然

キムタクの勝負をかけた映画として話題になっていた映画です。
見事に大ヒットですが、内容としてもヒットは当然という感じ。作家性とか意外性みたいなものはあまりありませんが、とにかく飽きさせない展開で2時間以上あるはずなのに、まったくダレたところがありませんでした。

キムタクは刑事で、潜入捜査としてホテルマンになりすます役柄なわけですが、さすがはみだし気味の正義の味方的な役柄がよく似合います。原作の設定の30代とかけ離れてる点が懸念されていましたが、割と抑えめに演じていたせいか、年齢面からの違和感はあまり感じませんでした。
相方とはなるホテルウーマンの長澤さんは、個人的には苦手な女優さんの方なんですが、こういった真面目でキリッとした役が非常に似合っていて、こんな感じの役柄で他の作品も見てみたいなと思ってしまいます。その他、小日向文世さんや梶原善さんなど手堅い脇役の方ががっちりと脇を固めていて安心してみることができました。
そして、犯人役として大いに作品に貢献したのが松たか子さんです。基本的にキャストに大物がいると大体犯人役はこの人だとわかるものなんですが、マスカレード・ホテルは主役級大集合という触れ込みで多数の役者さんがキャスティングされているということで、松たか子さんの印象はだいぶ薄れていたせいか、意外性は結構あったと思います。
考えてみるとそこまで主演級の方が多かったか?というとちょっと疑問が出てきます。松たか子さんの印象を弱くするための戦略だったのか?と思わないでもないですね。松たか子さんのシーンは緊迫感が他のシーンと比べても高いのでスリルを感じられると思います。

マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
5

期待してみたけど…。

キムタクと長澤まさみ、その他よく顔をみる有名人ばかりが出演している。
キムタクがホテルマンとして事件を追う、ホテル潜入捜査の物語です。舞台がホテルということもあり、躍動感がないというか、映画のストーリー展開も同じ場所ばかりが流れるので、単調で面白みがなく感じてしまいました。同じホテル内の物語の有頂天ホテルがとても面白かっただけに、なんだかインパクトに欠けていました。友人はキムタクのアップがたくさん見れてキムタクのカッコよさを存分に味わう作品だともいっていましたが、そこまでキムタクファンではない私は、その魅力を味わうことができなかったです。
ストーリーはすべてにつながりがあり、進めていくうちに、もしかして…というネタがわかってしまうようなところも多々あり、先が読めてしまう感じもします。キャスティングの中で松たか子が出てたのに、どこにいたんだろう…と途中思ってたんですが、ああ、こうゆう展開か、と松たか子の演技力のすばらしさと、特殊メイクのすばらしさにも驚かされた展開でもありました。
最後はくっつくんだか、そうでないのかよくわからない、キムタクと長澤まさみになんだかもやもや感が残りました。CM等の宣伝では、犯人はこの中にいる。みたいなすべての人が容疑者という上手なせりふ回しでしたが、そんなに事件にかかわる感じでなかったので、うまい宣伝の仕方だと思いました。

マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
7

ひきつけられる映画

「マスカレード・ホテル」とは東野圭吾が描いたサスペンスストーリーであり、2019年1月19日に木村拓哉、長澤まさみのW主演によって映画化された作品です。
半年前に原作を読んでいたこともあり非常に楽しみにしていた映画の一つでした。そのこともありロードショウを初日に一人で見に行きました。映画の中で章が変わるごとにホテルの玄関を映し毎回決まったBGMを流すなど東野映画の象徴ともいえるシーンが随所に見られました。有名俳優によって繰り広げられるシーンの数々によって映画に引き込まれ内容が自分の中に入ってきました。
私がこの作品をお勧めする理由として挙げられるのは、木村拓哉演じる「新田刑事」の人柄が原作通りに再現されていることです。事件を解決する事しか考えられないそのまっすぐな姿勢が周りの人を巻き込み魅了する、そんな人柄に心を打たれ感動させられるシーンが随所に見られました。私はその人柄に注目してこの映画を見たもらえると楽しめると思えます。東野圭吾作品の中でも面白い作品になっています。映画では表現されていない描写が原作にはあるのでぜひ原作も読んでみてください。映画の最後に「マスカレード・ナイト」を予告させるシーンがあったのでこうご期待です。

マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
9

脇役が脇役じゃない

こんなにも豪華なキャストの映画なかなか無いです。
舞台はホテル。連続殺人の犯人を追いホテルマンとして潜入捜査をするキムタク。そこには毎日のようにクセのあるお客様が来ます。一見、何もないように見えてもそれぞれ事情のあるお客様。凄いのは役者です。10分も登場しないクセのあるお客様を豪華な主役級の役者さんが演じています。豪華すぎるので「絶対に後から再び出てくる」と思っていたのですがそれっきりでした。
潜入捜査をしているのですからもちろんサスペンスです。もちろん犯人を追っています。そのはずなのですがなかなか事件が進展しません。最初は嫌々潜入捜査をしていたのですが、いつの間にかキムタクはホテルマンとして立派になっていって刑事らしさが薄れてしまっていました。それでも、面白いのが凄いです。
バリバリのサスペンスではなくヒューマンドラマ寄りでした。もちろん最後には犯人がやって来ます。犯人の正体には驚きましたが、もう少し掘り下げてほしかったです。上手くトリックはされていたのですが最後に簡単に片付けてしまった。という印象が残ったのが少し残念でした。これまでにはない少し変わったサスペンス。東野圭吾らしくておススメです。