どろろ

どろろのレビュー・評価・感想

レビューを書く
どろろ
9

絶対見るべき!手塚治虫の名作をアニメ化『どろろ』

手塚治虫の少年漫画『どろろ』が2019年にアニメ化されました。これまでにもアニメ化、実写映画化され、時代を超えて注目されてきた作品です。
父親の望みと引き換えに体のあらゆる部分を失った百鬼丸が、両親を失って一人で生きるどろろと出会い、一緒に鬼神と戦って体を取り戻す旅をする物語です。

新しくアニメ化されたこともあり、古い作品ですが、映像がきれいで見やすく、ストーリーもわかりやすくなっているので、子どもから大人まで、あらゆる世代の人におすすめできます。
作中には百鬼丸やどろろの家族以外にも、様々な人間が登場し、人間の醜さ・卑しさ、尊さ・美しさを感じさせるような物語になっています。
最初は話すこともできない百鬼丸が、声を取り戻し、どろろと徐々に徐々にコミュニケーションをとるようになる様子は愛おしいです。
義手・義足で戦う百鬼丸の戦闘シーンは格好よく、武士の時代のアニメということもあり、刀や妖怪(鬼神)など、外国人の人にも知っていればおすすめできる作品ではないでしょうか。アニメのオープニング曲、エンディング曲もこのアニメの世界観に合っていて、素敵です。強いられた運命と向き合いながら、体を取り戻す旅を続ける二人の行く先が気になるアニメです。

どろろ
7

信頼の手塚治虫作品

手塚治虫作品である「どろろ」のアニメ作品。手塚治虫作品ならではのストーリーの面白さと信頼があります。
アニメをあまり見ない主人も、どろろなら見ようと言うほどです。過去にもアニメや映画になってきた作品ですので全体の流れは分かるのですが、つい見てしまいます。
原作のキャラクターデザインは残しつつ絵が綺麗になっていて、初めのOPはとても良かったと思っています。鬼神達もCGを使って迫力満点になっています。初期OPの歌手、女王蜂さん達のプロモーションもわざわざ探して見てしまいました。毎回OPで引き込まれます。
これからどんどん失われた体を取り戻してくのですが、目が見える様になる回は楽しみにしています。百鬼丸がにっこり笑うのが楽しみです。最近の回で百鬼丸がよく喋るようになって、声優さんをやっと聴けるのかとワクワクきています。どろろも可愛くて、たまに女の子が出るところが癒されます。どろろのお母さんが出てくる会が多いような気がします。どろろと百鬼丸のお母さんを扱う会が今後もあるのかと楽しみです。百鬼丸の辛い現状もわかるし、領主をしている親の国を豊かにしたいと言う理屈も分かるところが考えさせられます。これから体を取り戻す度に天災が訪れるのも見どころだと思います。

どろろ
8

手塚治虫の未完の名作をどう終わらせるのか

父親が力を手に入れるために鬼と契約したことにより、身体のいろんな部分を取られてしまった赤ん坊が数奇な運命により命を永らえ、魔物を倒すことにより身体を取り戻しながら旅をする物語。
いろんな作家に影響を与え、未完だからこそ魅力のある手塚治虫の漫画を原作としたアニメ。

アニメは漫画『テガミバチ』の浅田弘幸がキャラクターデザインをしており、手塚治虫のキャラクターを損なうことなく現代風のイラストになっている。
オープニングテーマの女王蜂『火炎』は高音が鋭く物語りに引き込まれ、amazarashi『さよならごっこ』の哀しい後を引くようなエンディングテーマで終わり、つい口ずさみながら次回を楽しみにしてしまう。どちらの楽曲も『どろろ』にぴったりの曲です。

目も見えない、耳も聞こえず足も腕も、顔も作り物の百鬼丸は魂の色を感じる以外に外界からの情報を得ることはできなかったが、腕に仕込まれた刀で魔物を倒すことで身体をだんだんと取り戻していく。しかし、顔の皮膚を取り戻すこと、足を取り戻すことで怪我をすると血が出る、痛みを知る。耳を得ることで音を聞き、今までになかった感覚に煩わされることになる。
なかったものを得ることで、弱くなっていくのでは?得ること、取り戻すのはいいこと?それで不幸になる人もいるのかも知れない。戦乱の世の中で多くの人が傷つき命を失う中、どのような物語りの終焉へ向かうのか興味が尽きない。

どろろ
9

現代風にスタイリッシュに!

「どろろ」の原作は、故手塚治虫先生の漫画です。
50年ほど前にも一度アニメ化されましたが、今回は絵柄も現代風になり、話も分かり易く改変されて、原作未読ファンにも入りやすくなっています。
まずは、絵柄。
原作は可愛らしい絵で、昔のアニメ版は懐かしいタッチ(しかも白黒)でした。
今回はスタイリッシュな絵柄で、主人公の百鬼丸とどろろは、それぞれ少年らしいデザインになっています。
どろろの性別も、どちらにも見えるような……おっと、詳しくは書けませんが。
そしてオープニングの映像が、実にスタイリッシュ。
アクションの動きも良いし、歌もカッコ良いし。
何より細かい設定が変更され、分かり易い見せ方になっています。
なぜ百鬼丸が産まれてすぐ身体のパーツを失くしたのか、それがどんな影響を及ぼしたのか。
育ての親・寿海先生のオリジナルエピソードも盛り込み、一層作品世界に厚みを持たせています。
そしてどろろを始め、声を担当する方が皆、すごく演技が自然。
一見救いのない辛いストーリーですが、戦国の世を逞しく生きる子供二人を、魅力的に描いています。
どうか二人の歩む先に、幸せな未来があって欲しい……そう思いながら、つい毎週リアルタイムで視聴する作品です。