もらとりあむタマ子

もらとりあむタマ子のレビュー・評価・感想

レビューを書く
もらとりあむタマ子
8

特に大きな展開があるわけでもなく、のんびりした映画です。

大学を出たにも関わらず、就職ぜずに実家暮らしのタマ子。スポーツ用品店を1人で切り盛りする父は、家事全般をこなす働き者。子どもでもなければ大人にもなりきれないタマ子は、父親に甘えきって文句ばっかり。「ダメだな、日本は」とか「その時が来たら動く!少なくとも……今ではない!」とか言うし、舌打ちするし、憎たらしいけれど、それでも親にとっては可愛い娘なのだろうと感じました。
アイドルを目指して写真を撮ったことがバレて、ブチ切れるところで大爆笑。そして、その写真を見てまた大爆笑。愛すべきおバカなタマ子に前田敦子さんがぴったりとハマっていて、素なのかと思うほど自然で生々しい演技でした。この役を元国民的アイドルにやらせたというところも面白い。タマ子に子分のように扱われている(実は同情している)近所のガキも可愛かった。
特に大きな展開があるわけでもなく、のんびりした映画です。「モラトリアム」は大人になる猶予期間という意味だが、ダラダラしているだけのようで、社会人になってから振り返ると大事な期間。カタカナ表記ではなく平仮名表記にすることで、この映画らしさが出ていると感じました。最後には、新たなる人生の第一歩を踏み出したタマ子。頑張れタマ子!