狼陛下の花嫁

狼陛下の花嫁のレビュー・評価・感想

レビューを書く
狼陛下の花嫁
8

とうとうファイナル!狼陛下の花嫁

2009年から始まったLaLaの「狼陛下の花嫁」も2018年9月号で最終回を迎えました。

新しい国王が誕生した白陽国には、冷酷非情の狼陛下と呼ばれる若き国王 珀黎翔がいます。
政治的な思惑で政略結婚の花嫁をよこされたら困ると、狼陛下の側近李順は余計な花嫁除けとして、1人のアルバイト妃を雇います。

狼陛下のバイト妃として後宮に入った夕鈴は、その冷たさの下にある優しさを知り、どんどん惹かれていきます。バイトの身分で狼陛下に恋をしてはいけない、とずっと我慢をいていた夕鈴。バイト妃として、形だけの仮面夫婦の演技を続けます。
しかし、白陽国は、未だ王位をめぐる王弟派との対立がくすぶっていました。
自分を守るためにわざと後宮から、彼女に暇を出す黎翔の本当の気持ちに気が付きます。
自身も応えるために、自分でできることをして、王位をめぐる争いの解決に一役買います。
王位争いも一段落し、やっと狼陛下と両想いになり、紆余曲折を経て両想いになりました。
その後も、黎翔と不仲に見える周宰相の本意を知り、2人を仲直りさせたり、と精力的に活躍する夕鈴です。
後ろ盾がないため、なかなか正妃にはなれませんでしたが、彼女の前向きな明るさが、周囲を変えて、めでたく王子も誕生、正妃となり最終回を迎えました。

12月号には、最終回のその後のお話。
狼陛下と夕鈴の間に生まれた子ども、やんちゃで好奇心旺盛、賢い飛龍の王宮での、かくれんぼ?です。
王子を探す、王宮の官吏たちの目を盗み、遠くまで行ってみたい飛龍も、最後は父黎翔につかまってしまい、疲れ果てて、すやすやと両親の腕の中で眠りにつきます。