最高の人生の見つけ方 / The Bucket List

最高の人生の見つけ方 / The Bucket Listのレビュー・評価・感想

レビューを書く
最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
10

50代のうちに是非観ておきたい映画の一つ

2大オスカー俳優『ジャック・ニコルソン』と『モーガン・フリーマン』が初めて共演した人間ドラマ。余命半年と宣告された2人がふざけて作ったのが、人生でやりたいことを記した『棺桶リスト』。2人は世界中を旅しながら、「スカイダイビングをする」、「ライオン狩りをする」、「万里の長城をバイクで走る」、「ピラミッドに登る」など、このリストに記載したことをを一つ一つ実現させていく。そして、最終的に2人が行きついたところとは…。これまで、仕事や家事、育児などを真面目にこなしてきた50代、60代。「果たして自分の人生はこのままでいいのか」、「自分が今、もしくは今後やりたいことは何なのか」と自問自答する瞬間もあるのでは?この映画は、そうしたシニア層の現実問題を自分自身のこととして投げかけるだけでなく、人生の目的や終着点を示唆してくれるところも秀逸である。日本版の『最高の人生の見つけ方』では、『吉永小百合』、『天海祐希』の2大女優が共演していることで話題になったが、「人生最後の自由奔放さ」を感じさせてくれる点では、やはりアメリカ版の方がおすすめできる。この映画が製作された数年後には『終活』という言葉が一般化している。そうした意味でも、この映画が人々に与えたインスピレーションは多かったことだろう。

最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
8

”いつからだって始められる”人生は最高だ。

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの主演で届けられるハートフルストーリー。病によって共に余命わずかとなった、実直な自動車整備工のカーター・チェンバーズと豪快な実業家のエドワード・コール。二人は同じ病室で絆を深め、残された時間でやり残したすべてのことを叶えようと、棺おけに入るまでにやっておきたいことを書き出した“棺おけリスト”を作り、リストを実現させていく。
旅の様子が時にコミカルに、時に切なさをはらんで描かれていく。自分の心の持ち方次第で、いつだって何かを始められること。今日という日を「始まりの一日」に変えていけること。「まだ遅くはない」ということ。そんな人生の美しさを優しく語り掛けてくれる映画。次々と「やりたいこと」をかなえていく二人の、まるで子供のような生き生きとした表情は格別。「やりたいことはあるのだけれど、なかなか最初の一歩を踏み出せない…」、そんな人には特にオススメ。無理に頑張りを鼓舞したり発破をかけたりとかではなくて、「自分の心に正直に生きて行動すること」がとても心地よく描かれているので、きっと優しくあなたの背中を押してくれることでしょう。ぜひご覧下さいね!

最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
8

二人の人間の人生の最終章

自分が死ぬということに明確な期限を見出してしまったという共通点以外、全く種類の違う道を歩んできた二人の人間が、人生という一つの物語の最終章をより良いものにすべく旅に出る話。
生を受けてから今まで誰しもが抱えている後悔というものに、怯えて苦しみながら向き合っていく登場人物からは共感と教訓を得られる。主人公の一人が相棒から学んだことは人生において大切なものになったが、それは主人公がたまたま相棒と仲良くなったから得られたものではなく、目を逸らしていただけでずっと自分の中にくすぶり続けていたものだ。
このことは映画を見た私の痛いところを突いた。自分が「仕方のないこと」「どうせ変わりっこない」と諦めて、しかしいつも頭の片隅にあるモヤモヤの正体を暴かれたようだった。
作品の中で、主人公は相棒から様々な宗教の考え方を聞かされる。宗教等といったことに抵抗がある人もいるだろうが、この作品を単なる宗教映画とみなしてしまうのは、私はとても勿体なく思う。
説教臭く感じてしまう人もいるかもしれない。後悔しているということは、過去の自分が成しえなかったことだからだ。向き合うことは、痛いし辛い、そして勇気がいる。自分が後悔していることに向き合いたいと感じている人には、見てほしい作品だ。

最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
10

やりたいことをしようと思わせてくれる映画

最高の人生の見つけ方は病院で2人のおじいちゃんが出会うところから始まります。
1人は家族がおり、一般家庭。もう1人は社長でお金持ちです。2人に共通している点は、病気で余命いくばくもないところ。
黒人のおじさんは、昔書いたBucket Listをある日見直します。
その紙を見て、社長のおじさんはそれはなんだ?と聞き、なんでもないと言うのですが、そこにはその人のやりたいことが書かれていました。
これをみた社長のおじさんは叶えようといい、2人は世界中を旅して叶えに行きます。
わたしはこの映画をみて、自分自身も棺桶リストを作りましたし、実際に叶えて行っています。
自分の人生、本当にやりたいことは何か?と考えるときにとてもおすすめの映画です。
また、世界中を旅する映画なので、海外や海外旅行が好きな人にもとてもおすすめの映画となっていると思います。
自分の人生や、命の使い方について、改めて考えることができます。
彼らの棺桶リストの中でもわたしが印象に残っているのは、世界一の美女にキスする、世界一高い山にいくなどです。どのようにそれらを叶えるのか、是非見てみてほしいです。
ほっこりしたり、心がきゅっとなったり、様々なことを考えさせられたら、素敵な映画です。

最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
9

人生やりたいことをしていますか?

最高の人生の見つけ方は病院で2人のおじいさんが出会うところから始まります。2人とも余命がある病気で、1人は一般的な家庭の男性、もう1人はお金持ちです。1人の男性がBucket List、いわゆる棺桶リストを見直してるところを、隣でお金持ちの男性が見つけます。2人でこのリストを全て死ぬまでにやろうというのがこの映画です。
みなさんは人生で本当にやりたいことをやっていますか?余命などあまり感じることが少ないかもしれませんが、死を間近にしている彼らの行動や考えは改めて自分の生き方について考えさせられます。彼らのリストには世界中を旅することも書かれており、世界中を旅する彼らの様子は見ていてとてもワクワクします。
また、家族愛も描かれているので、家族についての考え方や、普段の自分の接し方について改めて考えさせられました。私にとってこの映画は自分の人生にとって大きな影響を与えてくれたものなので、きっとこれを読んでいるみなさんにとっても、すてきな考えを見つけるきっかけになるのではないでしょうか。
是非、みなさんも時間を見つけて、この映画を見てみてください。そして、見た後にBucket Listを作ってみてはいかがでしょうか?

最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
10

日本でもリメイクされた、人生最後の最高の人生

アメリカで2007年に公開されたこの映画は、2019年には日本版リメイクも作成されました。原作はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが演じますが日本版は舞台が日本、演者も日本人となっています。

余命6ヶ月という限られた時間の中、真面目一辺倒で周囲を大切に生きてきた男性と周囲を顧みずビジネスに生きてきた、真逆とも言える二人が「人生でやりたいことリスト」を残りの短い人生でやり残しのないよう、それらを実現するための旅に出る物語。

英題は「The Bucket List」。
Bucket List(バケットリスト)とは「やりたいことリスト」のことです。邦題とは異なり、リストそのものがタイトルになっているのはまた印象が違うな、と感じます。

人は皆、本人がどう感じているかや大小の差はあれど、自分の気持ちや時間を犠牲にして周囲と円滑に関係を築いたりお金を稼いでいると思います。
しかし、余命6ヶ月という状況から意を決して行動することで「生きている内は、行動することに遅すぎることはない」と感じさせられました。

彼らには十分な資金がありお金のかかるサービスや移動も可能でしたが、たとえ金銭的な制約があるとしても、自分もその中でできる「やりたいこと」を行動したい、と思える名作です。

最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
10

モーガンフリーマンとジャックニコルソン

配役が最高!この2人の名前が並んでいたらスルーできるはずがない。
ストーリーがシンプルなだけに2人の人柄がきわだって引き込まれていく。原題のThe Bucket Listというのは死ぬまでにやりたいことリスト。余命宣告を受けた2人が残りの人生を共に過ごしていく。
仕事に人生をささげたジャックニコルソン演じるエドワード、家族にすべてを捧げてきたモーガンフリーマン演じるカーター。世界中をプライベートジェットで旅することはお金がないとできないことだけど、重要なことはシンプルにやりたいと思ったことをやってみる。とか、そんなことできないんじゃないか。と思わないってことなんだろうなあと思った。
ラストの方のもう容態が良くない状態で目覚めての会話なのにカーターがエドワードが世界最高の香りと味!と言っているコーヒーのコーヒー豆の作り方を教えてあげるシーンは本当に楽しそうで一緒に笑ってしまう。ここ数か月で出会った友人ではなく、幼馴染と会話しているようでなんだか不思議な気持ちになる。友人って一緒に過ごした時間じゃないんだなと笑貯めて思うし、笑うっていうのは大事なんだなと改めて思う。好きなシーンはたくさんあるが、リストに書いた「世界一の美女にキスをする」が一番。

最高の人生の見つけ方 / The Bucket List
10

タイトルなし

ジャック・ニコルソン演じる「エドワード」とモーガン・フリーマン演じる「カーター」の2人が死とは、生とは、友人とは。多くのことについて考えていく作品です。
主人公はどちらもおじいちゃん。しかし、片や大病院をいくつも経営する大富豪(エドワード)、片や顔中を油で汚しながら家族を養う「普通」を体現した男(カーター)。最近ではその「普通」も十分すごいんですが…。

本来であれば絶対に関わることのなかった二人が、ひょんなことから接点を持つ。場所は「病室」。共通点は「ガン」。余命宣告を受けているほど症状の進行している2人が意気投合するのに時間はあほどひつようありませんでした。

2人は強引に退院し、2人でつくった「死ぬまでにやりたいことリスト」のタスクを消化する旅へ。
エドワードは金に恵まれたが、人には恵まれなかった。
カーターは人に恵まれたが、金には恵まれなかった。
そんな凸凹の二人が生み出す化学反応とは。
タスクを消化するにつれ、2人だけの話ではなく、近く死を迎えるであろう男の家族たちも巻き込む感動ストーリーに。

タスクの内容は本当に様々で、スカイダイビングをすることだったり、幼少期にあこがれた高級車をブチ壊しながらサーキットで走ったり。
失うものがなくハメを外したジジイとはこうもおそろしいものか。(誉め言葉)

「世界一の美女とキスをする」のタスクは何度見ても泣いてしまいます。

そして、やはり死は訪れてしまうもの。
先にカーターが亡くなってしまうのですが、その後「景色のいい場所に埋葬してほしい」というカーターの願いをかなえるために病を抱えながらもエドワードがエベレストへの登頂を成功させます。横柄で他人を信用などしなかったエドワードがそこまでの行動を起こすとは。
友情は確かにそこにあったのだと思わせてくれます。