ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ハクソー・リッジ
10

信念を貫く事で誕生した英雄の物語

戦争映画を観るのは、辛く苦しく悲しい。
それでも観ようと思うのは、自分が体験したことのない戦争を少しでも知り、絶対に戦争は起こしてはならないと再確認出来るからだ。
第二次世界大戦中のアメリカ兵の中に「良心的兵役拒否者」という宗教上等の信念に基づき、兵役を拒否する者がいた事をご存知だろうか。デズモンド・ドスはモーゼの十戒「汝殺す事なかれ」の教えを胸に、良心的協力者として殺す為ではなく救う為に従軍する事を選ぶ。デズモンドがその命を懸けて「あと1人…あと1人…」と銃弾飛び交う中次々と救出する一方で、アメリカ兵も日本兵も砲弾や手榴弾によって木端微塵に吹き飛び、火だるまになって死んでいく。
作中では「日本兵は死を恐れずに向かってくる」という台詞があるが、日本人の私達は当時の彼らの尊い覚悟に涙せずにはいられない。
死を恐れていないのではなく、「今ここで、この沖縄で敵を食い止めなければ次は自分の家族が殺される」そんな思いだったに違いない。もちろんアメリカ兵も家族のために必死の思いだったことは否定しない。戦争はどちらか一方が被害者ということはないのだから。
しかし、猛々しいアメリカ兵に日本兵が殺されていくハクソーリッジ陥落の場面では、自分が紛れもなく日本人であると頰を伝う涙で気づかされる。
デズモンドの父トムの台詞「平時は息子が父を弔い、戦時には父が息子を弔う」。
全くこの言葉に尽きる。
信念を貫き銃を持たずに戦争に挑んだ男の美談だけで終わらせてはいけない作品である。

ハクソー・リッジ
7

デズモンド・ドスの覚悟と信念の物語

主人公デズモンド・ドスは、熱心な信者である母親に育てられました。父親はアル中で常に酔っては、母親を殴るような人でした。それでも母親は「戦争に行く前の父さんを見せてあげたい」と、言います。父親は戦争で心を蝕まれていたのです。
デズモンドは恋人ドロシーに出会い、幸せな時間を過ごしますが、「国に奉仕したい」と軍隊に入隊を決めます。父親は「お前に出来っこない」と心配します。結婚の約束をして、デズモンドは入隊します。
同じ隊には屈強な訓練兵が揃います。鬼軍曹の元でしごかれながら、訓練をこなしていくのですが、デズモンドは武器訓練を拒否します。「人を殺す」のは信念に反するという理由です。上官たちは「戦争は殺人とは違う」と説得しますが、頑なに拒否をします。そして軍法会議にかけられます。絶対的に不利な中、父親が助けに入りデズモンドは「武器を持たない衛生兵」を認められます。
一通りの訓練の後、デズモンドの隊は戦地入りをします。そこは「ハクソー・リッジ」沖縄の戦地です。断崖絶壁の崖には長くおおきな網が張られており、そこを人が登って行きます。崖の上は戦地です。一進一退の攻防が続きますが、日本軍が総当たりしてきてアメリカ軍は撤退を余儀なくされます。しかし、デズモンドはその場に留まります。大勢の負傷者がいるからです。
デズモンドは負傷者を見つけては、応急処置を行いロープで負傷者を一人ずつ降ろして行きます。一晩で57人もの命を助けました。その中には、敵兵の日本人まで含まれていました。「もう一人だけ助けさせて下さい」と神に繰り返し祈りながら。
デズモンドの「国に奉仕したいが、信念は曲げられないという覚悟が見える作品です。敵国が日本であること、また信仰心が題材であることで理解に苦しむ部分がありますが、多くの命が救われたのも事実です。