プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔のレビュー・評価・感想

レビューを書く
プラダを着た悪魔
10

何度も繰り返し観る映画はこれだけ。

こんなにも、心踊る作品でありながら、何度観ても飽きない映画は、なかなか無いのではないでしょうか。
キラキラとした、女性の憧れる世界が、テンポの良いストーリーで描かれ、素敵なファッションとセンスのある音楽で飾られています。
そして、主演のアン・ハサウェイのキュートさたるや!
特に、彼女が演じるアンディが、職場に適応しようと、自らのスタイルを変える場面は、まるでファッションショーの様で、あらゆるスタイリングを着こなす彼女は本当に魅力的です。
そして、そんな彼女の鬼上司ミランダを演じるメリル・ストリープの演技の素晴らしい事!
女性が社会の第一線で活躍する事の大変さが、ミランダの強さ、弱さ、怖さ、優しさという、あらゆる面を通して伝えられ、それは彼女の演技力があってこそ、真に迫ったものになっているのだと思います。
その他にも、友人のリリーや先輩であるエミリーなど、仕事に対する姿勢が前向きで素敵な女性が多く描かれていたり、アンディやミランダが仕事に没頭するあまり、パートナーとのコミュニケーションに障害が発生したりと、「女性×仕事」をベースとして、様々な場面が描かれているので、働く女性にとっては、色んなことを感じる事のできる作品だと思います。

プラダを着た悪魔
10

タイトルなし

【あらすじ】

主人公アンディ(アンドレア)の夢はジャーナリストになること。就活中とある人事部から連絡があり、超有名ファッション雑誌ランウェイで働くことに。カリスマ編集長ミランダの厳しさは有名で、これまでに何人ものアシスタントがクビにされてきました。アンディは鬼編集長のミランダに翻弄されながらも自身の在り方、進むべき道を見出していきます。

【感想】

何かにつまずいたり、落ち込んだりしたときに見たくなる映画です。オープニング曲、KT・Tunstaの「Suddenly I See」にのせてお洒落な女性たちが次々に着替えて出勤していく様子は何故か心が躍ります。仕事の苦悩、私生活の悩み、女性の強さ、働く女性たちのプライベートと仕事の間での問題、ときどきコメディな感じがまた良き。世代、性別を問わずに楽しめる映画だと思います。始まりからテンポよくストーリーが展開されていき、退屈せずに見終えることができるのでとてもおすすめです。ラストでアンディの再就職先に届いたミランダからのメッセージと、悪魔が微笑むシーンは必見です。

プラダを着た悪魔
8

ファッションとサクセスストーリー

ファッションには無頓着の主人公アンドレア(アン・ハサウェイ)夢はジャーナリスト。大学卒業後、夢を叶えるためニューヨークの出版社で働くことに。そんなアンドレアが採用されたのは、知らない女性はいないというくらい有名なファッション誌ランウェイの編集部だった。アンドレアの上司となる編集長ミランダ(メリル・ストリープ)は、ファッション業界のカリスマ。無理難題を要求してくるミランダのアシスタントして、ひび奮闘し成長していくサクセスストーリーです。
アンドレアが、どんどんおしゃれに、洗練されていく経過をみているのが凄く楽しいです。
劇中では、色々なブランドの衣装が使われていて、それをみているだけでテンションが上がります。ファッションとは、自分という人間がどういうものなのかを表現するための大切なツール。そのことに気づかされた作品です。私はこうなりたいんだ!というイメージがあるなら、それに近づけるようなスタイルにする。「私は物凄くきれい好きな人間です。」と言っていても、着ている服がヨレヨレで汚れているような物だと、そうは思えない。なりたい自分に近づくため、なりたい自分を作るため。そのために、ファッションは物凄く重要なものなんだなと感じました。

プラダを着た悪魔
10

頑張る大人女子に勇気をくれる映画

ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説が原作の、大人女子にお薦めの映画です。華やかなファッション業界誌を舞台に、アンディ(アン・ハサウェイ)が奮闘して成長していく姿がとても素敵で応援したくなります。アンディの上司であるカリスマ編集長を演じたのは『クライシス・オブ・アメリカ』のメリル・ストリープ。この二人、初めは考え方が真っ向から対立していて、到底分かり合えない感じなのですが、一緒に仕事をしていくうちにお互いのことを認め始めます。初めは圧力と嫌がらせのような仕事しか与えてこなかった編集長が、大事な仕事をアンディに任せるシーンは、観ているこちらも認められたような気分になり、「明日も仕事を頑張ろう!」と思えて活力が湧いてきます。

主人公演じるアン・ハサウェイと、上司演じる大物女優メリル・ストリープのやり取りもスリリングで見所ですが、続々と登場する一流ブランドのファッションや着こなしも観ているだけで楽しいしワクワクします。
中でもアン・ハサウェイの色々なファッションが次々と流れるシーンは、素敵すぎて絶対リピートしたくなります。
ファッションに興味のない主人公がどんどんオシャレに素敵になっていく姿は憧れます。
毎日、仕事を頑張って少し疲れてしまったという方に是非ぜひ観ていただきたいです。