テイルズ オブ シンフォニア / Tales of Symphonia

テイルズ オブ シンフォニア / Tales of Symphoniaのレビュー・評価・感想

レビューを書く
テイルズ オブ シンフォニア / Tales of Symphonia
8

序盤を乗り越えれれば良作

シリーズ同様、ACTの戦闘とシリアスなテーマ、ギャグベースの進行と周回プレイ用の要素を持ったARPG、GCの移植らしいですが元は未プレイ、イベントや技、コス等が増えているそうです。1番目を引くのは、3Dになっていること。物語は、世界の根源たるマナの枯渇を防ぐ為、主人公達が旅立つといゆうもの相変わらず、ややごちゃついてるのと、溜めがない所為か厚みに欠けてますね。戦闘はHP/TP、協力攻撃用のゲージとシンプルでプレイしやすい今迄の前後上下だけではなく、奥の敵を狙ったり出来ます。3Dフィード故、壁を作る事は出来ないので、割と詠唱妨害も受けます。敵は弱めですが、オート操作の頭も涙目ですね。今迄もそうでしたが、Sは特に敵の初動が鬱陶しいく、開幕ダッシュで接近→ガード→反撃とゆう流れで、最初の雑魚からラスボスまでその流れ。今作は称号でコスが変わりますので、単なる収集OR育成用だけでないのは楽しい。またGRadeに拠る二週目以降の引き継ぎや追加要素もあり、GRadeは一周目は中々稼げないかと思いますが、消費分も含めて次週以降引き継げますし、獲得GRadeUpもあるので安心「二週目以降は、ですが」ミニゲームや隠しダンジョン等、諸々のお馴染み要素もあります。

テイルズ オブ シンフォニア / Tales of Symphonia
9

人権問題を考えさせられる作品。やりこみ要素も多いです

異なる種族間の争い、がテーマだと思います。
主人公は誰に対しても平等に接する熱血漢で、多くの仲間が彼に救われています。
この作品は、好感度システムが採用されており、選択肢によって好感度が左右され、エンディングが変わります。
また、とあるキャラルートを選ぶと、とある仲間が裏切り、死にます。
誰のルートに進むかで得られる称号や、アイテムなどが異なるため、すべてをコンプリートしようと思ったら何周もしなければなりません。それを面倒と考えるかは人それぞれですが、クリア後のグレードショップで経験値10倍を選べばあっという間にストーリーをすすめられます。
戦闘は、近年のテイルズ作品と比べるとフリーランがないなど物足りませんが、そこは慣れで何とかなると思います。
戦闘はシンボルエンカウントなので、戦闘回避はしやすいと思います。
戦闘の難易度はそんなに高くないと思います。
称号によってパラメータの上がり方が異なります。
ミニゲームなどもありますが、ミニゲームはあまり面白くないと思います。称号の為に頑張る感じです。
ちなみに、裏ダンジョンはクリアするには2時間程度必要だと思います。途中でセーブができないので、時間がある時しかできません。その点はマイナスです。

テイルズ オブ シンフォニア / Tales of Symphonia
10

魅力あるキャラクター達!好感度システムによりストーリー分岐あり!

大人気のテイルズシリーズの第5作目、正直グラフィックや戦闘システムはあまりよくありません。
ですがそれもあまり気にならないくらいのストーリー、好感度システムで7周以上はプレイしています。

全てのキャラクターに結構思い過去があり、それも魅力の一つになっています。
中でも酷い過去を持つキャラクターが「プレセア」です。
見た目は12歳くらいの小さな女の子なのですが、実は実年齢は28歳。
この少女に一体何があったのか。それは彼女が本当に12歳だった頃にさかのぼります。
母親を亡くし、病気の父と妹を支えるために木こりとして働くのですが、12歳の彼女の腕ではとても3人で生活できるだけのお金を稼ぐことはできませんでした。
そこへ人の力を増幅させる宝珠「エクスフィア」の売人が現れ、プレセアはエクスフィアを買ってしまいます。
石の力で今までとはくらべものにならないほどの力を得たプレセアですが、彼女の時は止まってしまい、感情までをも失ってしまいました。
妹は「貴族のところへ奉公に出る」と家を出てしまいました。

主人公ロイド達が呪いを解いたころには、妹は奉公先で死に、病気の父もなくなって数年経過した状態で家のベッドから見つかりました。
プレセアは父親が死んだにも関わらず、それに気づかずに数年間も看病をしていたのです。

全年齢対象ゲームにしては重たい内容ですよね…。
他のキャラクターにも非常につらい過去があります。
しかし主人公ロイド、ネットでは「攻略王」と呼ばれるほどの人物です。
全員の過去を受け止め、打ち解け、成長していきます。
人種差別問題にも立ち向かいます。

非常に得られるものが多いゲームとなっています。
フェイスチャットやサブイベントも非常に多く、やりこみ要素も満点です。
人生で一番おすすめできるゲームですので是非プレイしてみてください!