NEW GAME! / ニューゲーム

NEW GAME! / ニューゲームのレビュー・評価・感想

レビューを書く
NEW GAME! / ニューゲーム
7

一見男性向けだけどハマれば女性も面白い

登場人物の殆どが女性で、ゲーム作成会社を舞台にしたアニメです。男性向けの作品ですが、女性が観ても共感できたり面白い部分があります。
女性の多い会社が舞台で、日常的な生活や仕事風景を描いているので、女性から観るとあるあるネタだったり、共感できるシーンも多くあります。
新入社員として、入社した主人公の一生懸命な姿を観ているとほっこりした気分になります。主人公と同じ世代で、まさに就活を頑張っていたり新入社員として四苦八苦している人には元気になれますし、自分も頑張ろうと思える気分になります。
また主人公よりも年上の先輩や上司も沢山出て来るので、主人公よりも年上の人達はその先輩方に自分を感情移入して物語を楽しんだり、主人公を姉のような立場で見守りながら物語を楽しむ事が出来ます。
また、男女間の恋愛よりも女性同士が絡むシーンの方が多いので、普通の恋愛物よりはBLとかが好きな女性の方がハマるとは思います。
ゲーム制作会社の話なので、所々に用語が出てくるのでゲームに詳しい人の方がより理解はし易いかもしれません。
また会社の人間関係はとても良好に描かれていますが、ゲームの作成に為にまだ入社して間もない女性社員が残業したり、会社にずっと泊まり込んだりする描写が多々ありますので、アニメならいいですが、実際の会社では労働法に触れるんだろうなと冷静に考えると思う部分もあるため、満点にはしていません。

NEW GAME! / ニューゲーム
10

夢を見つめる大切さ

ごく平凡な、しかし密かにデザイナーの道への憧れを持っていた主人公の涼風青葉。物語は、彼女がゲーム会社:イーグルジャンプに入社するシーンから始まる。
慣れない満員電車や開幕子供に間違えられたりと、先行きの不穏さも滲ませつつ、晴れて新入社員として働き始める。…とりあえずと参考書を片手に。
自身が入社に至った大きな要因にして憧れの人物でもあるグラフィックデザイナーの八神コウを上司に、ゲーム制作プロジェクトの一員として切磋琢磨していく青葉。
しかし、プレイヤー視点では決して味わえない知られざる世界がそこにはあって…。

この作品は基本は青葉視点の語りで進むのだが、随所にゲーム作成に関連する用語や、それに応対するスタッフのリアルな事情をマイルドながら的確に表現している。
故に、その手のジャンルに覚えのある人ならば共感し易いのが何よりの魅力。原作のコミックス版ならばより詳しい解説も添えてあり、登場キャラクター達が少女漫画テイストで可愛らしい。殆どが女性で占められていて各々の個性が判りやすく描かれているのも手伝い、好きと一目で感じた人はとても入りやすい作品だと思う。
ゲームやマンガなどで感動した経験のある人には特にオススメしたい。

私事ではありますが、僕は連載開始から1年越しにこのNEWGAME!を知り、原作とアニメ両方を通して制作する事の大切さと楽しい素直な想いをパワーに変える凄さを体感。今まで只々ゲームをプレイしていたのを同時にとても惜しい事をしていたと悔やみもしました。
ですが、本当にやりたいと感じた事に年齢は関係ありません。無論、若い時から経験を積めば相応のヒトとしての実力は身に付きますが、それだけで力量を測るのは勿体ないことでもあります。

僕が個人的に一番気に入ったキャラは「桜ねね」です。彼女はPC操作からして素人で、デバッガーのバイトに応募したのだって友人の青葉を気遣って相談無しに乗り込んだ形と、見様によっては単なる後先考えないお節介にも見えます。
でも彼女は単純でした。自他共に認める程に。それは、ルールの中で生きる現代社会においては異端とされ敬遠されがちですが、僕はそうは思いません。
単純で直感を信じるからこそ、相手の意見を心から尊重出来る。それは6巻にてインターン入社し、後に意見の違いから疎遠になってしまうも作業を通じ認め合うまでになった鳴海ツバメとの邂逅でも改めて証明されていました。筆者が更にねねを好きになったエピソードです。

本作は1期と2期に分けてアニメ放映がなされていたので、原作コミックスを読むかアニメを視聴するか、今なら好きな方から選び物語に入っていけるのもメリットの一つなっています。
ゲームという最新鋭の存在を作り出す人々の物語。レビューを見て、この作品の良さに気づき観賞頂けるきっかけになれれば幸いです。