トータル・リコール

トータル・リコールのレビュー・評価・感想

レビューを書く
トータル・リコール
10

タイトルなし

古い映画ですが、シュワちゃんが現役バリバリの時の作品。
失った記憶を取り戻すため火星へ行き奮闘するSFアクション。
オープニング後僅か数分で目ん玉飛び出すグロ映像が流れます(´Д`)ラストにも飛び出ます(´Д`)当時トラウマとなりました。
内容の触りですが、主人公のダグラス・クエイド(シュワちゃん)は夜な夜な悪夢を見ます。(例の飛び出るやーつ)
夢の内容から火星に関係してると思い、火星への移住を奥さん(シャロンストーン)に相談するもうまい事ちょろまかされ断念(-.-)そして仕事場へ。
通勤時、今流行りの記憶を書き換えるサービス(リコール社)のcmを見て、気になり仕事仲間に聞いてみるものの廃人になるからやめろと通告される。
しかしどーしても気になり、クエイドはリコール社に足を運ぶ。運んじゃった。
そこでは行きたい場所、なりたい自分になり大冒険ができるという体験(記憶)ができるサービスを受けれる。
そこで記憶書き換えサービスを受けると決心!こんな大冒険が僅か300クレジット!
サービス内容の場所は前から悪夢で出てきた火星、なりたい自分設定は直感でこれだ!って事で機密諜報員!
で、いざ薬を投与し、夢の中へ大冒険…!とはならず突然暴れだす!クエイドさん落ち着いて!と担当が声をかけるも首根っこつかまれ俺はクエイドじゃない!といい放たれる。で何とか鎮静薬?か何かを打ち一旦寝かせて、今有った事の記憶を消してしれっと帰らす。
ここでキーポイントの一言が入る。クエイドは実際に火星に行った事がある、さっきのサービス内容で一時的に思い出したんじゃね?的な感じでこの瞬間視聴者にこの後実際に火星行って奮闘するんだなと思わせるシーン。
で、実際この後本格的に記憶を取り戻す為に奮闘するという感じとなります。
見所は沢山ありますが、初めから終わりまで全く飽きを感じない作品です!アクション、SF好きはたまらないかと。