ダイ・ハード

ダイ・ハードのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ダイ・ハード
9

タイトルなし

1988年に公開されたアメリカの代表的なアクション映画シリーズのひとつ「ダイ・ハード」シリーズの第1作めで、79年に発売された同名小説を映像化したものです。
別居中の妻・ホリーが務めるナカトミ商事ビルのあるロサンゼルスを訪ねた刑事のジョン・マクレーンはそこでビルがテロリストに占拠されてしまう事態になってしまう。
あまりにも運悪く居合わせたマクレーンは人質とホリーを救うため単身テロリストと戦う羽目になってしまうあらすじで、以降のシリーズでもブルース・ウィルス演じるマクレーンはひたすら運が悪い事がアイデンティティのようになっていく主人公になります(笑)。
以降のシリーズでも顕著ですが、本作は兎に角クリスマスだというに巨大犯罪と戦う羽目になってしまったマクレーンの不運ぶりと、テロリストとの攻防で血みどろの満身創痍状態でも全く死ぬ気配がない(主人公だから当然とはいえ笑)不死身っぷりが印象に残りますが、そもそもタイトルの「ダイ・ハード」は「なかなか死なない、しぶといヤツ」という意味合いもあり、まさにその通りな作品となっています(笑)。
3からはそうではありませんが本作と続編の2は連続でマクレーンがクリスマスに事件に巻き込まれているため(不運)クリスマス映画か否かと長年論争がありますが(笑)、それを踏まえたうえでもクリスマス時期だとつい見たくなってしまう(笑)痛快娯楽作品です。

ダイ・ハード
10

初めから終わりまで飽きずに見られて英語の勉強にもなる「ダイハード1」

この「ダイハード1」は私は最高の映画だと思っています。
ダイハードシリーズは人気のある作品シリーズで続編が次々に上映されていますが、この「ダイハード1」を超える作品はないと思います。その要因としてはまずは主人公の絶妙の強さ加減があります。
主人公ジョン・マクレーンを演じるブルースウィリスは決して筋肉ムキムキなスーパーマンではありません。どちらかと言えば普通の人間に近い彼の強さ加減がいつ死んでもおかしくないまさしく「ダイハード」といったところです。
またこの「ダイハード1」はストーリーが実にわかりやすいです。
この「ダイハード1」はハードアクションや癖のある俳優たちが演じている点も見どころなのですが、語学の勉強にもなります。というのはこの作品に出てくるテロリストたちは大半がドイツ人であり、テロリストのリーダー・ハンス・グルーバーが喋る英語は単語を区切ってしゃべるため聞き取りやすいです。英語の初心者の方であってもハンスが喋る英語は聞き取れると思います。
英語以外にもテロリスト同士の会話ではドイツ語、フランス語、イタリア語なども話していますのでその勉強にもなります。
楽しく映画が見られて語学の勉強にもなる映画、それが「ダイハード1」です。