映画 ビリギャル

映画 ビリギャルのレビュー・評価・感想

レビューを書く
映画 ビリギャル
9

一番泣いた映画かもしれない

本でも売られているので知っている人が多いと思うが、JKが慶應行くために勉強頑張るぜって話。受験勉強に力を注いだ経験がある人はめちゃめちゃ共感できる内容だと思う。私自身、テレビや映画ではあまり泣かないが、この映画では結構泣いていた。自然とぽたぽたと流れてくるのでぼやけて画面が見えなくなった。受験という自分との闘いに懸命に取り組む姿にグッと来てしまう。そして母親役の吉田羊も素晴らしい母親役の演技をしていた。あの影ながら応援していく姿勢には心を打たれる。

この映画は単なる受験サクセスストーリではなく、何か一つの事に懸命に向き合う(今回は受験勉強だが)一人の女子高生とその周りとの繋がりの話である。だから家族のシーンも結構でてくるし、そこが良かったりもする。ネットでビリギャルの女の子は実はそこまで落ちこぼれではなかったというような話が出てくるが、そんなものどうでもいいと思う。一人の人間が人生をかけて頑張る姿が描かれているからそれを観てほしい。そしてシンプルなストーリーになっているからこそ頭をひねることなく素直に見られた気がした。
あと主演、有村架純に関して。本当に良かった。好きになる。ミーハー臭が全然ない。顔はやっぱり整っているしかわいいと思うのだが、普通に演技が上手くて惚れる。ということで有村架純が気になる人でも、学生時代に受験勉強などに打ち込んできた人でもぜひともビリギャルを観てほしい。お勧めする。JKが主演だが、現役の高校生よりも受験を終えている大学生以降(特に大学生かな)の人の方がグッとくると思う。

映画 ビリギャル
9

受験前に見たかった

主人公は、おそらく中高一貫の有名女子校に入学したものの、勉強しなくなったため、元々優秀だったのかなとは想像することができます。
中学入学から全く勉強しなくなり、オシャレと友達と遊ぶことに明け暮れて、気がつけば成績がビリになってしまいます。でも、高校三年生で猛勉強して挽回する過程がすごい。
この映画で最も重要なのが、塾講師の先生です。いろいろな問題児が通う塾で、それぞれの問題のある生徒のことをとことん考え、彼らにあったそれぞれのやり方を考案して、根気強く生徒と向き合います。ビリギャルは、最初はちょっと小馬鹿にしているけれど、最終的に先生についていき、真面目に勉強します。
途中、いつも連んでいた友人達がビリギャルの合格のために一歩引くシーンがあります。足を引っ張られるのでは?と思いながらドキドキしてみてましたが、女の熱い友情があり、胸に何か込み上げてくるものを感じました。
私はビリギャルではなくビリ生徒のまま卒業してしまいましたので、受験前にこの映画があれば、私も少しは変われたかもと思いました。受験前に、できれば、受験一年くらい前には見て欲しい素晴らしい作品です。