あなたがしてくれなくても

あなたがしてくれなくてものレビュー・評価・感想

レビューを書く
あなたがしてくれなくても
9

セックスレスで悩む夫婦どちらの視点からも描かれている今までにない漫画

不倫や禁断の恋など、世間にウケるネタの漫画は数多く見てきましたが、セックスレスという、若干ナイーブで深刻な内容に迫った漫画はこれまでそう多くはありませんでした。私は結婚後数年経って、子供が一人いますが、二人目不妊と産後セックスレスで悩んでおり、主人公みちの気持ちが私にはすごくわかりました。主人公の家庭は新婚子無しという事で、状況は違いますが、みちが考えていること、感じる事、どう行動してしまうか等、自分の事なんじゃないかと思うほどよくわかりました。
それと同時に、男性側がセックスレスについてどう思っているかがすごくわかりやすく、新鮮でした。喉も乾いていないのに、味も香りもわかってるアイスコーヒーを飲めと言われてるような感じという描写が、すとんと腑に落ちたというか、わかりやすくて、驚きでした。
主人公みちの同僚の夫婦も、立場は男女逆としても同じセックスレスで悩んでおり、お互いに惹かれて不倫の一歩手前のような関係になってしまうのも、ハラハラさせて、次の展開が気になって、できたら不倫の方がうまくいってみんなのWinWinとなってほしいなんて、少し現実的でない結果を望んでしまいました。
普通はセックスレスというと、女が拒否して男がいつもセックスしたがっているパターンかと思われますが、この漫画のように逆のパターンの夫婦が結構いるのかもしれないです。それほど、この漫画が話題となっています。
セックスレスになりかけだったり、二人目不妊に陥りそうな夫婦に、相手を思いやる気持ちや、勘違いを正す意味でも、手に取って読んでほしい作品です。

あなたがしてくれなくても
9

特に既婚者にはおすすめ。

作品の概要としては夫婦間のセックスレスについて取り扱われている。
主人公の女性は夫からずっとセックスについてはぐらかされていた。ある日勤めている会社でイケメンの先輩と話すきっかけがあり、酒も入っていたことから、その先輩に夫とセックスレスであることを告白する。しかしその先輩は「アドバイスできないや…」と話す。その先輩も妻とのセックスレスで悩み、苦しんでいたのだった。そこから二人の仲は急接近したが、決して男女の関係にはならなかった。お互いが、お互いのパートナーに振り向いてもらえるように努力していたが…。

この作品はぜひ既婚者の方に読んでもらいたい作品です。
夫婦間のセックスを拒否している方は、「たかがセックスぐらいで…」と思う方も多いと思うが、拒否された側は、とても傷つき、悩み、苦しんでいる。改めて夫婦間のセックスの大切さを感じることのできた作品だった。拒否している方、拒否されている方のどちらにも一度は読んでいただきたいと思う。そしてこれを読んだ方が、改めて自分のパートナーについてよく考えて頂ければと思う。拒否されている方が読むと感情移入してしまい、涙があふれてくることも…。