Dead by Daylight / デッド バイ デイライト

Dead by Daylight / デッド バイ デイライトのレビュー・評価・感想

レビューを書く
Dead by Daylight / デッド バイ デイライト
9

飽きのこないオンラインホラーゲーム

PS4やPCで遊べる非対称型のオンラインホラーゲームです。
プレイヤーは鬼1人と生存者4人に分かれ、鬼は生存者全員を倒すこと、生存者は鬼から逃げながらマップ内の発電機を5つ修理して脱出を目指す、いわば鬼ごっこのようなゲームです。
鬼が近づいてくると心臓の鼓動の音が鳴るため、慣れるまではかなり怖く感じるかもしれません。このゲームでは音がかなり重要な要素となるため、ヘッドホンでのプレイ推奨です。
鬼と生存者の種類はたくさんあり、ソウなどの有名なホラー映画とのコラボもあるので、ホラー映画が好きな方にはかなりオススメです。また、操作するキャラクターの衣装や髪型を変えることもでき、見た目を自分好みに仕上げることが可能です。衣装や髪型は課金して手に入れることができますが、たくさんプレイしてゲーム内のポイントを貯めることでも購入できるので、お財布にも優しい設計になっています。頻繁にアップデートが行われ、鬼や生存者の種類、マップ、衣装の追加も定期的に行われるため、鬼ごっこという単純なゲーム内容にも関わらず飽きずにずっと楽しめます。クロスマッチングに対応しておらず、PS4ユーザーが少なくマッチングに時間がかかることがあるため、評価を1つ下げていますが、2019年秋にはSwitchからも発売される予定ですので、知名度が上がりプレイヤーの数も増えていき、もっと活気が出てくると思います。ぜひプレイしてほしいです。

Dead by Daylight / デッド バイ デイライト
8

タイトルなし

海外ゲームの中ではとにかくとっつきやすくて洋ゲーを普段しない人でも楽しめると思いますが、表現等においてはグロテスクなところがあるので、グロイのが苦手な方は慣れるまでは怖いかもしれません。
ゲームは簡単に言えば隠れ鬼のような内容の対人ゲームです。「サバイバー」という逃げる側が四人、「キラー」というサバイバーを捕まえて処刑する人が一人の4対1の対戦ゲーム。
サバイバーは、キラーから逃げながらフィールドにある7つの発電機のうち5つを修理し、修理が完了すると出口が通電するので出口を開いて脱出する!脱出までは発電機を直せばいいだけですが、その間にキラーに見つかれば追いかけっこが始まり、捕まれば吊るされる。吊るされた仲間を助けたり、傷ついた仲間を助けたり、プレイに自身がある人はキラーとの鬼ごっこ(チェイスを楽しんだり脱出までの仲間のと協力やキラーとの駆け引きが楽しいです。キラー側は発電機を直して脱出を図るサバイバーを処刑することを目的に動きます。コソコソと動き回るサバイバーを見つけては追いかけて攻撃して処刑フックに吊るす!何度か処刑フックに吊るせばサバイバーは処刑されるので、一人...また一人...と処刑していけばサバイバー側が仲間が減り脱出は困難になります。四人全て処刑した時の達成感はとにかく半端ないです!サバイバーキラーともにスキルやアイテムがありスキルによってプレイヤーのプレースタイルも変わってきます。とにかく隠れて見つからないように動くためのスキルや、仲間を助けることに特化したスキル、キラーとのチェイスを有利に進めるスキルなど...自分に合ったスキルを見つけていくのも楽しい。一試合大体20分前後で軽めにプレーできるのも嬉しい。ちょっとした暇つぶしにも、がっつりやりこんでも楽しいゲームです!

Dead by Daylight / デッド バイ デイライト
7

真っ黒な部屋でするガチホラー鬼ごっこには本当にドキドキ!

分かりやすく言うと、とてもバランスの良い4対1のリアルホラー鬼ごっこです。オンラインで生存者側4人と殺人鬼側1人に分かれて戦うわけですが、生存者たちは生き残るために時には味方すら犠牲にして脱出を目指し、殺人鬼は生存者たちに全くの容赦なく執拗に襲い掛かり全滅を狙ってきます。

対人なので一応のセオリーはあれども1回の対戦ごとに様々な展開になり、対戦時間も10分以内で終わることもあれば、30分近くなることも。生存者であれば近づいてくる殺人鬼に常に怯えながら、時には無残に殺されながらも経験を積み、仲間たちと助け合い無事に脱出できた日には感動すらも覚える戦いもあります。
逆に殺人鬼であれば、逃げ惑う生存者たちをいかにして追い詰めて殺していくか、という作戦を考え、全滅させた時の誇らしい気持ちは何とも言えないものがあります。
対戦中に殺人鬼が近づいてくれば心臓の鼓動が聞こえるシステムになっているんですが、それがとてもリアルですごい臨場感と高揚感を感じさせるんです。プレイヤーのテクニックによってランクが分かれているので、上達すればより難しい立ち回りを求められる対戦にマッチするシステムになっているのも飽きが来なくて面白いです。

生存者も殺人鬼もキャラクターがたくさんいますし、キャラクター設定もなかなか細かく作られていて見ているだけでも楽しめます。マップの種類が多いのも良いですね。

ただ残念な点もあって、対人なので時には困ったプレイヤーもいます。
生存者側は4人協力するゲームなのに、最初に殺されそうになったからと回線の接続を抜いたり、殺人鬼を不必要にエモーションで煽ったり。殺人鬼も必要ないのに斬りつけて煽ったり。
もちろんそんな人ばかりではなく、私はもういいから一人で逃げてくれと思うほど助けに来てくれる仲間たちや、お互いにすごく良い追いかけっこが出来たからと逃がしてくれる殺人鬼も結構います。
対人ゲームの宿命ではありますが、困ったプレイヤーをすっと流せるかどうかがこのゲームの面白さを分けると思います。そう言った事が気にならないなら、プラットフォームもパソコン、PS4、Xbox oneと色々ありますし、長く楽しめる良ゲーだと思います。

Dead by Daylight / デッド バイ デイライト
9

タイトルなし

最近流行ってきているオンライン非対称のゲームです。規模の小さいカナダのゲーム会社から出たゲームで、バランス調整やイベント、新キャラと飽きがこない!
欠点はオンラインゲームでは大体共通ではありますが、バグや民度がよく挙げられます。バグに関しては小さな会社なので追いついてない部分と難しい調整が多く大変そうなイメージです。個人的にはこれからに期待の会社なので経験値にもなって少しずつ技術・規模ともに成長を期待しています。民度に関してはPCのほうでは対戦後にチャットルームがあるのでそこでの言い合いやプレイスタイルでのぶつかりがある印象ですが、PS4ではチャットルームもなくアンチチートが働いていたりと比較的安心できる環境で、個人的には暴言等は貰ったことすらありません。また、対戦中の煽り行為も問題視されますが、一部のプレイヤーの問題で、そこに関してはこのゲームというよりもオンラインゲーム全体に言えることだと思います。
良い点は操作がとても簡潔で、FPSガンゲーのようなPSは求められず、実況等見るだけでも上手くなれる!FPS視点のキラーとTPS視点のサバイバーの鬼ごっこが絶妙!キラーとサバイバーどっちで遊んでも面白い、一本で二度楽しめると思います!
サバイバーの連携が取れた時、キラーの追い込む優越感。どちらもありそうでなかったゲームシステムで新鮮に楽しめると思います。
見た目や説明文が怖いという方は是非動画でもなんでも一度見てみてください。先入観とは違うと思いますよ!

Dead by Daylight / デッド バイ デイライト
10

あの本田翼がゲーム実況した大人気サバイバルホラーゲーム!!

2016年に発売以来累計販売数500万本を突破した『Dead by Daylight 』。
何故このゲームがここまで爆発的にヒットしたのかを、じっくり紐解いていこうと思います。
まずこのゲームの内容をざっくりと簡潔に言うと、1人のキラー(殺人鬼)と4人のサバイバー(生存者)での『かくれんぼ』&『鬼ごっこ』ゲームである。

そもそも、この4対1という非対称(通常の対戦ゲームは1対1や4対4が多い)対戦形式がここまで人気が出たケースというのは前例がない。エヴォなんちゃらなんてゲームもあった気がするがここでは敢えて触れないことにする。
何故非対称のマルチ対戦ゲームが流行らなかったかというと、一言でいえばパワーバランスにあると言っても過言ではない。
プレイヤー対コンピュータの1対4であれば、別段珍しくはなく、やり手のテクニック次第でどうにかなることは他のゲームにおいても多々見受けられるが、それがプレイヤー対プレイヤーになると話は大きく変わる。

では何故、このゲームだけがここまで爆発的にヒットしたのか。
それは、絶対に覆らない狩る側と狩られる側という対戦ゲームだからではないだろうか。
ちょっと何言ってるのかわからないと思うが、ひとつ想像して頂きたい。
あなたは今、かっこいいライオンを操作して相手のライオンを倒すゲームをプレイしているとする。勿論色んな技を駆使して戦うことで一定の楽しさは得られるとは思う。
しかし結局はプレイヤースキル(簡単に言えばゲームの上手さ)で決まる為、余程勝てない限りは飽きてしまうのが大半だと思う。

では、同じようにライオンを操作するとして相手は4羽のうさぎと想像してみてほしい。うさぎが何羽集まろうと1頭のライオンには決して勝てない。それくらいの力の差があり、絶対に覆らない狩る側と狩られる側というのが存在する。Dead by Daylightはまさしくそういうゲームなのだ。

その力の差でも対戦が成り立つのは、キラー側とサバイバー側で勝利の条件が全く異なるからである。圧倒的な力を持つキラーは、文字通り生存者を1人でも多く殺害することが勝利条件であり、力のないサバイバー側は戦いの場からなんとか脱出することが勝利の条件となっており、そこにはプレイヤースキルだけではないそのプレイヤーの人間性や、性格が顕著に表れゲームを盛り上げる。
サバイバー側に限っては、4人協力しなければ脱出は難しく自分だけ生き延びるという考えでは勝利が遠のくゲーム性になっているのもまた面白い。時には自分の命を犠牲にして残りの3人を脱出させることも少なくない。こんな対戦ゲームが他にあっただろうか? 私が知っている限りではDead by Daylightだけなのである。

殺人鬼と生存者、5人のプレイヤーがそれぞれの勝利を目指して行動するこのゲームに限っては、通常の対戦ゲームでは口にするまでもない『ゲームが上手い人が勝つ』という方程式が必ずしも当てはまらないこともまた飽きさせない大きなファクターになっているのだろう。

私はこのゲームをプレイして1年近く経とうとしているが、同じ展開の試合というのは1回もない。良くも悪くも人間性が出る、まさに人間ドラマがそこでは繰り広げられているのだ。
だからこそ、そこに私は惹かれているのだろう。

Dead by Daylight / デッド バイ デイライト
10

タイトルなし

PC・PS4で今人気のあるゲームデッドバイデイライトを紹介します。私は、毎日楽しくプレイさせてもらっており、自信を持ってオススメします。
カナダのゲーム会社が制作したゲームです。このゲームは、キラー(鬼)と生存者に分かれてプレイするホラー脱出ゲームです。生存者は広大なマップを隠れたり逃げたり、懐中電灯で目くらましをしたりし、マップ内にある発電機を5つ直し、ゲートを空けて脱出を目指します。
キラーは、発電機が直されないように切りつけ阻止します。約3回フック吊るされた生存者はゲームオーバーです。それぞれのキャラはパークやアドオンといった特殊能力を使用します。(数秒間足が速くなったり、発電機を直しにくくしたりと色々あります。)
フレディやマイケルなど映画に出ているキャラクターも多数います。新キラーは貞子のような日本のキャラクターです。鬼は生存者を殺害するためグロデスクであり、R指定のゲームです。私はいつもハラハラ・ドキドキしながらプレイしています。夜にプレイするととても恐いです。オンライン通信のため世界中の人と一緒にプレイできます。(PS4版は月額制のオンラインプラスに加入の必要性あり)男女とわず楽しくできるゲームなので、是非みなさんと一緒にプレイしたいです

Dead by Daylight / デッド バイ デイライト
10

このゲーム、圧倒的オススメ作品です!

まずPC版とPS4版があり、内容はどちらも同じなので安心して下さい。
ゲーム内容はとてもシンプルです。サバイバー4人と、キラー1人に分かれて遊ぶ、いわゆる「鬼ごっこ」の様な内容となっています。
サバイバー側は、フィールドに点在する発電機を5つ修理し、脱出ゲートを開いて逃げ出す事が目的です。そしてキラーは、そのサバイバーを妨害し、殺す事を目的としています。少し残虐、グロテスクな表現が含まれているので、耐性の無い方や、苦手な方は注意が必要となります。
サバイバー及び、キラーは数種類から選ぶ事ができ、様々な固有のスキルを駆使して鬼から逃げたり修理速度を上げたり、またサバイバーを恐怖のどん底へ突き落としたりとプレイスタイルは様々です。誰か1人がCPUと言った事は無く、鬼も含めて全てプレイヤーが操作するので、1プレイ1プレイが新しく色んな発見があり、毎回楽しめる内容だと思います。フレンドと遊ぶ事も出来るので、友達や知人同士でワイワイ言いながら遊ぶのも、それもまた楽しいのではないでしょうか。前述にもありますが、多少グロテスクな表現を含んでいますが、全てがプレイヤーなのでその点で怖さは少しマイルドになっている様な印象です。ちょっと苦手な方にも是非遊んで欲しい作品だと自信を持ってオススメ致します(かく言う私もホラー作品は苦手ですが、かなり楽しめています)。
シンプルだからこそ奥が深く、何度遊んでも飽きない、そんなゲーム内容です。