地球防衛軍5

地球防衛軍5のレビュー・評価・感想

レビューを書く
地球防衛軍5
8

はじめての異星人侵略(五回目)

かつてSimpleシリーズとは思えないクオリティで話題になった地球防衛軍も、ついに5作目。今では当然フルプライスですが。
このゲームは、遅い来る巨大生物やUFO、そしてエイリアンをひたすらに撃退することが目的のシンプルなゲームです。蟻や蜘蛛や団子虫、蛙やグレイが出てくるので、それらがすごく苦手な人は注意したほうがいいかもしれません。
また、過去シリーズをやっていた方は、人型の敵が出てくることが違和感かもしれません。
基本は向かってくる敵をひたすら銃撃して倒すだけのゲームなのですが、流石に5作目ともなればバリエーションは増えてきています。
まずプレイヤーは4種の兵科を選んで使用できます。これが皆特徴的で、同じステージでも全く違う攻略法が必要になってきます。
ステージ数はなんと110! 難易度が5つと兵科が4つあるので、全てクリアすると考えると凄まじいボリュームです。
低難易度では無数の敵を相手に無双する爽快感を、高難易度ではその物量に押しつぶされないよう生き残る戦略性があり、ゲームシステムはシンプルながら、奥深いゲームとなっています。
今ではDLCが2種類追加で販売されていたり、一部で話題になった兵科間の性能差にも多少のテコ入れが入ったりと、まだまだ旬のゲームです。

地球防衛軍5
9

ずっと前から飽きずにプレイしているゲーム

地球防衛軍シリーズは、プレイステイション2の時代から10年以上続いている人気のシリーズです。私は、初代「THE地球防衛軍」からずっとプレイしています。
プレイヤーは地球防衛軍の一員になって、レンジャーやエアレイダーなどの兵科を選び、大量に襲ってくる巨大な地球外生物と戦うというストーリーです。
初代の頃から、このストーリーは全く変わらないのですが、やはり新しい地球防衛軍が発売されるとなると発売前から楽しみで、とても期待します。
「地球防衛軍5」をプレイしたのですが、一番驚いたのはグラフィックの綺麗さです。プレイステーション4でのリリースということで、PVなども見ていたし、綺麗になるのは知っていたのですが、やはり実際に見てみると、その綺麗さに驚きましたし、動きも滑らかで処理落ちが目立っていたころとは全く違い、ストレス無くプレイすることができました。また、基本的なストーリーはやはり同じなのですが、世界観が違っていたり武器の組み合わせによるパラメーター表示など前のシリーズとは違う点も多いです。また6が発売されるのであれば、迷わず買います。