50回目のファーストキス

50回目のファーストキスのレビュー・評価・感想

レビューを書く
50回目のファーストキス
7

これぞ福田監督のラブストーリー

福田監督のラブコメディとあって、怖いもの見たさのような感覚で視聴しました。笑思っていた以上にコメディ色が強く、安定のギャグ満載。キャストもお決まりの面々も多く、安定感は抜群。特に佐藤二朗と山田孝之の掛け合いは、勇者ヨシヒコがちらついてニヤニヤ クスクスしてしまいました。ムロさんはもはやコメント不要。いつも笑いをありがとう。笑ラブストーリーとしては、原作ありきだからか意外や意外にぐっときましたねぇ。全くの前情報なしに見たから良かったのか、うるっとくる場面も多くありました。ただ福田作品ということもあって、好き嫌い、賛否わかれるのも頷ける気がしました。あの世界観がハマる人にはハマるし、ハマらない人にはかすりもしないんだと思います。他の監督には撮れない独特の空気、掛け合い。自分は好きな方ですが、逆に好きだからこそたくさん見ているので、飽きがきてしまうのも事実。次の作品では、福田監督のもう少し違った一面も見て見たい気がしました。全編通していうならば、長澤まさみが可愛い!とにかく可愛い!!これに限ります。ハワイの綺麗な景色、海辺にとってもマッチしていて、眼福ですね。当方女性ですが、あの美脚はずっと眺めていたいです。笑さらっと見るくらいの気持ちで見れば、意外と心惹かれる、そんな作品でした。

50回目のファーストキス
10

感動だけでなく、面白い

作品名的にはヒロインが寝てしまうとある一定の日の記憶までしか残らなく、毎日同じ日を過ごすという悲しさのある作品というイメージを持ちながら見ました。イメージ通り病気という面で悲しさもありました。しかしその病気に立ち向かうヒロインと、それを支える恋人を中心とした家族、常連のお店の店員などがいました。記憶が毎日無くなっていく中でもヒロインの人生は進んで行って、ヒロインだけが毎朝取り残されてしまう。だけど、そんなことのないように恋人がDVDを作成をし、遂に結婚、出産までになったのです。病気を抱えている人が不幸なのではなく、そう思ってしまうことが不幸なんだ、その病気を抱えた上でどのように過ごしていくかが大切だと考えさせられました。また、日常生活を描いていく中で、それ以上に面白さが多く目立ち映画館でも声を出して笑い出しそうになってしまうこともありました。舞台がハワイだということもあり、とても羨ましかったり、こんな場所で暮らしてみたいという憧れも感じられる作品になっています。またこの作品を福田監督が務めたこともあり、福田組と言われる俳優(山田孝之さん、ムロツヨシさん、佐藤二郎さん)なども出演していました。それぞれの俳優が持ち前の面白さを持っていてそらがすごく発揮されている映画になっていたと感じました。

50回目のファーストキス
10

素敵な話

この映画はハワイが舞台で、主人公は天文学博士を目指しながら旅行代理店で働く遊び人。遊び人なのに星空が綺麗に観れるスポットは秘密だったりするのは以外だと感じました。その遊び人が事故の影響でその日の記憶が寝ると消えてしまう女の子に恋をするお話でその子の記憶がリセットされることを知っても諦めずにアプローチして家族の心も少しづつほぐしていく。それでいて笑いあり、涙ありの感動作品です。笑いあり、涙ありにできるのは純粋なカップルとその周りを引き立てる脇役の存在が大きいからだと思います。最初は50回目のファーストキスという題名から切ない話なのかと思いきやちゃんと笑えるポイントがところどころに散りばめられていました。主人公を演じる山田孝之さんは映画のキャラにぴったりはまり役で相手役を演じる長澤まさみさんもぴったりで脇を固める俳優も個性的な方ばかり。
遊び人の主人公が初めて本当の恋に落ちる場面があり、好きな相手にここまで尽くせるのかと思うくらい甘々な映画でもあると思います。
脇役が盛り上げてくれてるからこその映画が完成するのだと思います。実は映画を観た後に小説でも読みたいと思い、買ってしまうくらいお気に入りの映画です。笑える部分はあまり話していないですがここは聞かずに見たほうが面白さを感じ取れると思います。ぜひ観てください。

50回目のファーストキス
9

笑いと感動あり

CMでは感動して泣ける映画だと思ってました。でも、実際は劇場中が笑いに包まれる場面もあり、見終わった後はどこかスッキリしました。
映画の舞台は常夏の島ハワイ。主人公である大輔は、天文学を研究する傍ら、ツアーガイドとしてのアルバイトをして暮らしている。ある日、大輔は毎朝同じ店で朝食を食べる瑠衣と出会う。二人はまた明日と言って分かれるが、翌日大輔が瑠衣に話しかけると、瑠璃は記憶をなくしていた。瑠衣は交通事故の後遺症で記憶が1日しか持たないのだ。瑠衣は交通事故後、毎日同じ日を過ごしていたのだ。
大輔は瑠衣の父親に反対されるが、毎日瑠衣に会いに行く。とある日、瑠衣は自分が事故にあったこと、後遺症で記憶が1日しか持たないことに気づく。動揺し、泣き続ける瑠衣を見た大輔は次の日と1枚のDVDを手渡す。それは事故の日からの出来事と事故のことを知らせるものだった。
瑠衣は毎朝そのDVDをみて、大輔と会う。そんな中、二人で天体観測に行った先で二人ともうっかり寝てしまい、寝起きの瑠衣と対面。パニックになった瑠衣を家に連れて帰り、父親が落ち着かせている。その時、大輔と弟は夢について話す。大輔の夢は、ワシントンの天文雑誌の研究チームに誘われることであった…。