転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slimeのレビュー・評価・感想

レビューを書く
転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
9

わくわく、楽しく見られます。

サラリーマンの主人公が死んで、気が付くと異世界でスライムに転生していて、もともとチート風なのに、そこから色々あり更なるチートになっていく、というよくあるストーリーです。

小説とコミックとアニメ化で、三度楽しめるようになりました。
主人公のリムルが、たくさんの強者に好かれ、もっとたくさんの弱者に好かれ、そしてどんどん強くなっていく。自分の守りたいものを守るために、時にはヒーローらしからぬ選択をすることもありますが、私は人間味があって好きです。
主人公の見かけに騙されて、横柄で偉そうにしている悪役が、本当の実力を目の当たりにしてビビって逃げていく。というようなシーンも、見ていて気分が良いです。現実にはなかなか起こり得ないことだからこそ、そういうシーンを見るとワクワクします。

また、最初は敵対している人物を次々と仲間にしてしまう、そしてその敵対していた者も、裏で暗躍したり、主人公を騙したりすることなく、心の底から主人公の事を信頼し、主人公のためにがんばろう。という変わり身のはやさも、安心してみていられるので好きです。
子供のころは、ヒーローやヒロインに憧れたりもしましたが、大人になった今は、過剰なドキドキや心理戦を売りとする作品よりも安心して見ていられるものが好きです。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
9

RPGをしたことない人にも楽しめるRPG漫画

平凡なサラリーマンがある日異世界にスライムとして転生しちゃった!転生する時に得たスキルと持ち前の人の良さで、困ってるモンスターを助けていきます。確実に増えていく仲間たちと敵を倒し村をつくり、国をつくり発展させていく本格的RPGストーリー。緊迫感とほのぼのさが、上手く混じりあい、がっつりはまってしまいます。個性豊かなキャラクター設定も素晴らしいです。
この漫画の素晴らしさはストーリーだけでなく、少しずつ進化していく服や建物、料理、モンスターの知識など背景をおっていくのも凄く楽しみになっています。もともとサラリーマンだったスライムが自分の経験をもとに、モンスターの生活を向上させるだけでなく人間との架け橋の役も担っていく姿はファンタジーを越して尊敬してしまうシーンも見所となってます。
また、構成豊かなのは巻末にはいっている数ページの小説。転生して初めての親友になった竜のヴェルドラと、戦いの末に捕食した上位精霊のイフリート。二人が主人公のスライムのリムルの中から観察している所が描かれています。ストーリーを別角度から見て話している様子が非常に面白く、かつ癒されます。RPGならではの、一つのストーリーをクリアする度に進化していくリムルの能力に世界観。ゲーム好きもしない人でも満足いく漫画です!

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
8

主人公が親しみやすい

まずびっくりなのが序盤で主人公が死にます。そして普通の社会人がまさか転生して別世界へ。転生したのはなんとスライムwwwでもただのスライムではないですよ!なんでも吸収してしまうから最強ですよ。そんな最強のスライムですが、主人公は元々人間で頭がいいのでいろんなモンスターや魔王を仲間のしていくんですけど、キャラクターごとの好感度も高く可愛いものからかっこいいものまでいるので男性女性関係なく見れること間違いなしです。しかもキャラクターが仲間のなるまでのストーリが個々で違っていてそこも見どころだと思います。私は特に魔王ミリムが大好きです。見た目は中学生ぐらいですが、戦わせるとマジで強いです。主人公もまともに戦っても歯が立たなかったくらいですからね。他にも魔王はいますがこれからどんな風になっていくかが楽しみで仕方ありません。見どころとしてはバトルシーンも見どころの一つです。キャラクターによって出す技やアクションが違うので毎回楽しみです。名前を付けてもらうことでレベルアップし進化したりもして見た目や出せる技も変わるので主人公には名前を付けまくってほしいですね。ちなみに主人公のスライムは吸収したモンスターの技を使うことや姿を変えることができるのでどんどん強くなります。最終的には仲間みんなを吸収してラスボスを倒すってストーリーになるんじゃないかなって私は考えています。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
8

ご都合主義な下克上がなんとも心地よい作品

ごくごく普通のサラリーマンが事故死して転生したらスライムになっていた、というなんとも奇想天外なスタートをする転生ものですが、魔物でも一番下っ端であるはずのスライムとなってしまった彼が、超ご都合主義な流れでありえないほど強くなっていく成り上がりストーリーは、イマドキのおとぎ話としては良質なのかもしれない。
原作の方も途中までしかみていなくて今はアニメ放映中なのでこちらもまだ途中迄しかみていないけれど、人間の時代の記憶をうまく駆使しながらどんどんいろんなモンスターを束ねていったり、日本人ならではの平和主義を上手に活かしていたり、時には食えないサラリーマン男子の片鱗をちらつかせたりと、見ていて思わずのめりこんでしまいます。
今アニメではちょうど主人公のスライムことリムル・テンペストが自分の名前がついた街と国の長になって、魔族までが参入してしまったところですが、魔族との今後のやりとりがどうなっていくのかというのも気になるし、彼の運命の女性となった転生者のシズさんに関わっていた魔王との出会いはどうなるのか、とか、気になる要素はまだまだ続きますから楽しみは尽きませんね。
なにより、最初に飲み込んだ暴風龍は一体いつ、外に出てくることになるのかというのも気になります。
ちょうど今放映中なのでこれから見ても十分楽しめるのではないかなと思います。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
10

転スラの街に住んでみたい!

この物語は街づくりを中心に進んでいきます。私はスライムがつくるこの街に住みたいなってアニメを観ながらいつも思っています。
みんなが自分のことを忘れて他の人や街のために働く姿は、普段忘れかけている大切なものを思い出させてくれて心がほっこりします。人との繋がりが薄いなって思っていたり、他のグループの人と馴染めない、新しい生活を始めた、という方にはぴったりなのではないでしょうか。
ストーリーの種族を越えた素敵な仲間との生活は必見です。バトルシーンもカッコいいです。仲間が多いのでたくさんのスキルを使うしスライムもどんどん新しい技を取り込みます。技にスピード感があるため見ていても飽きません。主人公が最強なのもスカッとして気持ちいいです!中にはもっと強そうなキャラも出てきますが、闘うのか仲間になるのかこれからの見どころです。そして最後に、見た目が可愛い。スライム状態でも可愛いですが、人型になると、なお良しです。声優さんの声もキャラクターにマッチしていると思います。仲間のキャラクターもイケメン、美女、可愛い系などなど揃っているので好みが分かれそうです。「今日は人のために何かしようかな」って気持ちにさせてくれる優しい物語です。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
7

流行りの転生モノ

漫画とアニメ共に好きな作品。転生モノの作品はたくさんあるけれど、その中でも特に面白い。
前世は平凡な人間だった主人公が転生してチートスキル持ちのスライムになる、ここまではよくありそうな話だが、主人公が冒険する目的がしっかりしていることと、周りの仲間が魅力的なので、毎回安定のクオリティで安心して観れる。中でも主人公が人型になれるエピソードが一番の見どころ。
物語の中でもキーパーソンとなる少女との出会いだが、その少女の存在と過去が今後の冒険の目的となり、主人公の成長の一役を買っている。異世界から来たという点では主人公と同じ境遇である少女だったが、こちらの世界で受けた仕打ちが過酷であり、彼女との別れは今作で一番感動した回であった。

主人公を慕ってたくさんの仲間が増えていくが、増えていく速度と数が尋常ではないため、キャラが覚えきれない、ゴチャゴチャしているところが難点。けれども、仲間にもそれぞれスポットを当てたストーリーがあり、ストーリーが進むにつれ進化したり強力な技を覚えたりと、バトルが飽きないような展開があるのも面白い。チートなスキルを持っている主人公のため、無双展開になるのかと思いきや、様々な障害があってそうならないところが、転生モノの中でも突出して面白い点だと思う。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
8

見ていて気持ちの良い作品です

異世界転生モノの物語です。
タイトルの通り、主人公が転生したらスライムになってしまうという所から物語はスタートします。スライムというと最弱モンスターのイメージがありますが、主人公が転生したスライムはただのスライムではないのです。転生する際にいくつかスキルを獲得しており、それがチートです。
また異世界で最初に出会った生物が『暴風竜』というその異世界でかなり強い魔物なのですが、その竜とも友達になります。そう、この主人公コミニュケーション能力が非常に高く、その後もどんどん魔物や人間と仲良くなっていくのです。
先に書いたスキルのうちの一つ捕食がこれがまた反則級に凄いスキルで、名の通り捕食し、もう一つのスキルの大賢者というスキルで解析する事により捕食したもののスキルをコピーする事が出来るという何とも反則的なスキルを持っているのです。

主人公は最初に出会った友の暴風竜ヴェルドラを捕食する事により膨大な力を得る事になります。
最初はゴブリンの集落を救う所から始まり、そこを拠点に村を作り、村を国に発展させ、魔物や隣国の王、魔王までも交友関係を築き上げていき、どんどん国が栄えて行く様は見ていて面白いです。
また主人公がどんどん強くなる様も見ていて面白いです。
小説、マンガ、アニメ化もされておりますがどれを選んで頂いても面白いのでオススメです。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
10

小説版もアニメもそれぞれがお勧めです。

今やあまりに有名なスライム転生物語。Web版原作と小説とアニメと話の流れとかが違いますが、どれも楽しめます。スピンオフ作品もいろいろ出てきて、転スラワールドのキャラが活躍するので、面白いです。

前世がゼネコン勤務の37才童貞のおっさんの人格のまま、無性のスライムにチートなスキルを持って転生し、静さんを取り込んだ事により、人化も出来るようになりました。
見た目美少女で中身はおっさんのギャップ萌え、アニメ化されてリムルの可愛さはわかると思います。
魔物の名前を付けられると進化するというのも、新しい形です。
影の主役ともいえる大賢者も、相当にユニークなチートスキルであり、スライム生始まってすぐの頃から、自我の芽のようなものを感じますね。
無限牢獄ごと補食したヴェルドラや静さんの聖霊だったイフリートと会話しながら、進化を促してるのは大賢者です。

リムルが、仲間を増やしつつ魔物の国を作り、人間の国とも対等に付き合えるようになっていくんだけど、面白いのは時々出てくるほのぼの系の話です。
リムルの知恵とドワーフ達による日本化する魔物の国、魔物の国メンバーや強者による武道会、テーマパークとしての地下迷宮の話とかです。
リムル以外のキャラもそれぞれがお勧めキャラとか出来ます。私のお勧めキャラは、ゴブタとディアブロです。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
7

スライムかわいい

また転生ストーリーかと期待せずに見始めたが、意外にもと面白い。
まずキャラクターに関しては、ほとんどのキャラクターが素直で単純な設定だが、そこがあえてシンプルでごちゃごちゃしない感じで見やすいと思う。しかし主人公のスライムがチートレベルの捕食者という能力を持っているのが、もう何が起きても捕食して終わりじゃんと思ってしまうから残念。まあ主人公が戦いで勝つのは当たり前かもしれないけど、一応ダンジョンで敵と戦うようなストーリーならもう少しハラハラしたいところ。

ストーリーに関して、初めの方のストーリーは若干ただのほのぼの系で子供むけアニメかと思うほど大したものではない。話が進んで行くと、だんだんと伏線が張られていくが本当にゆっくり。それでも次々に新キャラが登場していくので、ほのぼのしたのが嫌いでなければ、楽しく見ていられると思うので1、2話で見るのをやめないで見てほしい。
個人的には始めスライムは主役とか花がないしつまらなそうと思ってたし転生ものはもう正直飽きていたけど、主人公リムルの頭の良さと性格の良さを見て、新しいなとも思ったし、雑魚キャラと見下していたスライムをかわいいとまで思うほどになった。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
10

タイトルなし

小説、マンガ、アニメ、スピンオフ作品沢山ありますが、私がお勧めするのは、小説家になろうに掲載されていたWeb版小説(原作)ですね。

いわゆる異世界物語が沢山ある中で、これだけ注目されたのは、転生したら人ではなくて、最弱モンスターのスライムだったこと、お決まりのチートなスキルと最初から自我を持つ超チートな大賢者を手に入れて(影の主役ともいえる大賢者、後に名前も持つ)、成長していく物語です。

最初はスライム型だけだけど、擬態を収得して爆炎の支配者こと英雄のシズさんを見送り、取り込んでからは人化もできるようになった主人公リムル。
見た目は美少女、だけどスライムだから無性で、でも中身の基本的な人格は転生する前の《ゼネコン勤務、37才、独身のおっさん》のまま、口調も同じなギャップも面白いです。

異世界転生物語が表紙の顔としたら、裏のテーマは小さい町工場が回りとの軋轢や戦い、和解、さして競争を乗り越え、組織もその都度、人材を適材適所で置いていきます。
小さい町工場から、一つの国へ、それから世界をリードしていく存在にまで高まっていきます。

Web版は、登場人物が多いのです。
私が好きなのは、ホフゴブリンのゴブタ、上位悪魔でリムルに召喚されたディアブロ、運だけの勇者まさゆき、魔王ミリム、もちろんリムルです。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
8

転生モノの新境地

ある日、突然異世界に転生し、新たな人生を生き抜いていく。転生モノには今までの人生ではない、何かを感じさせてくれる魅力があると思います。
そんな様々な作品の中でも、転スラには従来の作品にはない大きな魅力があります。それは転生したら人でなく魔物に転生し、そしてそれが雑魚の代名詞スライムであること!またそのスライムが強い強い!
強盗から身を挺し後輩を庇い、主人公が死んでしまうところから始まります。

しかし、自分の意識が遠のく中、自分の人生を思い返す中で様々なスキルを身につけます。
それは異世界へ転生する転生者が世界を渡るときに得られる能力。
主人公はその世界の声を聞きながら意識を失っていきます。
そして転生し、異世界で彼は目を覚まします。自分が異形の姿となって。
悲観とも言える環境の中でも彼は懸命に生き、そして伝説ともいえる存在と出会うことになる。

と。まぁ、小難しく書くとスタートはこんなんですが、全体的にコミカルに描かれていることからサクサクと読み進めることが出来ます。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
8

とてもいいです

マソが大量に放出されている洞窟で暴風竜ヴェルドラと遭遇した主人公。暴風竜ヴェルドラは、無限回廊に囚われており、長い年月を一人で過ごしていたという。主人公は暴風竜ヴェルドラに話し相手になるよう頼まれて渋々了承する。すっかり仲良くなってしまった二匹。主人公は、そこから出してやりたいと提案するが、大賢者の能力でもその檻からは抜けられずにいた。どうしようかと大賢者に解決策を求めると、一旦捕食者の能力によって暴風竜ヴェルドラを取り込み、無限回廊の解析を大賢者に行わせ、暴風竜ヴェルドラには、中からの破壊を試みてもらう、というものだった。互いに名前を付けあい、ヴェルドラ・テンペスト、リムルテンペストと名乗った2人は、また会おうと約束し、ヴェルドラを吸収する。リムルは洞窟を抜け出し、この世界のことを知ることにした。洞窟を抜け出し、森の中を彷徨っていると、ゴブリンの群れが怯えた様子でリムルを見ていた。リムルはヴェルドラを吸収したことで、大量のマソを放出しており、それに驚いていたようだ。リムルは危害は加えないといい、村に赴くことになる。ここから、ゴブリンの村を拠点とした大冒険が始まろうとしている。

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
10

異世界転生ものNo.1!

この作品はタイトル通り、平凡なサラリーマンが異世界に転生してスライムになってしまったお話です。スライムといえば最弱モンスターのイメージがありますが、とんでもありません!この主人公はチートなスキルを使い圧倒的な強さを見せます。私たちの常識が見事に覆されてしまいました。
見た目は可愛いスライムが、かなり大人な中身をしているギャップはもうなんともいえず!でも少年の様な部分もありとても魅力的な主人公です!ある時を境に人の姿にもなりますが、大変可愛らしいです。読み進める楽しみの1つになると思います。
出会う人達も個性的な人ばかり。人というかほとんど魔物なんですけど(笑)。ゴブリンやオーガ、オークなど聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?あと忘れてはならないファンタジーの定番“魔王”も当然出てきますよ!
主人公が仲間を次々と増やしていくのは王道で読みやすいと思います。シリアスで格好いい戦闘シーンや、ほのぼのとした日常シーンなどわくわくする展開が盛りだくさん!私は漫画から読み始めたのですか、あまりの面白さに小説も買ってしまいました。一切後悔なしです!これほど自信を持って人にお勧めする作品は久しぶりに出会いました!

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
10

転すら 最高!

一般サラリーマンであった主人公・悟だが、後輩をかばうため通り魔に殺害される。その後、異世界に転生。
死ぬ直前に痛くない体になりたいなどと願ったのでスライムになってしまった。転生された洞窟を進んで行くと、その世界で最強とうたわれている竜、ウェルドラと出会う。最強だから堅苦しいというわけでもなく、とてもピュアなおじさんみたいな感じであった。意気投合した二人は、勇者によって閉じ込められていたウェルドラを解放してあげようと、取り組む。そして、それから、ウェルドラからもらった「リムル・テンペスト」と名乗ることになる。
洞窟を出た後は、ゴブリンと出会い、配下を増やしていく。この世界では魔物に名付けをすることにより、能力が格段上がり、ゴブリンの場合、ホブゴブリンや、ゴブリナへ進化する。それが、転すらの魅力のひとつでもある。今後ももとから強い魔物に名前をつけることで、さらに強きなっていくところが大変引かれる。皆、リムルに忠誠を誓っているため、とても楽しい毎日を過ごしている。
原作はライトノベルであり、漫画の方では、キャラがかっこよく、とても美しい。原作を忠実に再現していて、漫画独自のオリジナル性も良い。是非読んでほしい

転生したらスライムだった件 / 転スラ / That Time I Got Reincarnated as a Slime
10

読書大好きだけれど、普段漫画を読まないしゲームもしない私がはまってしまった…

私は子供のころから読書が大好きです。絵本から始まり、児童書、児童文学、外国文学、ライトノベル、現代小説、とにかく文字がびっしり書いてある本ばかり読んでます。その派生で大人になってから映画もよく観るようになりました。
そんな中、漫画を読むようになったのは旦那さんとレンタルショップの充実が影響しています。基本的には小説(文庫本)の所蔵はありますが、漫画は小学生のころまでしか読んでいませんでしたので旦那さんの本しか家にありません。なので、この本を手に取ったのもそんな旦那さんセレクトによるものでした。

第一印象:絵がきれい!そしてスライムって…なにかのゲームだったよね?

こんな感じ。それ以外わからなかった。ゲームもしないんですもん。某ゲームの敵キャラくらいの認識しかほんとにありません。そんな私が1巻読んだだけではまってしまいました。
作品は「もし○○だったら…」という発想で、自分がスライムに転生して、実際に目の前にこんなことが起こったらこんな行動したよ~という話なんですけど、それが本当に面白い。面白いのはもちろんだけど慈悲深い、日本人らしいスライムの振舞いがとても好き!!
ゲームしたことない私でも、スライム=雑魚キャラな認識はあります。それを逆手にとってこんなに面白いのに考えさせてくれる作品を作ってくれた原作者さんと漫画絵師さんに感謝。そしてもっと続きが読みたい、子供から大人まで楽しめる作品だと思います。