BANANA FISH / バナナフィッシュ

BANANA FISH / バナナフィッシュの関連記事

BANANA FISH(バナナフィッシュ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BANANA FISH(バナナフィッシュ)』とは、1985年〜1994年に『別冊少女コミック』に連載された吉田秋生によるバイオレンスサスペンスである。1980年代のニューヨークを舞台に、バナナフィッシュというドラッグをめぐる、ストリートキッズ、アッシュの戦いを描く。ハードな抗争を繰り広げる一方、孤高に生きてきたアッシュが英二との友情を通して人間らしさや愛を覚えていく姿が描かれている。かねてより名作として人気を博していたが、2018年に吉田秋生40周年プロジェクトでアニメ化され、人気が再燃した。

Read Article

海街diary(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『海街diary』(うみまちダイアリー)とは、『月刊フラワーズ』にて2006年から連載されている吉田秋生による漫画、及びそれを原作とする映画である。外に女を作り出て行った父と、それにショックを受け新たな男を作り家族を捨てた母親。そんな両親を持つ三姉妹が父の訃報をきっかけに腹違いの妹・すずと出会い、絆を深めながら生き生きとそれぞれの人生を生きていく様が鎌倉を舞台として叙情的に描かれている。

Read Article

BANANA FISH(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BANANA FISH』とは、吉田秋生による漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。 ニューヨーク。整った容姿と、卓越した戦闘力を持つ少年・アッシュ・リンクスは、17歳にしてストリート・ギャングをまとめ上げていた。ある夜、アッシュは銃撃された男からある住所とともに「バナナフィッシュ」という言葉を伝えられる。時を同じくして、カメラマンのアシスタントとしてやってきた日本人の少年・奥村英二と出会う。男から渡されたものを切り札に 二人は“BANANA FISH“の謎を追い求める。

Read Article

BANANA FISH(第1話『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』)のあらすじと感想・考察まとめ

ニューヨークのストリートギャングを束ねるアッシュ・リンクスはある日銃撃された男からある住所と小さなロケットを渡され“バナナフィッシュ”という謎の言葉を聞く。そんな中、取材のアシスタントとして日本からやってきた奥村英二と出会う。オーサーはマービンと結託してスキップを誘拐しアッシュをおびき出す事に成功する。 今回は「BANANA FISH」 第1話『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article