ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAOのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
8

ソードアート・オンライン(SAO)

私がソードアート・オンラインを知ったきっかけは、3年ほど前に友人から借りたゲームからでした。
それまでは名前しか知りませんでしたが、実際にやってみると世界観にハマり、アニメや小説にも興味を持つようになりました。
ソードアート・オンライン(今後はSAO)は、VR MMOというフルダイブ技術を使用したゲームです。そのゲームでは実際にゲームの世界に入ることができるというものです。
しかし、そのゲームは開発者によってログアウトが出来ないようになっており、ゲーム内での死亡が現実世界の死亡に繋がるという状態になっていました。
その世界に囚われた少年少女を描いています。…というのが初めの物語です。
その先の物語は、他のゲーム世界でそれぞれ起こる事件の解決や、完全な仮想世界での物語を描いています。
私がこの作品に魅力を感じた点は、将来的に現実でもこのような世界になっていくのではないかという理想があったからです。
最近VR技術の発達により、より身近にこのような世界を体験できるような気がして仕方がありません。
この作品には様々なキャラクターが存在しており、各キャラクターにそれぞれ魅力があります。
普段ゲームを良くする人や仮想世界というものに興味がある方は、ハマっていくと思います。
興味が有ればぜひ見てみてください!

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
9

次世代ゲーム

次世代ゲーム《ナーヴギア》の仮想世界へのフルダイブが実現しました。
世界中から注目を浴び、主人公のキリトも仮想世界を満喫していました。
SAOの開発者から全てのプレイヤーたちに『このゲームはクリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは死を意味する』と宣言されます。
これまでゲームオーバーになったとしてもすぐに帰ってこれましたが、ゲームオーバーになった時点で現実世界の自分が死んでしまうということが起きました。
開発者を倒せば現実世界に戻れます。
そこで主人公のキリトが開発者を探すためにソロで旅をします。
最初はチームを組んでいたのですが、キリトのレベルは桁違いに高く、組んでいるチームにうそをつきます。
チームとダンジョン攻略に行ったときに、レベルの高いモンスターに出会います。
キリトは必死にチームメイトを守ろうとしますが、一人、また一人とゲームオーバーになっていきます。
そこで優しかったサチまでゲームオーバーになり、なくなってしまいます。
それからはキリトはチームを組まず、ソロで動くようになりました。
キリトは開発者にたどり着き、開発者を倒し、現実世界に戻れるのか。
恋愛ストーリーも充実していて、きゅんときます。
ぜひ見ていただきたいと思います。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

バトルシーンがかっこいい

原作は川原礫先生のライトノベル。公式の略称はSAO。
1期前半はアインクラッド編。
舞台設定は2022年のVRMMORPGの世界。
1000人のユーザーがゲーム世界に閉じ込められてしまう。
ログアウトする方法はSAOのゲームの最終ボスを倒す以外になく、ゲーム中HPが0になったら現実世界の自分も死んでしまう。ゲームであってゲームでない、デスゲームが舞台のアニメ。

設定がシンプルで分かりやすい。
デスゲームなので主人公のキリトが葛藤しながらもさまざまなプレーヤーと協力し助け合いながら必死にゲームクリアを目指すのは見ていてハラハラドキドキする。

ゲーム世界が舞台なだけに、ボスとのバトルシーンは見ごたえがあってかっこいい。
ボス戦は何回かあるがどれもハラハラさせられた。
ヒロインのアスナも可愛いし、登場するキャラクターが全員魅力的。
ラスボスは予想外の人物が登場する。

バトル、恋愛、ヒューマンドラマ、シリアス、コメディを含んだ内容になっていてとても面白い。

後半はフェアリィ・ダンス編
舞台はアインクラッド編から2か月後のVRMMORPGアルヴヘイム・オンラインの世界。

SAOを見事にクリアに導いたキリトは現実世界に帰還するが、ヒロインアスナを含む300人が帰還していない。ひょんなことからアスナがVRMMORPGアルヴヘイム・オンラインの世界に囚われていると知ったキリトはアスナを助けるためにゲームにログインして奔走する。

今回の舞台アルヴヘイム・オンラインはSAOと違いデスゲームではない。
ゲーム設定もプレイヤーが妖精で空を飛べたり、魔法を使えたりファンタジー色が強い。
新ヒロインのリーファが登場してキリトをサポートしてくれる。

フェアリィ・ダンス編はただキリトがアスナを救出するためにめちゃくちゃ頑張る話。
アスナと再会シーンは感慨深いがフェアリィ・ダンス編のボス的位置のオベイロンが気持ち悪い。

SAOはバトルアニメが好きな人、恋愛要素が欲しい人は楽しめる。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
7

王道作品

このソードアートオンラインは、どういうゲームかというと、レベルは存在せず、完全スキル制。しかもスキルは戦闘系だけじゃなく、料理スキルや釣りスキルと言った、生活系スキルも存在する。この時点で、マスターオブエピックというオンラインゲームを連想された人が多かったようです。
もう1つの特徴は、魔法というのが存在せず、手にした武器のみで戦う事。防具や盾、そして回復アイテム等は存在する。この魔法が使えないというのも、敵と接近戦を行う為、緊張感が出て人気が出た要因の1つだと思っています。
ゲームの特徴はこのぐらいで、次はログアウトの方法も用意されている事。それはこのゲームのアインクラッドと呼ばれる最上部第百層のボスを倒せば良いというもの。最初の方では、ベータテストに参加していた人達がゲーム経験者という事で、みんなで力を合わせて帰還(ログアウト)しようと考えていたが、プレイヤー1万人もいたら、全員をまとめる事なんて無理。そういう人間的な部分もこの作品には大きく出ていて、ご都合主義の作品とは違うのも、観ている人を楽しませてくれた。
攻略組という、クリアを目指す人があれこれと考え、みんなで第一層のボスを倒そうとするが、ボスの攻撃パターンも強さも違うという事が分かった時には、攻略組のリーダーっぽい人が死亡。その後は主人公キリトとヒロインのアスナが見事なコンビでボスを倒し、ボスを倒す事で特殊アイテムが貰えるのだが、そこはあまり描かれて無く、2話で「そういうのがあるよ」的な感じで出ていただけだった。しかしボスを倒した事によって、その場にいた周りの人からは見殺しにしたとか言われ、キリトがソロプレイヤーの道を行く事を決意。ストーリー展開はテンポ良く進み、1か月後とか数か月後とか、無駄を省いている感じで、見ていて疲れませんでした。
最終的にはゲームマスターがゲームにも参加していて、最強ギルドのギルドマスター(団長)がそれだと分かり、自分に勝てたらゲームクリア扱いにするという団長の提案に乗り勝利。こうして生き残った人はログアウトする。その後は、ゲーム内で一緒に戦った人とリアルでも出会って仲良くしたり、新しい情報を入手し後半へ。一緒に戦ったアスナが、別のゲーム世界で囚われているような写真を見せられる。戦いの舞台は次のゲームへ。今度はデスゲームでは無く、普通にログアウトが出来る上、魔法も使える。だけど、アインクラッドで死闘を共にした仲間が全然出て来なくなって、結局キリト一人で解決するみたいになった辺りから、面白さが低下していく。それと、アインクラッド(デスゲーム)をやっている最中に拾ったAI(人工知能)が、他ゲームでも適応されるというのも、段々とご都合主義っぽくなってきたかなと思いました。実際、そのAI(ユイ)のお陰で、アスナを助けられたし、一般プレイヤーより活躍もしています。1話が最高潮だと思った理由は、何の優位性も無く、いきなり死んだらデスゲームと告げられ、緊張感溢れる物語が始まったからだと思っています。それでも全体を通してみると、面白い作品だったので、オススメです。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

このアニメに出会って

私は人気であるソードアート・オンラインを最初は見ませんでした。みんなが人気で騒いでいたからです。しかし、彼氏に誘われ見てみました。
デスゲームであるソードアート・オンラインの世界に入ったキリト。色々な人と出会って色々な経験をしていきます。アスナに出会い恋をします。失恋する子もいます。ゲームの世界であるのにも関わらず、約束を守るや命の大事さをアニメに表していて、改めて自分の生きている意味を強く感じました。
私がそのソードアート・オンラインの中で一番好きなキャラクターはソードアート・オンラインⅡで出てくるマザーズロザリオ編のユウキというキャラクターです。ユウキは明るく元気で絶剣という名も持っています。ユウキたちのパーティは寿命、長く生きれない人達が居るパーティーでした。ユウキもその1人でした。アスナたちと出会ってどうしてもダンジョンをクリアしたいシーンではとあるパーティとぶつかります。その時にユウキの名言があります。「ぶつからなきゃ伝わらないことだってあるよ。例えば自分がどれだけ本気なのかとかね」私はこの言葉に衝撃を受け心に響きました。
恥ずかしながら私は伝えることが苦手でした。親にもあまり言わない人でした。しかし、ちゃんと自分のしたいことや気持ちは伝えなきゃいけないのだと改めて教えられる内容でした。私はソードアート・オンラインに出会い色々なことを教えられました。私は神アニメだと思っていますし多くの人に見てほしいと思います。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

これはゲームであって遊びではない

皆さん、仮想空間にあこがれたことはありませんか?僕はあります。あー、世界がもっとこうであればいいのに、ゲームの世界に自分が世界での死とイコールでまさにキャッチフレーズのようにゲームであって遊びではないんです。ログアウトする方法はダンジョンに入り、第100層のボスを倒すことのみでした入れたらいいのになと何度夢みたことか。そんななか、その夢をもっと広げてくれたのがSAO(ソードアートオンライン)でした。主人公の桐ケ谷和人(キリト)は茅場昌彦が作り出したフルダイブ型MMOゲーム、ソードアートオンラインを運よく手に入れることができました。そして待ちに待ったサービス開始とともにログインして遊んでいるといつの間にかメニューボタンからはログアウトボタンが消えており総勢10000人のプレイヤーがゲーム内に取り残されてしまいます。ログアウトの条件はこのゲームのクリア、つまり100階層あるダンジョンすべての攻略でした。そしてこのゲーム内での死ぬことは、現実世界での死とイコールなのです。まさに、キャッチフレーズとゲームであって遊びではないなのです。ソードアートオンラインの面白いところは、まず第一にキリト君がめちゃくちゃ強いところです。どんな敵にも負けず、なにより一人でダンジョンの最前線に潜り込んでるんです。要するに、オレ強系です。第二に、キャラクター一人一人違う個性、違うストーリーがあってとても感動できたりできます。これまで見てきた中で一番面白かったアニメなので、ぜひともおすすめです。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

ソードアートオンライン、おススメアニメです!

私がおススメするアニメは「ソードアートオンライン」です。百聞は一見に如かず、で、一話見ればその面白さがすぐにわかると思うのですが、できうる限り面白さをお伝えしたいと思います。
設定は近未来、バーチャルリアリティー技術の進化で、ゲームが現実のように体感できる世界で、ゲームの中に閉じ込められた主人公たちが現実へ戻るために戦いはじめるというストーリーです。
ゲームで死ぬと現実の自分の命も終わってしまう、そんな危機的な状況の中で、勇ましく戦いはじめる主人公はカッコいいです。また、タイトルの通り、剣で敵を倒していく姿はアクションアニメとしても楽しめるクオリティです。
ヒロインを含め可愛い女の子がたくさん出てきます。とくにヒロインのアスナは可愛くて強くて料理も上手という、女性でも憧れるような素敵な女の子です。
話はバトルばかりではなく恋愛やほのぼのとした話、泣ける話や謎解きのお話もあって、次々に面白いお話が出てきて、見ていて飽きることがありません。ソードアートオンラインは本編の続きやスピンオフアニメなど、沢山の関連作品があるので、気に入ったら色々見ると面白いですよ。とってもおすすめなアニメなので、ぜひ見てみてください。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

ゲーム経験者の夢

ソードアート・オンライン、通称SAOはフルダイブ型のVRを装着してゲームの世界に入るところから物語が始まります。VRというものが開発されてからゲームに対する夢が広がった中、このアニメは、完全に自分がゲームの世界の中に入るというさらなる大きな夢が実現されています。βテストのときからSAOをプレイしていた主人公のキリトは周りプレイヤーよりも強く、仲間達からも頼られる存在です。一般への販売が開始した当日からゲーム開発者によってキリトはじめプレイヤーたちはSAOの世界に閉じ込められてしまいます。そして、普通ならゲーム内で死んでもまた生き返ることができる中、このゲームでの死は現実での死も意味するようになります。主人公のキリトは自分の能力を活かし、ゲームの世界から脱出するためにゲーム攻略を様々な仲間達と目指すことになります。ゲーム攻略までには、パーティの仲間、パーティでなくとも共に戦ってきた仲間の死にも直面することになります。その悲しみを味合わないためにパーティを組まずソロでプレイしていくことを選ぶキリトでしたがゲームの中愛する人を見つけ、その愛するアスカと共にゲーム攻略を目指します。このアニメはゲーム経験者の夢が詰まったアニメと言えるでしょう。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
9

SAOの魅力

この作品はライトノベル作品から始まった作品である。今では、アニメ化、ゲーム化、グッズ化と幅広い分野で活躍しており、その熱狂ぶりは日本だけでおさまらず海外でも人気となっている。

主人公キリトこと桐ヶ谷和人が、VRMMORPGというゲームをプレイするところからこの物語は始まる。このゲームは仮想現実空間によるゲームで多大な人気となるゲームのはずだったが、ゲームマスターにしてSAO開発者である茅場晶彦がプレイヤーたちの前に現れ、このゲームからログアウトつまり現実世界へは戻れないことを告げる。戻る方法はただ一つ。このゲームの舞台となっている浮遊城アインクラッドの最上部100階にいるボスを倒すしかない、しかもこのゲームの中で死んでしまえば現実世界の自分も死ぬことになると告げられプレイヤーたちは動揺する。そんな中、このデスゲームを1人でも立ち向かおうと決意し始まりの街からキリトが旅立っていくところから子の物語は始まった。その後もキリトはクリアするのだが彼の戦いはここだけではなくいろんな舞台においてたくさんの敵に立ち向かいそれは今現在も続いている。SAOは映画化もされ今はアニメ3期も放送中でその勢いがとどまることを知らない。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

近い未来現実になるかも

西暦2022年が舞台となっており、VRMMORPGのSAO(ソードアート・オンライン)がサービス開始され、約一万人が完全なる仮想空間を満喫していたのが今作品の舞台となっている。現在さまざまなメディアに進出しており、様々なファンに支持されている作品の一つである。西暦2022年が作品の舞台となっていることにより、今現在の少し先の未来のことを描いている。そのため近い未来こうなったらいいなという希望的観測も含まれている部分もあり、私自身も西暦2022年に関わらず、近い将来今作品のことが現実世界で起こらないかなと思っています。

今作品のストーリーは、主人公のキリトがVRMMORPGのソードアート・オンラインをプレイしていたとき、突如ゲーム中にログアウトの項目が消え、仮想現実から現実世界に戻れなくなってしまい、現実世界に戻るためにはSAOをクリアしなければ帰れないというもの。

当時は仮想現実が舞台となっている作品は数多くなく、現在のアニメ作品やラノベなどの仮想空間のブームを作り出したともいえる作品である。
幼少期にゲームなどをプレイしわくわくしていた気持ちがこのアニメを視聴し再び得られ、そしてそう遠くない未来に現実になる作品だと思います。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

最強の主人公

このアニメはゲームの世界、仮想世界を題材としたアニメで、突如としてその仮想世界が茅場晶彦というプレーヤーに乗っ取られてしまい仮想世界からログアウトできなくなり、それだけではなくゲームの世界で死ぬと現実世界の自分も死ぬということを宣言される。この世界から脱出するには仮想世界でのゲーム、ソードアートオンライン(SAO)をクリアしなければならないという。主人公は桐ヶ谷 和人(キリト) 結城 明日奈(アスナ)でこの二人仮想空間の中で出会いゲームクリアを目指しつつ次第に惹かれあい恋人に発展していく。大抵はクエスト攻略は複数人で行うものだが、キリトはその実力、そして過去の出来事があり1人でクエスト攻略を進めていた。キリトの実力は他のプレーヤーの倍近いレベルにまであり、服装が全身黒だったため黒の剣士と呼ばれていた。そしてもう一人の主人公アスナはSAOでは最強のギルド「血盟騎士団」の副団長であり「閃光」と渾名されていた。2人が出会ったのはクエストのボス部屋でそこからの2人の活躍は見ものであり、また恋愛面のほうも様々な女子や男子が登場し幅広い層から喜ばれるアニメとなっている。個人的に主人公が最初から強いアニメがいい、主人公がかっこいいアニメがいいという方に非常におすすめなアニメです。

ソードアート・オンライン / Sword Art Online / SAO
10

近い将来出てくる技術を使って描いた、感動できるアニメーション

ソードアート・オンラインは、声優の松岡禎丞が演じる主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が、ソードアート・オンラインというゲームに閉じ込められ、他のプレイヤーと共にゲームのクリアを目指し、現実世界に戻ろうとする内容を描いた作品です。このゲームは、HPが0になると現実世界の自分も死んでしまい、戻れなくなってしまいます。
主人公のキリトと、ヒロインのアスナこと結城明日奈との関係や、他の主要キャラクターどの関係が描かれており、そこが魅力のひとつです。最終的には、キリトがラスボスを倒し、現実世界に戻ることができたのですが、このゲームの犠牲者は多く、無事帰還できた者もずっとゲームの中に閉じ込められていたため、現実世界の身体は寝たきりの状態でした。そしてリハビリを経て、徐々に現実世界に復帰していきます。ゲームの中で生まれた友情や恋心は現実世界にでも継続されております。このゲームはここまでで一旦終了しますが、物語は現実世界に戻ってきても続いており、別のゲームでも問題が発生し、その問題を解決するためにキリトたちが頑張ります。最終的には、どの話しも最初のソードアート・オンラインのゲームに繋がっており、そのゲーム内で起こったことがきっかけで物語が進みます。
キャラクター同士の友情や恋心の変化が楽しめる作品ですが、最新の科学技術に関わる内容もたくさん出てくるので、すごく興味深い作品であると思います。