聖剣伝説3 / Seiken Densetsu 3

聖剣伝説3 / Seiken Densetsu 3のレビュー・評価・感想

レビューを書く
聖剣伝説3 / Seiken Densetsu 3
7

タイトルなし

1995年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたスクウェア制作のアクションRPG「聖剣伝説」シリーズの第3作です。

「マナ」の剣を狙う悪しき存在によって6つの大国が戦争状態に陥り、運命の翻弄される6人の主人公がやがて世界を救う冒険に出る流れです。
本作は主人公が6人設定され、プレイヤーはその中から3人までを開始前に選び、その3人でパーティを組んで冒険を進める形になります(選択されなかった主人公達もストーリーを進める毎に登場し、さまざまな形でパーティを助ける役割になる)。選択した主人公によってストーリーが異なる展開となり、結果物語の終着点やラスボスの存在も3通り存在する「トライアングル・ストーリー」と呼ばれるものとなっていて、本作の最大の特徴とも言えます。
戦闘は前作「2」と同様ターン制ではなく操作キャラを直接操作して武器で攻撃・または魔法や必殺技を選択して発動させるアクションRPGと呼ばれるものとなっています。また、特定のレベルのに達するとより上位のランクに強化できる「クラスチェンジ」や、所謂月曜日から日曜日までの1週間の設定がゲーム時間内にも存在し、それぞれの曜日だと特定の敵が強化するなど細かい演出も多いのが特徴です。
発売からかなりの年月が経っていますが、キャラクターやゲームシステム等今でも熱狂的なファンが多い作品です。

聖剣伝説3 / Seiken Densetsu 3
8

スクウェア スーパーファミコン用ソフト 聖剣伝説3

1995年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売されたSFC用ソフトで、ジャンルはアクションRPGです。人気は今でもあり、現在もネットオークションではスーパーファミコンソフトながら最低価格が1,000円近くあり、高いものでは中古品でも5,000円近く値のつくものもあります。2017年にNintendo Switchの聖剣伝説コレクションに収録されて販売されています。
ゲームスタート時に、6人のキャラクターから主人公と仲間2人を選び、マナの枯渇に瀕する世界を救う物語です。主人公はマナの聖域からやってきたフェアリーと出会い、マナの剣を抜くために世界を回り、精霊たちと協力しながらマナの聖域にてマナの剣を抜きます。主人公によってオープニングイベントの流れと最終ボスは変わりますが、大まかなストーリーは大きく変わるわけではなく同じ流れでゲームは進んでいきます。
「クラスチェンジ」システムでキャラクターを強化することにより、独自性のあるパーティ編成を作り出すことが出来ます。各キャラクターは光タイプ、闇タイプにの戦士になりますが一度決めたら戻すことは出来ないです。
それでも工夫次第ではゲームをクリアできますので、おすすめのタイトルです。