りゅうおうのおしごと! / The Ryuo's Work is Never Done!

りゅうおうのおしごと! / The Ryuo's Work is Never Done!のレビュー・評価・感想

レビューを書く
りゅうおうのおしごと! / The Ryuo's Work is Never Done!
8

九頭竜八一と幼女達のイチャイチャ将棋アニメ!

16歳という若くして竜王という将棋界のタイトルホルダーの九頭竜八一のもとに9歳の雛鶴あいという可愛い女の子が、弟子になりたいと八一のもとに押しかけてきてきます。最初は自分には弟子なんてと思っていた八一ですが、あいの将棋の才能を見出し、弟子入りを許可します。そんな時八一の姉弟子の空銀子という女流棋士では二冠のツンデレ女子が八一の部屋を訪れてあいにメロメロになった八一に嫉妬し、犯罪者扱い(笑)そんなうらやましい場面を経て、八一の師匠である清滝剛介に相談しに行きます。あいのことは清滝には話が通っていたみたいで、弟子にしてもいいといいんじゃないかと言います。しかしあいのご両親が八一のもとにやってきて、あいの弟子入りをやめさせようとします。しかし、八一はあいの将棋の才能はタイトル取れる女流棋士になれると説得します。あいの母親が八一の年齢やこれまでの弟子を育てた経験などを聞いてきて、経験の浅いあなたに才能なんてわかるのか?と説いてきます。八一は、確かに自分はまだ未熟な部分はあるが将棋界には研修会というものがある、そこでもあいの才能を育てられると説明します。それに対して、母親は研修会に入るための試験で三連勝したら将棋を続けていいと条件をだし、あいは研修会の試験に挑みます。あいは研修会で2連勝するも銀子に敗れてしまい、母親に約束だからと将棋をやめさせようとします。しかし、八一は土下座し、母親に訴えかけ、許可してもらうことに成功します。こうしてあいは正式な内弟子となります。

りゅうおうのおしごと! / The Ryuo's Work is Never Done!
8

タイトルなし

『りゅうおうのおしごと』とは、主人公が「竜王」という将棋のタイトルを取った所から始まります。そのタイトルを16歳で取ったがために周りからの圧力、プレッシャーに押されてタイトルを取ったばかりなのに10連敗してしまう。そんな時、一人の少女が主人公の家に来て「弟子にしてください。」と頼みにきた所から物語がスタートする。
弟子はとてつもない才能の持ち主で、将棋歴1か月なのに600手詰めを頭の中で行うということができ、将棋において終盤戦において女性の棋士のなかでもずば抜けた才能を発揮し、弟子になってから半年で女流棋士になってしまったのだ。
主人公も弟子の活躍ぶりを見るにスランプが直り名人と竜王のタイトルの防衛戦挑み最初は3連敗してしまい、主人公の得意戦法も破れてしまい、ピンチ陥ってしまう。しかし、主人公は諦めずそこから4連勝をしなんとか竜王のタイトルを保持する。アニメでこの熱い場面がカットされてしまっているのが非常に残念だが、12話全体を見て将棋の良さが伝わる非常に良い作品だと思う。
すこし、アニメりゅうおうのおしごとからはなれるのだが、web上で作者が同じのりゅうおうのおしごとの外伝もあるので、是非そちらも読んでみて欲しい。彼らの日常が見れる実にいい作品になっているので本編を読んだ・視聴しかたには楽しめる作品になっています。

りゅうおうのおしごと! / The Ryuo's Work is Never Done!
9

ロリコンものと思ったら熱い展開だった

この冬からアニメ化されたライトノベル。「16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。」という、ロリコンホイホイ的な入り口に敬遠していたのだが、『このライトノベルがすごい!』で2年連続受賞となったのを機に手に取った。
これが、早く読まなかったことを後悔するレベルの面白さ。笑えて、泣けて、アツくなるガチ展開の将棋バトルだった。やはり『のうりん』の白鳥士郎最新作で、監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』が付いており、中身がちゃんとしている(ちゃんと棋譜も出てくる)のは大きい。
登場人物の名前が難読ばかりなのはちょっと苦笑してしまうが、キャラクターは立っていて面白い。特に、原作1巻から原作5巻までずっと伏線を張っていたある人物のネタばらしには驚かされた。
アニメの方は原作をとにかく早く消化しようとしているのか駆け足気味の展開なので、原作を読んでいないと分からない演出が多いのが残念。逆に言うと原作を読んでいればかなり面白いので、原作を読んでからの視聴がオススメ。
なお、正ヒロインは“浪速の白雪姫”こと空銀子。これは譲れない。

りゅうおうのおしごと! / The Ryuo's Work is Never Done!
8

萌え要素ありの熱血将棋アニメ

将棋アニメということで取っ掛かりにくい印象があるかも知れませんが、萌えアニメ路線も含まれており、3月のライオンとはまたジャンルの違ったものとして楽しめる内容になっているかなと思います。声優陣も豪華ですので、それだけでも見る価値はあるかと!
原作に比べアニメでは省略されてしまっている箇所が目立ち、キャラの掘り下げには残念な点が見受けられましたが、大筋に関してはまとまりよく原作より取っつきやすい印象を受けました。
ヒロインの小学生は金沢弁で、そこがまた可愛いですね。
将棋の話もかなり熱く、師弟関係にフォーカスした内容もあり、テンポよく視聴ができています。
キャラの良さだけではなく、いち将棋アニメとしてもリアルな設定で楽しめる内容。オススメです!