しろくまカフェ / Shirokuma Cafe

しろくまカフェ / Shirokuma Cafeのレビュー・評価・感想

レビューを書く
しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
7

しろくまカフェ

シロクマとパンダとペンギンが織りなす日常の物語です。
娘が気に入り全巻借りてきて、つられて家族で見ています。動物たちの世界を擬人化している面もあるけれど、飽きっぽくてふんわりしたパンダさんとなんでもできるシロクママスターと人まねの得意なペンギンたちが、いろいろな友達と絡むのが面白いです。どこかくすっと笑えたり、たまにジーンとしたり、たまに意味不明な話だけど見て飽きないのがいいです。普通にない動物園の面白い特徴が描かれているのがいいです。
大人から子供までのんびり楽しめる作品です。10巻借りてもすべて少しずつ違うし、それぞれのキャラクターの特徴を細かく描いていてそれを見るのが楽しいです。娘は小さい頃あまりこういうのが見たいと言わず、大人になってから楽しい作品を見つけるのがうまいことを発見しました。
あまりにのんびりとした作品でつい寝てしまいますが、でもどこからでも見られるのがいいです。始まるときの曲が変わっていてそれも優しい感じです。パンダ家族は、どこか天然で暢気な感じです。家の中でこういうのんびりしたものを見られて今の時期を乗り越えられそうです。

しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
10

「クリスマス計画」

今日は、12月24日のクリスマス・イブ。パンダくんは今日もだらだらしているところ、パンダママに掃除機で吸われていました。妹のパンダ妹こと「メイメイ」は、半田さんに自分のかわいい写真をプレゼントしようと、浮かれていました。ところが、パンダくんに自分の写真の方がいいと提案されてしまいます。メイメイが却下して喧嘩になったところ、パンダママが「喧嘩するくらいなら、お母さんの写真を送っておきなさい」と…。パンダくんとメイメイが「えー、お母さんはかわいくないよ」と言うと、とうとうパンダくんとメイメイが同時に掃除機で吸われてしまいました。メイメイが掃除機で吸われたのは初めてです。パンダくんがしろくまカフェに行くと、しろくまカフェはクリスマスの飾りでいっぱいでした。テーブルではラマさんと初登場のアルパカさんが、自分の毛でマフラーや靴下などを作っていました。ところが、パンダくんはアルパカウールの方しか興味が無かったようでした。とほほのラマさんです。この回の見所は、掃除機で吸われるメイメイの「あー、吸わないでー」という展開がとてもかわいいので、オススメです。この回を観ていた自分は、パンダくんが掃除機で吸われている様子が好きなので、いつも注目しています。観ただけで癒やされてしまって…もうたまりません。

しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
10

「パンダくんパンダじゃなくなる」

このアニメは2012年に放送されていました。物語の世界観は、最初からパンダやペンギンやいろいろな動物がスマホを使ったり、バイトをしたりして、普通に人と会話をしたりしているほのぼのした物語になっています。その中で、ほんわかした回が「パンダくんパンダじゃなくなる」です。ある日、パンダくんがしろくまカフェで「僕、明日からパンダじゃなくなるんだ」とポワーンと言いました。そばにいたしろくまくんは「へー」と流すように言いました。そこは流すところじゃない!とつい心の中で突っ込みを入れてしまいました。次の日、パンダくんはアナグマコーナーでアナグマをやっていました。ところが、すぐ眠くなって、居眠りをしてしまいました。パンダくんは「だってここ暗いし、日の当たらないパンダはパンダじゃないよ」とまたポワーンとした言い方で言いました。次はラッココーナーでラッコをやってみます。同僚のラッコさんが「ハマグリ割ろうか」と。パンダくんは、お腹に乗せた石でハマグリをコンコンとやると、「割れないよ」。もう少し強くコンコンとやってみると、「お腹痛いし、ラッコさんのお腹で割らせてよ」とラッコさんは呆れてしまいました。次にラマコーナーでラマをやってみると、ラマの場合2人いないとできないので、飼育員のきりのくんがラマの下半身をやっていました。今度は、パンダなのに飼育係をやることになりました。パンダくんは他の動物に掃除させといて、自分は事務室でパソコンを見てていました。飼育員の半田さんが注意すると、パンダくんは「いやー、忙しいよ電話切ったりパソコンを開いたり」と、お仕事をしてるように言いますが、お仕事をしているとは言えませんでした。今度は園長もやろうとパンダくんは考えていました。この回を観ていた自分は、パンダくんがアナグマをやったり、ラッコをやったり、飼育係をやっているところがかわいくて、観ていた自分もパンダくんみたいにポワーンとなってしまいました。さすがに、園長までやろうとしたパンダくんはあまりにも何でもありすぎかなと思いました。

しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
10

「ペンギンにもいろいろあるよ」

しろくまくんとパンダくんとぺんぎんさんは休日の日にウォーターランドで遊ぶ予定でした。ぺんぎんさんが来ると、皇帝ぺんぎんのひなも登場しました。その後、皇帝ぺんぎんと似たペンギンも登場しましたが、皇帝ではなく、キングぺんぎんでした。皇帝とキングは仲が悪く、いつも険悪でした。逆にひなの方は、「ふわふわ、もこもこ」というセリフを言いながら、すぐ仲良くなりました。その後、ウォーターランドでぺんぎんさんは「最近、飲みすぎでメタボぎみだから、今日はいっぱい泳ごう」と言うと、後ろにペン子さん達が。すると、ペン子さん達に追いかけられて、逃げ出すぺんぎんさんでした。しばらくすると、今度はアデリーぺんぎん・アゴヒモぺんぎん・ジェンツーぺんぎんが登場しました。そこで、3羽はパンダくんにぺんぎんの名前の由来について語ります。その語りの後、3羽は本部で作っている「ぺんぎんカード」を提供しました。観てぺんぎんの種類を覚えられるカードです。ですが、カードゲームではありません。すると、キングぺんぎんは、皇帝が最強カードと聞いて腹を立て、パンダくんに八つ当たりして、あちこち忙しい回でした。この回は特に、皇帝とキングぺんぎんのひながモフモフしているところがかわいくて、よく注目していました。後から登場したアデリーぺんぎん達が提供した、「ぺんぎんカード」は覚えるというより、カードゲームにした方が少しは売れるではないかと思いました。

しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
10

「パンダくんのダイエット」

ある日、パンダくんは動物園のすべり台が壊れて軽い怪我してしまいました。パンダくんは、自分がメタボだからその重さで壊れたと思っていました。「スマートな動物に生まれたかったなあー」と言いました。次の日、パンダくんが動物園でバイトしているときに、半田さんは餌のパンダ団子をあげようとしますが、パンダくんは「いらない」と言いました。メタボが気になるからと半田さんに言うと、「中国語で太ったて言う意味で、パンダなんだよ」と半田さんが説明すると、普段からメタボと言われているパンダくんは、ダイエットをすることにしました。しばらく、続けると、見事少し体重を減らすことができました。この回を観ていた、自分はパンダくんが自分のお腹を引っ張っているところやダイエットしているところがかわいくてたまりませんでした。少し体重を減らせたみたいですが、あんまり変わっていませんでした。その後、新しくできたすべり台でパンダくんと常勤パンダさんがすべると、常勤さんがメタボなお腹をすべり台に引っかかちゃうところがあったから、パンダくんも常勤パンダさんもかわいいと思いました。この回は、パンダのモフモフ感が強いのでオススメの物語です。

しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
10

リアルな作画の動物たちに癒される アニメ しろくまカフェの魅力

何かとストレスが多い社会人生活、最近癒された出来事はありますか?
ちょっと疲れている人にぜひおすすめしたい作品が<しろくまカフェ>です。
作品の世界は人間と動物が共存している世界で、しろくまさんが経営しているしろくまカフェが主な舞台です。
ダジャレ好きな店主のしろくまさん、しろくまカフェのお隣に住んでいるたまに自分中心なパンダくん、カフェの常連で「カフェモカちょうだい」と毎話1回は言うペンギンさん、ひょんなことからしろくまカフェで働くことになった人間の笹子さん、他にもたくさんのキャラクターが登場する、不思議な世界の日常アニメです。
このアニメはデフォルメされていない、リアルな見た目の動物たちが描かれています。リアルな見た目なのにとても可愛いです。
またそれぞれの動物たちが住む家が出てくることがありますが、パンダくんは竹林に囲まれた中国家屋、ゾウガメさんは砂浜部屋を持っていたりそれぞれの動物の特性に沿った家が登場するのも興味深いです。
基本的には一話完結なので見やすいですが、話が進むごとにキャラクターそれぞれの性格や趣味が加わっていくので愛着がわいていきます。
さらに演じる声優陣が櫻井孝宏さん、福山潤さん、神谷浩史さん、遠藤綾さんなどアニメ好きなら一度は聞いたことがある方々が担当されているので声優ファンにはたまらないキャスト陣です。
このように設定も複雑ではなく手軽に視聴できるので、小さいお子様から大人まで幅広い年代にお勧めしたい作品です。

しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
8

とても不思議な世界なのですが、そこが何故かとても心地良い

名前の通り、しろくまさんがカフェを営んでいます。
動物のみがいる世界ではなく、人と動物が不思議と自然に一緒に言葉を交わしたり、仲良くなったりします。
BGMも基本的に柔らかく、コミカルなときも耳になじみます。
とても不思議な世界なのですが、そこが何故かとても心地良いです。
一話目にぱんだくんが糸が絡まってしまった蝶々を助けてあげようと追いかけ、しろくまカフェにたどり着くシーンが印象的です。
その間のBGMも不思議な世界に連れて行ってもらえそうな音楽で少しわくわくドキドキします。
気ままで自由なキャラクターがとても多いです。
ゆるく、ふんわりとしたお話。コミカルなお話。少しじんわりと感動するお話と様々な回があります。
ゴロゴロするのに忙しくて基本的に頑張りたくない、働きたくないとゆる~いぱんだくん。
カフェを営んではいるけど、なかなか自由なところもあったりダジャレ披露が好きなしろくまさん。
ツッコミポジションになることが多く、性格も少し面倒なところがあるペンギンさん。
ひっそりと、静かに目立ちたいという願望を持つラマさん。
しろくまさんのカフェ店員さんの、優しく基本的には1番常識をもっているけど時々不思議な笹子さん。
パンダくんの働く動物園の飼育係さんの、優しくて子供やお年寄りや動物には好かれるけど女の子にモテないことに少し悩む半田さん。
様々なキャラクターが、様々な日常を過ごしています。
個人的にはお花見の回が好きです。

しろくまカフェ / Shirokuma Cafe
10

癒やし系アニメ

動物と人間が共存していて、動物がしゃべります。アニメ自体は、日常系で笑えます。そして、パンダくんのかわいさに癒やされます。
「おそ松さん」が好きな人は1度観てみたほうがいいと思います。なぜなら、声優さんがおそ松さん声優とかなりかぶってます。しろくまさん→おそ松(櫻井さん)、パンダくん→一松(福山さん)、ペンギンさん→チョロ松(神谷さん)、ラマさん→十四松(小野さん)、グリズリーさん→カラ松(中村さん)、笹子さん→トト子ちゃん(遠藤さん)なのです。みなさんおそ松の時とは声が違うので、聞き比べをするのも楽しくて良いと思います。中でも、パンダくんと一松の全く違う声には、ビックリすること間違いなしです。花屋さんのリンリンが、パンダくんの追っかけをしている気持ち私にもわかります。
月ごとにエンディング曲が変わり、その曲はキャラソンなのでそちらも楽しみでした。あまり、キャラソンを歌わない櫻井さんもしろくまさんとして歌ってます。しろくまさんは、昔ラッパーだったのでアニメの中でラップも歌ってます。アイドルグループも「山嵐」とか笑えるネタたくさんあります。
癒やされたい人、笑いたい人に特におすすめのアニメです。