恋は雨上がりのように / 恋雨 / Koi wa Ameagari no You ni

恋は雨上がりのように / 恋雨 / Koi wa Ameagari no You niのレビュー・評価・感想

レビューを書く
恋は雨上がりのように / 恋雨 / Koi wa Ameagari no You ni
8

誰かと一体感を感じられることって美しい

この映画は、女子高生の橘あきらが、冴えないバツイチ店長の近藤に恋をするという話です。同年代の男子よりも、身近にいる大人の男性に惹かれてしまう気持ちには、共感できる人もいるのではないでしょうか。実際にバイトの店長とかなり親しくなるということは現実にあまり無いと思いますが、だからこそ夢があるというか、設定がとても良いと思います。
普通の恋愛ものでよくあるイチャイチャするラブシーンなどは全く無いのですが、あきらが素直に好きと告白するシーンや、無理やりデートに誘うところなどが可愛らしくてキュンキュンしました。あきらが雨でずぶ濡れになって近藤の家に来るシーンが一番ドキドキしました。あきらのまっすぐな気持ちと近藤の生真面目さがぶつかって、最後どういう結論になるか是非見て欲しいです。
この2人の性格や思いはとても人間味があって、改めて誰かと一体感を感じられることって美しいなと思わされました。あきらは怪我のため好きな陸上を諦めてバイトに打ち込んでいましたが、近藤と親しくなるにつれ、近藤があきらの背中を後押ししているのにグッときました。「橘さんにはもっとやりたいことがあるんじゃないのかなあ」と彼女にとって一番必要な言葉をかけてあげる近藤の優しさが胸に沁みました。見た人の背中を押してくれるような優しい映画でした。

恋は雨上がりのように / 恋雨 / Koi wa Ameagari no You ni
7

コミカルな中に青春と勇気が込められた映画

女子高生と中年のさえないおじさんとの恋、そして夢や目標を叶えていく過程を描いた青春映画です。主人公の女子高生を小松菜奈、冴えないおじさんを大泉洋が演じているのですが、これが原作漫画にぴったりのキャスティングでまず驚きます。
最初はどうしてこんなおじさんを?と私を含め誰もが思うですが、主人公の気持ちに感情移入していく中で、どんどん私自身も大泉洋に惚れていく感じがしました。世間には決して認められにくい女子高生とおじさんの恋が成就するのか、どんな形でエンディングを迎えるのか、予想を超える展開に、一瞬も目が離せません。
そして、主人公がけがの為あきらめてしまった陸上に、もう一度挑戦しようという決意をし、前向きになっていく姿に、心が揺さぶられ、静かな感動を覚えました。
おじさんはおじさんで、大泉洋がすごく面白可笑しく演じており、普段映画やドラマで声をあげて笑う事があまりない私も、あまりにコミカルでくすっと笑ってしまった場面があります。おじさんも、自分に好意をよせる女子高生に翻弄されながらも、あきらめかけていた夢に、再挑戦しようとするところがぐっとくる部分で、何歳でも夢をあきらめない、と思わせてくれる、勇気をもらえる作品です。

恋は雨上がりのように / 恋雨 / Koi wa Ameagari no You ni
9

雨の日に好きな人に会いたくなる

原作のマンガを読んだことがあるのですが、実写化されることとキャストを知ったときに、絶対に観にいこうと思っていました。
晶役の小松ななちゃんが、本当にかわいくてきれいで、試合で走るシーンがすごくかっこよかったのです。ワンピースで砂浜を走るシーンは美しすぎて感動しました。また、雨のシーンが多いのですが、まったく暗い映像はなく、むしろ小松ななちゃんのかわいさで画面いっぱい爽やかです。
店長役の大泉洋さんは、終始おもしろかったです。たまたま寄ったファミレスで落ち込んでいる晶に優しくする大泉洋さんはかっこよかったです。あれは好きになっちゃう。デートのシーンや、においのシーンなど、小さくふふっと笑えるシーンがたくさんありました。

女子高生とおじさんの恋愛映画なのですが、大泉洋さんのおもしろさから、いやらしさを全然感じなかったです。また、恋愛模様だけじゃなく、夢や希望、挫折、諦めも描かれていて、見終わったときは甘酸っぱい気持ちになるだけでなく、前向きになれるような映画でした。続きはご想像におまかせ、という終わり方も私は好きでした。晶と店長には幸せになってほしいです。若い人からから大人まで楽しめる映画だと思います。

恋は雨上がりのように / 恋雨 / Koi wa Ameagari no You ni
9

かなりの良作になる予感

今期の純愛枠でしょうか?恋愛模様を真面目に描いていて非常に観やすいアニメです。
舞台は横浜みなとみらい。作中では横浜の街並みが綺麗に描かれていて、視聴者を引き付けます。

この恋の行方ですが、予想としてはアニメコミック同時終了があり得ます。
そうなったら、かなりの良作になる予感です。
今年実写映画が公開されるようなので、もう結末は決まっている可能性が高いですね。

特に驚くような展開は期待できないでしょうし、恋愛ドラマとして丁寧に描いてくれれば完走出来そうです。
冴えない中年とは言っても結婚歴があり子供もいると言うことで、主なドラマは女子高生のあきらの側にあると思います。
原作未読なので 予測できませんが、小さな恋の物語に酔いたい人なら価値ある作品になりそうです。

今後、店長の元妻やあきらに恋したイケメンとか登場しそうですが、どのような展開になっていくのか楽しみです。
ノイタミナでなくては制作できなかったようなつつましやかな物語であり、一人で静かに見たい作品です。