十二大戦 / Juni Taisen

十二大戦 / Juni Taisenのレビュー・評価・感想

レビューを書く
十二大戦 / Juni Taisen
10

最近見たアニメの中でもかなり面白い!

元々は小説だったのをアニメにした作品です。漫画化もされています。原作者は西尾維新。刀語や、化物語などのヒット作を発表している有名な先生だけあって、非常に設定が細部まで作りこまれていて凄いの一言です。
このアニメはいわゆる能力バトルものです。十二支をモチーフとしたキャラが集まり、どんな願いでも叶える事ができるという願いを得るために、勝ち抜き1位を目指すお話です。
アニメは12話で全部ですが、その12話の中でそれぞれのキャラの過去を掘り下げ、どういう人生を歩んできたのか、そしてどういう人物なのかを短い話数の中でよく描いてあります。
肝心の戦闘描写も迫力があり、それぞれの能力を駆使した戦いがうまく描かれています。ただ単に戦うだけでなく、能力を駆使した緻密な戦闘です。この辺りは西尾維新らしいです。
また西尾維新らしさは他にもあり、それは能力のネーミング、キャラの紹介文です。そして必見は最終話です。正直、どんでん返しです。この最終話を見て、「あ~そういう事か」と、今までの戦いの経緯に納得できます。この展開には非常に驚きました。
何はともあれ、一度見てみる事をお勧めします。絶対にハマります!