BABYMETAL / ベビーメタル / ベビメタ

BABYMETAL / ベビーメタル / ベビメタのレビュー・評価・感想

レビューを書く
BABYMETAL / ベビーメタル / ベビメタ
10

BABYMETAL

アイドルとメタルの融合という強烈なインパクトを放つアーティスト、BABYMETAL。
可憐な3人の少女とバックバンドで構成されています。バックバンドの激しくカッコいい演奏とは裏腹に彼女達のダンス・歌は可愛いというギャップに、初めてBABYMETALを見たときはかなりの衝撃を受けました。
私はそのインパクトをきっかけにBABYMETALを聴くようになり、MV・LIVE映像などを見ていくうちにBABYMETALの虜になってしまいました。
演奏がカッコいいのにダンス・歌が可愛い!!というギャップもありますが、曲によっては彼女達のダンス・歌がカッコいいものもあります。LIVEではバックバンドの各パートのソロの掛け合いなどが見られて、観たり聴いたりしていてとても楽しいアーティストだと思います。ダンスの振り付けも思わず真似したくなるようなものばかりです!!メタルが好きな方・そうでない方や、アイドルが好きな方・そうでない方でも是非一度は聴いてみて欲しいです!万人受けするようなアーティストではないかもしれませんが、メタルとアイドルを融合した新たなジャンルを確立したBABYMETALを私は自信を持ってお勧めします!

BABYMETAL / ベビーメタル / ベビメタ
10

チームBABYMETAL最高DEATH!!!

まず最初にBABYMETALを観たのは、2014年のソニスフィアというヘビーメタルのフェスの動画でした。そこには14~5歳の小さな女の子3人が歌い踊っている姿がありました。BABYMETALは最初は小さなステージに登場する予定でしたが、アイドルとヘビーメタルの融合をテーマとしているBABYMETALに反発するガチのメタラーさん達もいました。BABYMETALが登場するとわかった段階で、ガチのメタラーさんからは賛否両論の意見がありました。ネットで荒れて、ペットボトルを投げつけてやる!といったようなアンチの書き込みも多数ありました。それでもその小さな女の子たちは、当日に小さなステージからメインステージへの変更があったにもかかわらず、堂々と自分たちのステージを、歌と踊りを披露しました。
バックには神バンドと呼ばれる日本人の優れたギタリストやベーシスト、ドラマーがいました。そのホンモノのバックバンドの演奏と、メインボーカルのSU-METALの透き通ったストレートな歌声と、MOAMETALとYUIMETALの天使のような可愛い二人のダンスが、ガチのメタラーさん達を唸らせました。それから世界中でBABYMETALを支持する人が増え続け、アイドル好きな人も、ガチのメタル好きも両方を虜にしてしまうという偉業を達成しました。今は全世界にBABYMETALのファンがいます。みんなBABYMETALを聴いたり観たりして元気をもらったりしています。ライブが終わったあとは、ガチのメタラーさん達もみんな笑顔で帰っていきます。
途中、YUIMETALが抜けてしまいましたが、アベンジャーズという制度を設けてサポートダンサーを用意するなど(サポートダンサーも素晴らしい方ばかり)BABYMETALは素晴らしいチームだと思います!!!!

BABYMETAL / ベビーメタル / ベビメタ
10

BABYMETALこそ至高のクールジャパン

BABYMETALは日本のアーティストの中で平成後期から令和初期にかけて最も世界的に活躍しているメタルダンスユニットです。重厚的なメタルミュージックに日本的「カワイイ」を組み合わせた奇抜なスタイルはあっという間に国外でも有名となり、デビュー以来確かな地位と支持を得ています。メインボーカルを務めるSU-METAL(中元すず香)の突き抜けるような凜々しい歌声は、メタルサウンドにかき消されることなくリスナーの耳まで届きます。スクリーム(合いの手)とダンサーを務めるMOA-METAL(菊池最愛)の見せるコロコロ変わる表情は時に小悪魔のようにあざとく、時に天使の様にチアフルで見る目が離せません。そんなBABYMETAL、通称ベビメタが海外で絶大な支持を得られたのは、“メタルの本場”に媚びず、日本人アーティストというアイデンティティを貫き通しているところにあると思います。海外での音楽フェスでも、彼女たちはいつもと変わらず日本語で歌います。言葉も通じぬアウェーの土地でも臆せずパフォーマンスする姿に、初めは懐疑的だった会場も最終的には天にフォックスサインを掲げます。熱も冷めやらぬまま、「シーユー!」と笑顔で去って行くベビメタ。彼女たちこそクールジャパンの最高峰に違いありません。