感覚ピエロ

感覚ピエロのレビュー・評価・感想

レビューを書く
感覚ピエロ
9

かっこいいバンドです

2013年7月に結成された4人組ロックバンド。少しばかり刺激的な歌詞を書く事で有名ですが、それだけではなく十二分のカッコよさを兼ね備えています。タイアップ曲も多く、ドラマの主題歌になったりアニメのオープニングテーマや、映画の主題歌に起用されたりしています。私も彼らを知ったのはドラマの主題歌になっていたからです。「一瞬も一生もすべて私なんだ」という曲です。東海テレビ/フジテレビ系全国ネットで放送をされていたオトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」の主題歌となっていました。曲がドラマとピッタリで歌声を聞いたときにこの人たち好きと感じました。かっこいい曲だなと思いました。そして感覚ピエロの曲を聞いているとどんどん好きになっていきました。
他にもおすすめの曲はたくさんあります。「拝啓、いつかの君へ」という曲もいいなと思いました。日本テレビ系ドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌に起用されました。・タイアップされたドラマのストーリーに通ずる歌詞となっています。ボーカルの高音がとてもきれいです。
「O・P・P・A・I」という曲も聞いてほしいです。ひたすらにオッパイのことを歌うインパクト大のコミカルな歌詞になっています。

感覚ピエロ
10

とてもおすすめのアーティストです。

感覚ピエロという4人組のバンドにとてもハマっています。アップテンポ、癖のあるメロディーです。エロさとテンポが絶妙にマッチしていると思います。人に紹介をするときは場所を少し考えたほうがいいかもしれません。
実際に音楽を聴いてみると「メチャメチャかっこいい」と感じると思います。「一瞬も一生もすべて私なんだ」という曲がTVドラマ"いつまでも白い羽根"の主題歌になりました。私は、これでこのバンドを知りました。とても好きになりました。これからもっともっと売れていくと思っています。

ボーカルの声が特にとても好きです。あの高い声がすごくいいなと思います。あの声を聞いたら、好きになる人はたくさんいるのではないかと思います。一度聴いたら、そのインパクトが心に引っかかってくると思います。また聴きたくなってしまう中毒性のあるバンドであると思っています。私も実際に何度も聞いています。たくさんの人にもっと聞いてほしいと思っています。
ドラマを見ていて、とても曲がマッチしていると思いました。ストレートに励ましてくれている曲だなと感じました。とてものりやすいようなリズムであるため、カラオケなどで歌ってもいいと思います。歌うのは、難しいかもしれません。

感覚ピエロ
9

ドラマを見て好きになりました

ドラマの番宣を見たときに絶対に見たいドラマだと感じましたのがきっかけでした。そのドラマは「いつまでも白い羽根」という作品です。新川優愛演じる主人公・木崎瑠美が看護専門学校で出会う同級生の仲間や患者たちと向き合いながら成長していくヒューマンドラマです。家族の物語も組み込まれていてオススメしたいドラマです。私は、そのドラマを見ていて主題歌を担当しているグループのことが気になりました。感覚ピエロというバンドが歌っていました。曲名は、「一瞬も一生もすべて私なんだ」でした。その曲を聞いて一瞬で好きになりました。ボーカルの声に惚れ惚れしました。その後すぐこの人たちを調べました。
私は、感覚ピエロというグループは知りませんでした。いろんな曲を聞いてみるとめっちゃかっこいい歌がたくさんありました。けっこう激しい感じの歌詞があり、少しビックリしました。拝啓、いつかの君へという曲をオススメしたいです。何回もリピートしたいと思うと思います。それくらいオススメです。ロックな感じで中毒性があります。それにクセになるような曲を作るバンドというイメージがあります。こういうグループはそうはいないと思います。