ポルノグラフィティ / Porno Graffitti

ポルノグラフィティ / Porno Graffittiのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
10

印象的なメロディを奏でる実力派ミュージシャン

その楽曲は、ノリがいいものから切ないもの、物語性があるもの、遊び心があるものなど多種多様で、アルバム単位で聞いて飽きることはありません。
POPであり、ロックであり、ラテンにファンクという複数のジャンルが複合された印象のメロディは他に類をみず、まだ知らなかった歌のインストゥルメンタルでも「お、ポルノグラフィティかな?」と思えるほどです。

多くの歌で恋愛に関する内容が含まれている印象があり、歌詞に登場する一人称は「僕」、二人称は「君」「あなた」が曲によって使い分けられ、「僕」との関係性が感じさせられます。
中には退廃的な世界やファンタジー世界でのオリジナルストーリーを紡ぐ歌も存在し、内容は悲しく切ないものが多くあります。
ラブソングにおいても悲しみにくれる女性視点の歌詞が登場することが少なくないため、やはり切ないものがあるにも関わらず、ポルノグラフィティにネガティブな印象はありません。
明るい曲とそのエネルギッシュな歌声は印象に残りやすく、そちらのイメージが表に出ているように思えるのですが、だからこそ切ない曲が引き立ちます。

ミュージックビデオにもこだわりが感じられ、物語性のあるものや鮮やかで美しいものが多いため「もっと気軽にMVを見られる世の中ならば!」と思ってしまいます。

ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
8

二人組ロックバンド ポルノグラフィティ

みなさんはポルノグラフィティというアーティストを知っていますか?1999年にデビューしたロックバンドでデビュー当時は3人体制でしたがデビューから5年ほどたった時にベーシストが脱退し二人組のロックバンドとなりました。
彼らの魅力のひとつは、ギタリストである新藤晴一氏の高い作詞能力です。インディーズ時代から数々の曲に詞をつけている新藤氏の言葉選びは秀逸であり、歌詞カードを読むとその奥深さにため息がでるほどです。とはいえ、もちろん歌詞だけではロックバンドは成立しません。一見すると何を言っているのかわからないような新藤氏の深い歌詞を歌い上げるボーカル岡野昭仁氏の力強い歌声も、ポルノグラフィティの大きな魅力の一つです。岡野氏の歌声は、Mr.Childrenの桜井氏に「声に名前が書いてある」と言われたことがあるほど特徴的です。しかし耳障りになるようなことはなく、まっすぐに伸びる歌声は聞く人の心を強くつかんで離しません。
サウダージやアゲハ蝶などいわゆるポルノグラフィティらしい!といわれる曲もいいですが、アルバムやカップリングのなかにも名曲がたくさんあります。夕陽と星空と僕やダイアリー、デッサンシリーズなどはファンの間でもライブで聞きたいという声が多くあがる曲だと思います。
ライブという言葉を出しましたが、彼らの魅力が最も伝わるのはライブかもしれません。サポートメンバーたちとアドリブで演奏する姿やコールアンドレスポンスはライブの醍醐味です。機会があればぜひアルバムを聴いたりライブに行ってみてください。

ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
10

素晴らしい楽曲にあふれています

今年、メジャーデビュー20周年を迎えた2ピースバンド・ポルノグラフィティ。彼らの楽曲、ライブ、人柄などの魅力を紹介していこうと思います。
まずボーカルの岡野昭仁さん。彼の魅力はなんといっても圧倒的な歌唱力、声量、表現力ではないかと思います。ファンの間では「口からCD音源」と表現されるほどの高い歌唱力を持ち、ライブでは毎回観客を驚かせています。また肺活量も高いのでしょう。ステージの端から端まで全力疾走しながらでも少しもぶれずに歌い続けます。続いてギターの新藤晴一さん。ギターの演奏能力が高いことはもちろんのこと、彼の書く歌詞は独特な言い回しや世界観があり、リスナーを引き込む力があります。また歌詞だけでなく、エッセイや小説なども出版しており、そこでも彼の世界観を味わうことが出来ます。
二人とも見た目はクールそうで、一見強面な印象を持つ方も多いかと思いますが、トーク番組などで一言しゃべったときに、そのギャップに驚かされると思います。岡野さんは、歌っているときはあんなにハキハキとしているのに、いざ喋るとなるとカミカミなのです。カミカミ王子なんてあだ名もあったほどです。新藤さんはあのきりっとした見た目からは想像もつかないほど声がかわいらしく、そして舌っ足らずなのです。そしてなにより注目すべき点は、彼らの出身地、広島県の方言です。温かみがあってかわいらしくて、彼らの虜になること間違いありません。アポロ、アゲハ蝶、サウダージ、メリッサなど、有名どころの曲が注目されがちですが、その陰に隠れたカップリング曲やアルバム曲も、素晴らしい楽曲にあふれています。ぜひ、ポルノグラフィティの作品や人柄にふれてみてください。

ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
10

魅力は語りつくせない

私の大好きな2ピースバンド、ポルノグラフィティを紹介します。

1999年9月8日、1stシングル「アポロ」でデビュー。このときのメンバーはVo.アキヒト、Gr.ハルイチ、Ba.シラタマ(のちに岡野昭仁、新藤晴一、Tamaに改名)。プロデューサーは、いきものがかり、広瀬香美などの楽曲制作にも携わるak.homma(本間昭光)。「サウダージ」「アゲハ蝶」「メリッサ」などのヒット作を世に送り出し、一躍人気アーティストとなるが、2004年にBa.のTamaが脱退。約一年の空白期間を経て、岡野昭仁、新藤晴一の2ピースバンドとなり、シングル「シスター」でリスタート。
その後もCMとタイアップした「ハネウマライダー」、映画BLEACH主題歌「今宵、月が見えずとも」、映画ポケットモンスター主題歌「ブレス」など、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう人気曲を世に送り出す。
ポルノグラフィティの魅力は昭仁の圧倒的な歌唱力、声量、表現力晴一の生み出す歌詞の独特な、引き込まれる世界観観客を圧倒させ、ぐっと背中を押してくれるような力強いライブ、そして一見寡黙そうなふたりの、喋ると見えてくるギャップなど語りつくせないほどある。ぜひ、彼らの楽曲だけでなく、おちゃめな人柄にも注目してみていただきたい。

ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
10

男気×色気=ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティと一般的に言えばどんなイメージでしょうか?
「広島の人だっけ?」「アポロとかアゲハ蝶の人だよね?」などなど、いろんな意見があるかと思います。
もちろんその意見も合っていますが、このレビューを読んでもっともっと彼らの良さを知ってもらいたいと思います。

ポルノといえばかっこ良い曲のイメージが強くありますが、歌詞を読み解いていくと特に「男気」を感じるような歌詞に出会うことがあります。
その曲たちを生み出しているのがボーカルの岡野昭仁です。
力強い、守ってくれそうな勢いのある歌詞とメロディはこちらも頑張ろう、強くなろうと思わせてくれます。
また、ポルノの2人が広島から上京して来たことも関係しているのか応援歌のような曲も多く存在しており、聴くたびに励まされます。

ポルノの魅力は男気だけではありません。
彼らは大人の色気を孕んだようなしっとりとした曲も多く存在しています。
その曲たちの作詞を担当しているのがギタリストである新藤晴一です。
先ほど書いたようにボーカルの岡野昭仁も作詞作曲を担当していますが「色気」という点で言えば晴一作詞作曲の曲がとてもおすすめです。
「前世は女性だったのでは?」と感じてしまうほど女性の切ない気持ちを描くのがうまく、またその歌詞に合った作曲もこなしています。

「元気な、色気のある、かっこいい、応援してくれるような、陽気な」曲たちを生み出す気さくなお兄さん2人組、ポルノグラフィティの楽曲は一度は聴いて欲しい曲ばかりです。

ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
10

口からCD!すさまじい歌唱力

ロックバンド「ポルノグラフィティ」のおすすめポイントは、なんと言っても口からCD音源が出てくるほどの歌唱力の高さです。ボーカルの岡野昭仁さんの歌唱力は本当にすさまじいです。テレビ番組に出演したあとのSNSでは、ポルノグラフィティファンじゃない人からも絶賛される書き込みがあがるほど。昭仁さんの高音はしびれます。
そして彼らのライブに行けば虜になること間違いなしです。圧倒的パフォーマンスで観客をバカ(いい意味で)にさせてくれます。ステージの端から端まで走りながら歌っても全然息切れしない肺の強さには驚きが隠せません。また、ギターの新藤晴一さんのギターパフォーマンスも圧巻です。力強いロックチェーンを演奏したかと思えば、しっとりとしたムーディーな曲をアコギで演奏したり、さまざまな顔をみせてくれます。
そんな彼らポルノグラフィティのおすすめの一曲は「アゲハ蝶」です。ポルノといえばラテン調の曲のイメージが強いです。そんな中で「アゲハ蝶」はライブではかかせない一曲です。この曲がかかるとみんなのボルテージは最高潮に。間奏でみんなで「ラララ」と大合唱するんです。手拍子もするので会場全体に一体感が生まれます。この光景をぜひ味わってほしいです。

ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
9

名曲宝庫

ポルノグラフィティは日本のバンドで、1999年9月にメジャーデビューしました。メンバーは岡野昭仁(6thシングル「アゲハ蝶」まではカタカナでアキヒトという名義)と、進藤晴一(同じくハルイチ)、そして2004年7月まで在籍していたTama(本名は白玉雅巳、現在はソロ活動中)の3人から成っていました。彼らの出身地である因島は瀬戸内海に浮かぶ離島で、現在は尾道市の一部ですが因島といえばポルノグラフィティというくらい彼らは島の誇りです。2018年3月には、県立因島高校卒業式のサプライズゲストとして招待されました。ポルノグラフィティは進藤晴一が従兄弟と共に組んでいたバンドに、高校の同級生であった岡野昭仁や白玉雅巳が加わり活動を開始しました。高校卒業後、彼らは大阪へと拠点を移しましたが、その頃カラオケボックスでアルバイトをしていた、などうたばんなどの番組で広島弁で気さくに話をされていました。
それから結成当初からのメンバーの脱退などを経てオーディションに合格したことを機に上京し、1999年9月8日にシングル「アポロ」でデビューするに至りました。これが予想を越える売れ行きを見せたため一発屋になるのでは、といった周囲の心配をよそに、その後もヒット曲を次々と生み出しています。2000年9月にリリースされた4thシングル「サウダージ」でミリオンヒットを飛ばし、その年のnhk紅白歌合戦初出場を果たしました。
ポルノグラフィティは来年でデビュー20周年を迎えます。2013年にリリースされたベストアルバム「PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary ALL TIME SINGLES」などでヒット曲の軌跡を聴けるので、これを機会にポルノグラフィティというバンドをオススメします。

ポルノグラフィティ / Porno Graffitti
10

進化し続けるポルノの音楽

ポルノグラフィティは広島県・因島出身の岡野昭仁さんと新藤晴一さんによる二人組バンドです。
2019年でデビュー20年になるので、知っている方も多いでしょう。ポップな音楽と歌詞、岡野さんの独特な魅力的な歌声が特徴です。
ポルノグラフィティと聞いて思い浮かぶのはなんの曲でしょうか。やはり有名なのは「アゲハ蝶」「サウダージ」あたりでしょうか。しかしそのあたりのメジャーな曲にとどまらないのがポルノグラフィティの魅力です。確かにキャッチ―でノリのいい曲もいいのですが、切なかったり、歌詞が深くて考えさせられる曲も多いです。「定番」のポルノグラフィティしか知らない方は是非大人っぽい「カメレオン・レンズ」や、切ない「ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜」など聞いてみてください。きっと新たな一面を知ることができると思います。Youtubeで試聴できたり、ストリーミング配信で聞くこともできるので、興味を持ったらすぐに聞くことができるのもおすすめのポイントです。
また、ポルノグラフィティと言えばライブがとても楽しいです!前述のようにノリやすい曲が多く、また、岡野さんがファンを煽ってくれるため、みんなで声をあげてコールするシーンがあったり、逆にしっとりと聞かせる曲もあったり、いつもは歌わない新藤さんが歌う曲もあったりと、一度のライブでいくつも楽しめる要素があります。
聞けば分かる、と言いますがポルノグラフィティは本当にそうだと思います。流行った曲しか知らなかったという人も、ぜひ今のポルノグラフィティに触れてみてください。