ClariS / クラリス

ClariS / クラリスのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ClariS / クラリス
8

顔出しはワンマンライブのみの女性二人組ユニット

2010年アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のOP曲「irony」でメジャーデビューを果たし、その後も「魔法少女まどか☆マギカ」「ニセコイ」「物語シリーズ」など数多くのアニメとタイアップしている。
彼女たちの魅力の一つは神秘的な存在にある。顔出しは基本的にせず、多くの場面では目元にうさぎと猫をモチーフにした仮面姿や口元より下のみ、あるいはバックショットでの画が多い。年齢も非公表となっている。
そんな彼女らが唯一素顔でファンの前に姿を見せるのがワンマンライブだ。あくまでもワンマンライブのみで、多くの歌手が集まるフェス等のイベントでは前述の仮面をつけた姿でパフォーマンスを行っている。
曲はアップテンポな「Gravity」、ゆったりとした「1/f」、シリアスな「このiは虚数」、はつらつとした「ナイショの話」など様々なタイプがあり、趣向を問わず好きな曲が見つかるはずである。また松田聖子さんの「赤いスイートピー」やプリンセスプリンセスの「Diamonds」などをカバーしたアルバムも出しており、幅広い層に受け入れられるユニットである。
メンバーチェンジを経て、2015年以降はクララとカレンの二人で活動している。クララはウェーブのかかったロングヘアーで、カレンはストレートのロングヘアーである。クララのほうが身長が少し高く活動年数も長いため、ユニットを引っ張る方かと思いきやドジなところがあり、カレンによくツッコミを受けている。カレンは途中加入だが今ではすっかりClariSの一員となっており、キレのあるダンスは観た者を魅了している。