生徒会役員共 / Seitokai Yakuindomo

生徒会役員共 / Seitokai Yakuindomoのレビュー・評価・感想

レビューを書く
生徒会役員共 / Seitokai Yakuindomo
9

下ネタアニメならこれ!ラジオもおすすめ

原作は4コマ。ストーリー性がないわけではないが、基本話のオチごとに区切りが設けられている。主人公は津田タカトシ、ツッコミ役の苦労者。生徒会長の天草シノ、書記の七条アリア、会計の萩村スズの三名とともに生徒会に所属している。一見ハーレムアニメにもみえるが、その内容を見た視聴者からはハーレムをうらやむどころか、ボケに対するツッコミの多さから同情の声が多く寄せられている。切望されないハーレム主人公とは、とても希少性が高い。
作中でのピー(規制音)は当たり前。モザイク上等な作品。とにかく下ネタが多い。たまに下ネタ雑学が出てくるところがまた面白い。女子高校生がノーパンという設定にもかかわらず、エロさを感じないところが不思議なところである。生徒会役員共のラジオでは女性陣が浅沼晋太郎(タカトシ役)の声優に言葉の意味を聞くなど、びっくりする話も多い。小林ゆうはまんまである。
ラジオでは作中にほとんど登場しない白石稔や、利根健太郎が下ネタ全開ではっちゃけており、秘宝館でロケをするなど、本編に負けず劣らず下ネタ満載の内容となっている。
このくだらなさが癖になる生徒会役員共。頭を空っぽにして、けらけら笑いたい人にはラジオもともに是非お勧めしたい作品の一つである。