大神

大神のレビュー・評価・感想

レビューを書く
大神
10

"美しい"ゲームを探すなら「大神」がおすすめ

カプコンが発売しているゲーム「大神」をご存知でしょうか。プレステ2にて発売されて以来、その人気ぶりから幾度となくリメイク版が発売されているアクションゲームです。
このゲームの一番のポイントは、何と言っても映像がとにかく美しいこと。それは決して、画面が綺麗かどうかではなく、音楽から、風景の描写から、コントローラーから伝わる振動から、匂い以外の全ての感覚を使って感じることのできる美しさなのです。風景美を楽しみながらプレイすることが好きなら、今すぐにでも手を出すべきだと断言できます。ただし、これを真っ先に伝えた上で明記しておきますが、ゲームのプレイ画面自体はリアルな3D描写とかではありません。寧ろ、和の雰囲気満載に漂う、一つの絵巻物語のような毛筆タッチで統一されています。
ストーリー自体も、日本の有名な神様が出てきたり、おとぎ話の人物や舞台が出てきたりと、純日本な世界観で織り成されています。それが絶妙に組み合わさって、このゲームにしかない魅力を引き出してくれているのです。
そして、このゲームのもう一つのポイントは、とっても癒されること。とにかく癒されます。マップをただ練り歩くだけでも楽しいくらいです。道中に散在する動物に餌を与えることもできて、その姿にも癒されます。
主人公は人ではなく一匹の白オオカミなのですが、それがまたとても愛らしく、よりプレイを楽しませてくれるポイントとなっています。ゲーム自体は、30時間もあれば主要ストーリーを終えられる程度の決して多くはないボリュームなのですが、物足りなさは全く感じません。やりこみ要素もちゃんとありますし、やりこまなくてもストーリーだけで十分に満足感を得られるほどに話がよく出来ています。コミカルな部分も、シリアスな部分もちゃんと抑えて、一つのお話としてきちんと完結させてくれています。ゲームの操作に関しては、難易度は易しい部類に入ると思いますし、他のゲームに比べて新品でも安く買うことが可能ですので、少しでも興味があれば買ってプレイしてみることをおすすめします。

大神
10

独特な絵柄が生み出す至高の和風ファンタジーゲーム

「大神」は2006年にカプコンから発売されたPS2用ゲームソフトです。
同年の文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門では大賞を受賞し、翌年には日本ゲーム大賞優秀賞を受賞。そして遂には日本を飛び出し、アメリカのIGN(ゲーム情報webサイト)が主宰するThe Best of 2006において最優秀賞を獲得しています。その甲斐あってHDリマスター版となり、「大神 絶景版」というタイトルでPS3やPS4、XBOX等様々な機種に移植されています。2018年夏にはNINTENDO SWITCHにも移植される予定であり、古いゲームですが未プレイの人にも手を伸ばしやすくなっております。

「大神」がそれほど高い評価を受けた要因は何なのか?それは、やはりなんといっても筆で描いたような独特な絵柄でしょう。
鳥獣戯画のようなデフォルメされたキャラクター達が短い脚をちょこまか動かし、長い胴体を揺らしながら走る姿はとても可愛らしく滑稽に見えます。
かと思えば、立ちはだかる強敵を打ち倒した後に、主人公であるアマテラス(白毛の狼)が高らかに遠吠えする姿は非常に凛々しく、神々しさすら感じさせます。
ナカツクニのあちらこちらにある賽の芽を開花させ、祟り場を浄化する「大神降ろし」の美しさは、きっと忘れられないシーンになるでしょう。

「大神」をプレイしていくと、そんな魅力的な世界を思い切り満喫することが一つの目的になったりします。
スサノオ、ウシワカ、カグヤ、フセ姫など、聞き覚えのある名前のサブキャラクター達も皆愛嬌があり、駄目なところがあり、好きになれるところがあります。
そして思い切りナカツクニを堪能し冒険した最後には、涙なしには見られない最終決戦とエンディングが待っています。
大人も子供も、世代を超えて楽しんで笑って泣けるゲームです。

大神
10

絵本の世界をゲームで体験!

PS2で発売された時にプレイした『大神』が2017年に『大神・絶景版』として発売されました。
当時PS2でプレイした時に、日本神話や日本昔話の世界観を中心にしたゲームのキャラクターや、所々にカプコンさんらしいお遊びが入っていて凄く楽しんでいた事を思い出しました。更に絵本の様なグラフィックをゲームの中で表現されていて、当時いたく感動した覚えがありました。

この絵本の様なグラフィックと世界観に、『自分の子供にも見せたい』と考えて早速購入しました。そして5歳の息子と一緒にプレイすると主人公の天照大御神の化身・白い狼『アマテラス』が『可愛い!』と息子は大喜び(笑)。そしてアマテラスが使う筆業で起きる自然現象や、それを用いて謎を解いていくのが楽しいらしく息子は毎日の様に『大神やっていい?』とハマっています。

特に息子がお気に入りなのは、呪われた場所の呪いを解いた時に咲く色とりどりの花や緑の木々のムービーです。これはPS2の時も美しく感動したのですが『絶景版』では更に美しくなっていて親である私も感動しました。
『大神・絶景版』は個人的には今の子供に見せる絵本として、とても優秀なゲームですし親子二代で楽しめるゲームなのでお薦めします。