Mrs. GREEN APPLE / ミセスグリーンアップル

Mrs. GREEN APPLE / ミセスグリーンアップルのレビュー・評価・感想

レビューを書く
Mrs. GREEN APPLE / ミセスグリーンアップル
10

POPSとROCKの融合

Mrs.GREENAPPLEというバンドは他のバンドにない素晴らしい魅力があります。
主な特徴として、ROCKの要素を含みつつもPOPSでもある楽曲が多く、ボーカルの大森さんの声がそれを象徴しているように感じます。ボーカルの大森さんの声は、かなり透き通った声をしており、Mrs.GREENAPPLEの楽曲には、音域の広い楽曲が多いのですが、それをさらっときれいに歌い上げていてとても素晴らしいです。また、全ての楽曲をボーカルの大森さんが作詞・作曲をしており、ボーカルとしての才能はもちろん、とても素晴らしい才能をもっています。バンドのメンバーも仲が良く、ボーカルだけでなく他のバンドメンバーも、難しい楽曲であるにも関わらず、素晴らしい演奏によりLIVEを完成させています。
LIVEでは、とても盛り上がる曲が多く、聞いていて元気になる曲がある一方、バラード調の曲やROCK寄りの曲など様々な楽曲により観客を惹きこむ素晴らしさがあります。ドラマや映画をはじめ、CMなど様々な楽曲提供が行われてきました。このようにMrs.GREENAPPLEの楽曲は、親しみやすく、印象に残るものが多いため、初めて楽曲を聴く際にもテレビなどで聴いたことがある曲が複数あり、初めての方でも惹きこまれやすいのではないかと思います。

Mrs. GREEN APPLE / ミセスグリーンアップル
10

キラーチューンしかない!カリスマ天才バンド

出会いはデビュー前のYouTubeに投稿された「ナニヲナニヲ」のPVです。それを見た当時の私は衝撃を受け「このバンドは絶対売れる!」そう確信しました。それほど彼らには惹きつけれる音楽性があります。
キャッチーなメロディと爽やかなビジュアルでますます虜になりましたが、魅力はそれだけではありません。歌詞もすごく良いです!特にバラードでは女性が共感出来るような切ない失恋バラードが多いです。ポップで明るい曲調とは対称的に、しっとりと夜に聴きたくなるような落ち着いたバラードも豊富です。おすすめの曲は「Theyare」と「Coffee」ですね。
ライブにも何回か行きますが、毎回VO.の大森くんの歌唱力には驚きます。一曲入魂って感じが伝わりますし、ところどころ音源にはないアレンジが加わるので生でしか聴けない魅力が満載です。MCの場面では大森くんがファンをいじったり、館内放送をサプライズでやったり、茶目っ気があるところも毎回楽しませてもらってます。
また、メンバー同士仲が良い感じも魅力ですね。兄弟とか家族みたいな和気あいあいとした雰囲気がライブでもトークイベントでも伝わります。彼らの今後の活躍が楽しみで仕方ありません。

Mrs. GREEN APPLE / ミセスグリーンアップル
9

タイトルなし

Mrs GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)とは、2013年に結成され2015年にメジャーデビューした5人組みのバンドです。アイドルやダンスグループ全盛の音楽シーンに現れた正統派バンド。楽曲も歌詞もキャッチーでポップで、これは今の紅白歌合戦常連のアーティストもうかうかしてはいられないでしょう。

ボーカルの大森元貴、ギターの若井滉斗は中学時代の同級生で、この2人を中心に結成されました。メンバー4人は20代前半とフレッシュなバンドです。ドラムの高野清宗は最年長の26歳ですが、何か違うという理由から一瞬でバンドのリーダーから外されたという中々面白い人です。キーボードの藤澤涼架はバンドに加入するまではクラシックピアノを習っていて、フルートの腕前もかなりのもの。ドラムスの山中綾香は紅一点ですが、性格はメンバーで一番男らしいそうです。
Mrs GREEN APPLEは2015年7月にミニアルバム「Variety」でメジャーデビューしましたが、その年の12月にリリースされた1stシングル「Speaking」がアニメ「遊☆戯☆王ARC-V」のエンディングテーマになるなどして、中高生を中心に人気に火が点きました。
バンド名のグリーンアップルには、リンゴが赤くなる前、つまり熟す前の新鮮な気持ち、初心を忘れないようにという意味も込められています。Mrs GREEN APPLEの旬はまだまだこれから、彼らがどのような色に変化していくか楽しみです。

Mrs. GREEN APPLE / ミセスグリーンアップル
10

Mrs GREEN APPLEの良さ

Mrs GREEN APPLEの特徴として、楽曲のジャンルの幅がとても広いことが挙げられます。POPな曲、しんみりとした曲、そして電子音を使ったキャッチーな曲など、さまざまな曲があり聴いていて飽きないです。曲の例を挙げるとするならばPOPな曲はspeaking、しんみりとした曲はumblella、電子音を使った曲はWanteD WanteDがあります。他にもいろいろな曲があるので是非聴いてみてください!
2つ目の特徴として、ボーカル21歳という若さの大森元貴さんの歌唱力と、歌詞の内容の深さです。歌唱力の点については楽曲のキーがとても高く、そしてファルセットやミドルボイスの使い分けなどが良く、声質も透き通っていて感情もこもっているので素晴らしいです。
歌詞の内容については例を挙げるとするとパブリック、They are、我逢人などが素晴らしいです。特にThey areはバラード系でとても感動する歌詞であり聴き入ってしまいました。その他の曲も元気をもらえる歌詞や、POPな歌詞の曲もあり聴いていてとても楽しくもなります。
さまざまなジャンルの曲があるので万人受けしやすいバンドだと思います!

Mrs. GREEN APPLE / ミセスグリーンアップル
9

日本語歌詞でも、まるで洋楽を聞いているようだ

ドラマ「僕たちがやりました」の主題歌に「WanteD!」という曲が起用されたので、聴いたことある方のたくさんいると思います。私もこの曲を聴くまで正直知りませんでした。この「WanteD!WanteD!」は一度聴いたらなんだか病みつきになる曲で、リピートで何回も聴いてしまいました。ボーカルの大森元貴さんの発音が、日本語なのになんだか洋楽を聞いているようです。爽快に歌われるので、聞いていてとても気持ち良いし、引き込まれます。曲はロック調で始まり、終わりのころにはガラっとポップに変わるのが不思議な気持ちにさせられます。ぜひ、聴いたことない方は一度聴いてみてほしい曲です。私も「WanteD!WanteD!」からMrs. GREEN APPLEが気になって色んな曲を聴くようになりました。これから夏に向けての季節にオススメしたいのは「サママ・フェスティバル!」です。高音で始まるこの曲は、とてもポップな恋愛ソングになっています。この曲もなぜかリピートして聴いてしまう曲の一つです。「サマーフェスティバル」ではなくて「サママ」となっている歌詞もやはり魅力の一つなのかもしれません。