スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 / Star Wars: Episode IV A New Hope / SW4

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 / Star Wars: Episode IV A New Hope / SW4のレビュー・評価・感想

レビューを書く
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 / Star Wars: Episode IV A New Hope / SW4
7

SF映画の金字塔

スターウォーズ映画史の始まりでSF映画の金字塔。映画公開当時は私は生まれていませんでしたが、エピソード5、エピソード6が出てビデオ化されてから観ました。
正直その時はすでに優れたSFCG映画が多数出ていたため、エピソード4の映像は古臭さを感じていましたが、ストーリーと映像展開が飽きることなく、むしろどんどん引き込まれていきました。

ライトセーバーやジェダイ、帝国、ダースベイダー、全てのキャラクターや設定が耳に入りやすく、そして観やすさと馴染みやすさがとてもあり、気になって仕方ありませんでした。ルーク・スカイウォーカーの謎がある設定からの世界を何も知らないところから始まる様が共感できて、感情輸入がしやすかったのも良かったです。そんなルーク・スカイウォーカーがライトセーバーを使用したり、フォースを学ぶシーンなど、どこか惹かれるところがあり、自分もできたら良いなと子供心をくすぐられる思いになりました。映像やCGは昔の物なのですが古臭さは感じず、何も気にせず見ることができました。おそらくそれはストーリーやキャラクターの面白さが勝ったからだと思いました。現にここまでの大作になったのだから、いつの時代でも観れる素晴らしい作品だと思いました。