平沢進

平沢進のレビュー・評価・感想

レビューを書く
平沢進
9

平沢進の魅力

平沢進さんの曲はとにかく壮大で、とても不思議な曲を多く作る方で魅力しかないです。歌詞の意味など普通の人には全然分からないようなそんな歌詞なんですけど、とても魅力のある曲ばかりで凄く中毒性があり、1度聴いた人は中毒になる人は少なくないと思うし海外の人が聴いているようなことも聞いたことがあって、様々な人に聴かれていていろんな人から評価されいて凄い人で魅力が本当にあるついつい聴いてしまう曲が沢山あって、アニメなどのオープニングなどにも使用されていたり、色々な場所でも結構活躍されていて、特にパプリカという映画のパレードという曲はオススメで、明るいような曲なんだけれど少し怖い感じもあり鳥肌が立つぐらいとても惹かれる曲で、不思議でとにかく迫力があって作業中の手も止まってしまうぐらい聴き入ってしまい、平沢さんの曲1つ好きになるとほかの曲も絶対好きになると思います。1つ1つの曲が壮大で迫力があるので1曲聴いただけでもひとつの映画を見た気分になれて満足感が凄いです。壮大でカッコイイ曲が多くあるので壮大な曲や中毒性のあるが聴きたい人や聴いたことない人は是非とも暇な時に一度聴いて良かったらいろんな曲を聴いて欲しいです。

平沢進
10

音楽に革命旋風を巻き起こす男、平沢進

平沢進とは一体どんなミュージシャンなのか。
言葉に表すことが非常に難しい。
だが、一つ言えるのは、彼の作り出す音楽は、単なるアニメソング・映画音楽・娯楽音楽を超越している。
彼が紡ぎ出す”電子POP”は、聞いた者の心に響き、また感動を与えるのである。
既に記述したが、彼の音楽は観賞用音楽だけではなく、アニメや映画作品でも使用されており、
更には海外でも有名なアニメ作品にも使用されているのである。
彼の音楽活動自体は、何十年も前から行われており、その時から独自の音楽性を披露している。
また、仏教や宗教・多文化や政治問題に音楽を通して訴えるものが多く存在する。
例を挙げるなら、彼のアルバム「Sim City」はタイ、シングルで過去曲のアレンジを施している「ステルスマン「原子力」」では福島原発、「Louts」では仏教における輪廻転生がある。
また、多くのミュージシャンは、過去の作品を再収録することが今ではかなり少ないのだが、彼は自身の過去の作品にも焦点を当て、時を経てアレンジを加え、ファンの前で披露する。
それは新しいファンだけではなく、当時世代からのファンの心を掴んで離さない。
彼のライブは年々、チケットを取ることが難しくなっており、それだけ新規のファンや古参のファンの心に入ってくる音楽を紡ぎ出しているのだ。