及川光博

及川光博のレビュー・評価・感想

レビューを書く
及川光博
10

毎年「歴代最高」を更新するライブ

私が及川光博さんのファンになったのは、ドラマ「相棒」がキッカケでした。しかし、彼のワンマンショーに行こうと思えるまで1年掛かりました。というのも、クセが凄い(笑)。動画で過去の公演を観る限り、客席は殆どが女性で、キラキラした「ミッチー」に全員が黄色い声を上げ、訓練されたかのように同じ振り付けやC&Rを繰り出していて、正直最初は引いてしまいました。この中に混ざる自信も無ければ、混ざりたいとも思いませんでした。
しかし、とある楽曲の「夜空高く」という歌詞のところで、銀テープが発射される演出を見て、その世界観の完璧さと美しさに一気に引き込まれ、「踊ったり叫んだりするかどうかは置いといて、一度は生で観ておきたいな」と感じました。
そして、晴れてワンマンショーに参加することになったのですが、まず観客は自由意志で踊りたい人が勝手に踊ってるだけだと分かったので、私は安心して踊らないことを選択しました。もちろん誰にも怒られません(笑)。そして、及川さんが客席とまあ絡む絡む!歌詞を忘れた際には、最前席の人に「続き何だっけ?」と訊いてしまわれるほどフレンドリー。自己陶酔型の方だと思っていたので、良い意味で印象が変わりました。
そして、歌や踊りはキレッキレで、中年男性であることを完全に忘れるほどカッコ良かったです。更に、フリートークはとても面白くて親しみやすく、いつまでも聞いていたいほど楽しいものでした。舞台演出も、世界観の徹底が素晴らしく、照明も演奏も、もしかしたら観客すら、及川さんが全てを操っているのではないかと錯覚するぐらいパーフェクトな空間でした(歌詞は時々間違えてるみたいですが笑)。
自分や誰かがミスしても、素直に謝ったり笑いに変えたり、その対応がとても感じ良く、ショーが終わる頃には及川光博さんそのものが大好きになっていました。
そして、それ以降毎年ライブに参加しているのですが、なんとそのクオリティや満足度が、席やセトリに関係なく、参加する度に高まっていくのです。これってきっと凄いことだと思います。
曲は知らなくても大丈夫ですが、知ってると合いの手のタイミングやCD音源との違いが分かったりして、より楽しめます。曲のジャンルは多岐に渡りますが、特にノリノリファンクやしっとりバラードが好きな人は刺さりやすいと思います。
最初引いてた私がこのハマりようなので、世の中何が沼か分かりません。興味ないかも、と思われたあなたこそ、是非一度ライブに参加してみてください。最後列の席であれば、3000円という破格の値段でミッチーワールドを体験できますよ!(笑)